FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














麻痺の米国女性が「思考力」だけで戦闘機を操縦。「DARPA」アラチ・プラブハカー長官発表


麻痺の米国女性が思考力だけで戦闘機を操縦

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_05/283196348/


戦闘機1 © Photo: REUTERS/Mike Blake


米国人女性のヤン・シェウルマンさん(55)は体が麻痺する障害を抱えている。にもかかわらず、思考力で戦闘機F35の操縦を行なうことを身につけた。先週行なわれた記者会見「フューチャー・オブ・ウォー」で米国の国防高等研究計画局(DARPA)のアラチ・プラブハカー長官が明らかにした。sploid.gizmodo.comが報じた。


シェウルマンさんのDARPAとの協力歴は長い。以前、シェウルマンさんはバイオニクス義手の開発にも参加していた。このため、2012年にはシェウルマンさんの大脳の表皮にリモートコントロールのシグナルを送る電極が埋め込まれている。

特筆に値するのは、戦闘機の操縦実験でシェウルマンさんがバイオニクス義手を使ってではなく、直接に思考力をつかってシュミレーターをコントロールした点。しかもこの際にシェウルマンさんはハンドルをどちらに動かすかだけでなく、機体そのものをどの方角にむけるかまで考え、操縦している。


Russia Today


「VOR」では「思考力」と書かれているが、実際は「想像力(創造力)」です。

人類はその「想像力」によってあらゆるモノを「創造」してきた種族である故、一般人であっても増幅させる装置さえあればこの様な事は可能であるのは当たり前のことなのです。



そして、この様な事が公になる事で、ある一つの「都市伝説」的な内容も証明されるものとなります。
それが「アストラ」。
操縦する人間が何処にいようともその距離は関係無く、操縦可能な物体。



それこそ「VOR」曰くの「思考」と言うもので飛行させているのだから、これらの技術はかなり前から出来上がっていたと言う事が今回のこの記事で判ると思います。

但し、この技術はこの「地球」であろうと「宇宙」であろうと、ある法則に従わなければならない。

それがトーラス構造になります。



このyoutubeでは判り難いと思いますので、「クロップ・サークル(Crop circle)」で例えていこうと思います。

以下3つがそれになります。


ミス1

ミス2

そして、最後が雪上のサークル。
ミス3


どの画像にも判るようにある一定の法則がそこに見えると思います。

ちょ~っと判り難いと思われる方は「アストラ」のyoutubeをご覧になれば判ると思います。

どうでしょうか?

お分かりになりましたか?

これは「宇宙の法則」です。

「宇宙の法則」は貴方の身近にも存在しています。
例えば「つむじ」です。
「つむじ」はどんな時でも頭のてっぺんに有るのですから、これを知らない方はいないでしょう。

頭の「つむじ」は、日本人は世界で一番、「左巻き」が多い人種と言われています。

代わり、ヨーロッパ系は80%が「右巻き」が多いそうです。


これらも全て「宇宙の法則」で成り立っていますが、世界を創造する「宇宙の法則」とはエネルギーの「渦」であり、その「流れ」。そして「振動」から成るものなのです。

時の「流れ」もお風呂の「渦」もそうです。

全ては「動」と「静」の世界です。

つむじで言えば、日本は「静(左巻き)」を司り、他国は「動(右巻き)」を司っています。

その比率は絶対的に守られねばならぬもので有るのに、それが今や崩されてしまっているが為に、「地球」が危機的状態に陥ってきているのです。


早い話、日本人はその流れを阻止する為に存在しているのですが、その気高き魂は汚染されてきているのです。

先の話が長くなりそうですので、本日はここまでにし、明日またこの話の続きを書こうと思います。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います。


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/03/05 10:27 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(3)[記事編集]

英国人政治家サイモン・パークス。 「プーチンの背後に異星人あり」??そそのかしたのは、「彼ら」だ。

サイモン・パークス(Simon Parkes )氏と言いますと、宇宙人と不倫をし、更に子供まで作ったと告白した事で、皆様の記憶にもまだ新しいのではないか思います。


【動画と記事内容は関係有りません】


以下の「ザ・リバティ WEB」でも記事にされていますが、
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6154

海外メディアが「宇宙人」報道するのはごく普通の当たり前の事だそうで、
今回その矢面に立っているのはロシアの大統領「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」氏です。

