FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














2012年1月4日付け「火星へのテレポートにオバマ氏が加わった内容について」



Forget the questions of Obama's birth certificate. Forget the questions about whether Obama is a Muslim. Obama's true secret was revealed on Wednesday - that he is a space travelling "chrononaut" who worked withthe head of DARPA to teleport to Mars on several occasions when he was 19-years old.

【元記事はコチラ
http://www.ibtimes.com/articles/276462/20120104/government-denies-teleporting-obama-mars.htm


政府がオバマ大統領の火星へのテレポートを否定している

記事、Amir Khan
2012年1月4日東部時間午後12:39

この際、オバマの出生証明書の件は忘れよう。オバマがイスラム教徒かどうかなんてどうでもいい。オバマの本当の秘密が水曜日に暴露された。彼は、19歳の時にDARPA(国防高等研究計画局)の高官と何度か火星へテレポートを行った、宇宙を旅する「クロノノート(Chrononaut)」だったのだ。

Wiredの記事によると、宇宙探査政府エージェント(でタイムトラベルも行った)を自称している、Andrew D. BasiagoとWilliam Stillingsは、1980年代初めにカリフォルニアの短期大学、カレッジ・オブ・ザ・シスキュウス(College of the Siskyous)が主催した、CIAの機密銀河系間プロジェクトにバラク・オバマと共に従事していたのだという。

当然の事ながらオバマは本名を使ってはいなかった。「バリー・ソエトロ(Barry Soetoro)」として宇宙を横断していたオバマは、「ジャンプルーム」から火星へテレポートした10名のうちの1人であった。BasiagoもStillingsも、実際の所オバマが火星で何をしたのかについて言及しなかったが、エド・デームズ(Ed Dames)退役陸軍少佐がオバマに話したとされる内容によると、「簡単に言えば、君の仕事は顔つなぎと食べないことだ」という。

CIAの到達点は、「宇宙からの脅威から地球を守る防衛体制の確立」にあり、また「領土主権」をも自分達の物であると主張していると、BasiagoとStillingsは話す。また、オバマはほぼ大使のような役割を担っており、米国-火星同盟を確保しなければならなかったという。

多方面の陰謀論者達によると、イルミナティが秘密兵器の開発を試みる温床となっている国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency=DARPA)と、その長官であるレジーナ・デュガン(Regina Dugan)も、同じく当該プロジェクトの一員だったという。

当然の事ながら、オバマが火星に行った事はないとして、米国政府はこの主張を否定している。「マービン・ザ・マーシャン(Marvin the Martian)を見た事を、そうと見なした場合を除いては」と、国家安全保障会議スポークスマンのトミー・フィエトル(Tommy Vietor)氏は、Wiredに話している。しかし、それこそ彼らが何かを隠蔽しようとする際に、彼らが言う内容に他ならない。

ケムログさんより

で、下記URLがローラ・M・アイゼンハワーさんの証言を
書いた記事になるのだが、
上記に書かれている様にもし実際にオバマ氏が火星への
テレポート実験に加わっていたとしても、
本名を隠しての参加(この時点で既にオバマ氏が確実に
大統領になるであろう計画があったとするならば)で
あったのならば、
米国政府が否定する事は、可能性的にも有り得ると七曜
は考える。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-951.html


何故ならば大統領選は正々堂々の戦いで有り、
国民に選ばれた者のみが米国のトップになれると言う
様なイメージが有るにも拘わらず、
実際はもっともっとず~っと前から大統領になる人間
が決まっていたなんて思われたら大変な事になります
から・・・・。

陰謀論好きにはたまらないお話しですよね、これは。


考えようによっては、バラク・オバマ氏はイルミナティ
の手先だったって事になってしまいますからね。


本当の真実がとても知りたい七曜です。








七曜 高耶


ブログランキングに参加しています
クリックを宜しくお願いいたします!!有り難う御座います


関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/01/07 08:23 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

タイミングが

こんにちは。

火星にテレポートするSF小説が映画化されます。

映画タイトルは「ジョン・カーター」
http://eiga.com/official/johncarter/
※2012年4月公開です。

映画では「未知の惑星」となっていますが
原作では体外離脱して火星にとんだお話です。

火星のプリンセス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9

ちょうど、2009年にすでに映画化されていた「アバター・オブ・マーズ」を
偶然見つけてみていました(映画の出来はそりゃ稀に見るひどさですが・苦笑)


タイミングがどんぴしゃでしたのでコメントいたしました。
[ 2012/01/07 17:50 ] [ 編集 ]

Re: ゆい様へ

こんばんは、ゆい様。


情報をどうも有り難う御座います!!

物凄く嬉しいです。
こう言った映画のお話にはすぐ飛びつきますよ、七曜は(笑

感謝感謝です!!



また、良い情報がありましたら是非ともお教え下さいませv-398v-344

映画大好きなので(笑






七曜 高耶
[ 2012/01/08 22:56 ] [ 編集 ]

星を追う子ども

 それでは私はこれをご紹介しよう。
「星を追う子ども」
<object width="640" height="360"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/T37GhIqsO28?version=3&hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="false"></param><param name="allowscriptaccess" value="never"></param><embed wmode="opaque" src="http://www.youtube.com/v/T37GhIqsO28?version=3&hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" width="640" height="360" allowscriptaccess="never" allowfullscreen="false"></embed> <param name="wmode" value="opaque"></param></object>
中学生の少女アスナは、家の近くの山を通る鉄道の鉄橋でアガルタから来たと言う少年シュンと出逢う。
[ 2012/01/09 09:58 ] [ 編集 ]

Re: 傍観の者様へ

こんにちは、傍観の者様。


情報を有り難う御座います!!

今、見ましたが・・・・凄く良いですv-398v-22
続きがとても見たいv-363


教えて下さって本当に有り難う御座います。

アガルタへ是非行って見たい思いに駆られている七曜でした(笑





七曜 高耶
[ 2012/01/09 13:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/959-516be18f