「VOR」の記事の出所である「クロニクル・ライヴ」を探す事が出来なかったのですが、サイモン・パークス氏曰く、


プーチン大統領にウクライナ侵略をそそのかし、米国と戦わせるために「地球外の」兵器を与えたのは、「ノルディックエイリアン」たち


だそうです。

「ノルディックエイリアン」とは、姿形は人間の如く
容姿端麗で見目麗しい種族なのですが(所謂シリウス系の方々)、
全身が白く、見た目は天使の様な方達です。

ノルディック

ところが、彼らは姿形は美しいものの、やり口が非常に汚いのが特徴です。

姿形が異形な彼らの方がまだマシに思える位です(レプ)。

人類は「天使」の姿なら中身も「天使」に思うフシが有りますから、騙しやすくて面白いのかもしれませんが、サイモン・パークス氏の内容(プーチン氏をそそのかしたこと)が事実なら、然も有りなんだと感じている次第です。


23.02.2015, 19:49
英国人政治家「プーチンの背後に異星人あり」

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_23/pu-chin-uchuujin/


英労働党のサイモン・パークス氏によれば、プーチン大統領にウクライナ侵略をそそのかし、米国と戦わせるために「地球外の」兵器を与えたのは、「ノルディックエイリアン」たちである。「クロニクル・ライヴ」が報じた。


同氏によれば、ウクライナ東部の軍事紛争は異星の文明の介入によって始まった。

「プーチンは以前は爬虫類を諮問役としていたが、ノルディックエイリアンらがやって来て、対抗的提案をなした。彼らがプーチンに供与している技術は、米国のそれと同等である」とパークス氏。


米国との対立へとプーチンを赴かしめたのは他ならぬ「ノルディックエイリアン」であると同氏。


サイモン・パーク氏は以前にも自分の本当の父親は異星人だと発言したことがある。5歳で異星人らと交わって童貞を失った、とも。


容姿端麗、勿論それも人類にとっては大切な事かもしれませんが、そこばかり目を取られていると、とんでもない事になるかもしれませんね。
美しいものには「棘」があるものですから。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/02/25 12:17 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(8)[記事編集]

「神道」「宇宙人」「キリスト」の繋がりは目の前に残されていた。

昨日の続きの「宮司」さんのお話なのだが、

その「大社」と「キリスト」が関係していると言う話も七曜は聴いた。

「神道」と「キリスト」は見た感じでは別物に思えるのだが、「宮司」さんの話によると、関係があるのだとか・・・・。

なので、七曜自身調べてみたのだが、結果、驚く様な発見があった。
「宇宙人」「神道」「キリスト」。

これらが本当に関係あるのかもしれないと思うものとは、以下画像赤丸を見て頂くと判るかもしれない。



七曜は飛鳥昭雄氏の本を読んだ事が無いので、もしかすると内容がダブるかもしれないが、
このキリストの絵画に書かれている赤丸の箇所と、以下画像の「心御柱」の「三つ丸」とその配置。

柱

不思議な位に同じなのだ。
更には、

ufo-1-300x197_2015021609544862f.jpg



e0171614_17405167.jpg

の様に、地球製だろうが何だろうが、「三つ丸」をモチーフにして創られている。

「宮司」さん曰く、「宗教」と言う概念は無く、元々一つ(宇宙)のものだったと言う事です。

こう、調べていくと確かにその様に思えます。

この様な事を前提に考えると、「式年遷宮」の意味もまた判ってくるかもしれませんね。
何故、夜でなければならないのか?
何故、「三種の神器」を動かすのか??




また、この事について話を聴いた時にブログにアップしようと思います。
有難う御座います。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援クリック有難う御座います!感謝!!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/02/16 23:33 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(6)[記事編集]

ホワイトハウスが、UFOや宇宙人に関する文書の米国人への開示を拒否した!

日本では考えられない様な話しだが、海外は意外と普通にこの様な記事が出されています。

とりあえず、確認の為、「The Hill」と言うサイトを探してみましたら本当に有りましたので、本文にてサイトをリンクさせています。
「VOR」の情報は適当だと言われている方もチラホラいらっしゃいますので、確認致しました次第です。


さて、オバマ大統領顧問の ジョン·ポデスタ氏がtwitterで呟いているのですが、「ホワイトハウスが、UFOや宇宙人に関する文書の米国人への開示を拒否した」事に関して残念であると語っています。

しかし、言い換えればですが、「開示を拒否」した事は「UFOや宇宙人」が確実に存在している事を認めている事になりますから、それはそれで良い事だと考えられます。

更に文面での「ホワイトハウス」が・・・・と言う所にも注目しますと、「大統領」はそれらの「地球外生命体」についての情報は殆ど知らされていない可能性が高いと言う事です。

何処の組織がそれらの情報を牛耳っているのか判りませんが、「大統領」はわが国日本の「天皇」と同じく「象徴」でしかないのかもしれません。


オバマ大統領顧問 UFO情報の秘匿を残念がる

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_16/282898122/




ジョン·ポデスタ米大統領顧問が、2014年の最も残念だった出来事について語った。


ポデスタ氏は自身のツイッターで、ホワイトハウスが、UFOや宇宙人に関する文書の米国人への開示を拒否したことについて、極めて腹立たしいと書き込んだ。The Hillが伝えた。

ポデスタ氏は、オバマ政権のおける仕事の最終日だった2月13日に書き込みをした。ポデスタ氏は、2016年米大統領選挙に出馬するとみられているヒラリー·クリントン氏の選挙本部に入る。

ポデスタ氏は、UFOや地球外文明に関心を持っている人物として知られている。





Lenta.ru


来年、2016年米大統領選挙に出馬するとみられているヒラリー·クリントン氏の選挙本部にポデスタ氏は入る事になっている様ですが、ヒラリー·クリントン氏が当選した場合、開示に向けて進んでいく事になるかもしれません。

何故ならヒラリー·クリントン氏はその役目を担っている人物である可能性があるから・・・・。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!感謝!


オカルト ブログランキングへ

[ 2015/02/16 11:02 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(3)[記事編集]

「伊勢神宮」「出雲大社」の謎。 「宮司」さん、その話し本当ですか??


「シャンバラ」・・・・とかの話は七曜的に縁の無いものと思われていたのだが、昨日ある人物から非常に興味深い話を聴いてしまった。
その人物とは。

何と「宮司」さん。

日本でも有名な「伊勢神宮」「春日大社」「出雲大社」とお努めをされていた方なのだが、

中でも面白いのが「出雲大社」である。

何故「伊勢神宮」から「出雲大社」へと遷宮するのかの秘密も理解出来る。

表の情報がどうであれ、その裏の秘密には心躍らされる内容だった。


釈迦が予言した理想世界で、1000年の寿命を持つ人々が平和に住む楽園とされている。
チベットのサンボ渓谷にその出入口があるとされ、ロシアの芸術家・探検家のニコライ・レーリッヒがシャンバラ・シンボルの撮影に成功しているそうだ。
 そのシンボルと同じものが「出雲大社の心御柱跡」で、そこに「宇宙人の基地」が在るのだとその宮司は言う。
(いきなりそこからくるか~~~ と、ツッコミを入れそうになった(笑 )

柱

シャンバラ・シンボルがどうであれ、身近な場所にその基地を構え、位の高い宮司達にとっては「宇宙人」と言うものは至極普通の話だった事が意外で驚いた。

しかも、その「宇宙人」達と当たり前の様に「会っている」と迄断言した。

だが、そう考えると、大社の役目と言うものは只の隠れ蓑に過ぎず、心御柱は彼らに対する供物を捧げていた場所だったのかもしれない。

因みに「宇宙人」の種類は様々で、世間的によく知られているグレイタイプだと、「2m」タイプや子供位の「1m~」の者達が多くいると言う話だ。

まあ、結局の所、宮司の役目とは何なのだろう?と思うところだ。


米研究者、異星文明をコンタクトを取るときがきた!

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_15/282887473/





アメリカ科学振興協会(AAAS)の毎年の会合で行われた会議では、米国のリサーチャーは、異なる世界の知的生活とコンタクトをひらくため時期としては今が最良との見解を表した。


カリフォルニア州のSETI研究所は宇宙からのシグナルのキャッチをすでに30年以上にわたって続けている。ところが異星に知的生命があることを示す何らかの証拠を発表するまでには至らない。

SETI研究所のセフ・ショスタク所長は「模索を活発化させるときがきた。われわれの多くは宇宙からのシグナルをキャッチするだけでなく、地球からのメッセージを近場の星に届けることにも関心を持っている。これにより、いつの日が返答をもらえるチャンスは高まっている」と語る。




Vesti.ru



最後に「宮司」さんが言った言葉はこうだった。


「俄かに信じれない話でしょうが、これは事実なのですよ・・・・・」




Broadcast live streaming video on Ustream

上記の話を前提に、意外と有り得る話をこの方(飛鳥昭雄氏)は出しているのかもしれない。
が、氏の場合は全てが真実ではなく、嘘も入っているとみている。
でも、限りなく近い・・・・・・。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援感謝致します!!


宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/02/15 14:20 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(10)[記事編集]