FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














火星移住計画。


おはようございます、七曜高耶です。

今年も見ました「ビートたけしの超常現象」特集。


今回の七曜的注目内容は
ローラ・M・アイゼンハワーが語る人類火星移住計画
ですね。

2012年 人類火星移住計画。
第34代大統領:ドワイト・D・アイゼンハワーの曾孫
ローラ・M・アイゼンハワーによると、

ci110209111053.jpg


火星で行われているプロジェクト名は「ペガサス」

アメリカ政府が極秘裏に進めている人類火星移住計画。

2006年、政府のパーティーである人物から
「まだ準備段階だが火星に行くテストに参加しないか」
と誘われたらしい。

実際に、その基地に行った2人のアメリカ人、
アンドリュー・D・パシャーゴ氏と
アイゼンハワー大統領の孫のローラ・マグダリーン・アイゼンハワー
という女性が2010年に共同声明で、その事実を暴露しています。



アンドリュー・D・パシャーゴ氏は、
少年時代に100年前のリンカーン大統領の
ゲティスバーグの演説の現場にタイムスリップし、
唯一残っている写真にその姿が映っているのだそうです。


彼は、1981年に2回火星基地にテレポートして行った、
またローラ・アイゼンハワーは、
2006年に火星の植民地に行ったと証言しているそうで、
実際、火星では息のできるレベルの酸素があって地球人
がちゃんと生活ができる環境があるそうです。

さらに、パシャーゴ氏は、火星には、
アーリア系人種やインド人、ケルト人、ペルシャ人、
ギリシャ人、スラブ人等のが住んでいたそうです。

そして、彼らは火星人として暮らしていて、時々、
地球から派遣グループとして政治家、
軍人たちがやって来て滞在していくそうです。

さらに火星には、レプティリアン、リトルグレイ、
ラージグレイ、ドラコニアンといった宇宙人や
プレシオサウルスのような恐竜もいるそうです。

火星に行くには、現在の地球の技術では何年もかかりますが、
これは宇宙人がセッティングしてくれるから行けるわけで、
何のために造っているかというと、
2012年問題のために火星基地を造っているためなのだそう
です。

マヤの予言による2012年12月21日に地球が大異変に
見舞われることを予測して、
国策としてアメリカは選りすぐりの人々を火星に送り込んで
いるようなのです。
これは現代版「ノアの箱舟」であり、
「第四の選択」という訳です。

マヤの暦は元々、プレアデス星人がマヤ人に教えた情報で、
プレアデス人はその責任を感じているのですが、
地球人が人格を向上し、様々な諸問題を解決して乗り越え
ていけると思っていたのですが、
残念ながらそうではなさそうなので、
「カウンシルオブ8(審議会8)」という存在を主体として
行動を起こし始めているようなのです。

それが明らかになったのが2010年のことで、
プレアデス、オリオン、シリウス、うしかい座、
アルファ・センタウリ(ケンタウルス座アルファ星)、
レクティル座ゼータ星、Consuli、Pousetiの8つの星からなる
審議会です。
このことをNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の
元職員スタンリー・A・フルハム氏が暴露しています。

審議会8のメンバーは現在の地球の環境汚染や環境破壊の
状況を見て、種の保存ができないと判断をしたらしい。

これまでは、何があっても地球に不介入の立場
(宇宙連合にはその星が調和を保っている場合には介入して
はならないという決まりがある)を取っていたようだが、
地球人は自分たちで未来を開けないと見切って干渉を開始した
そうなのです。


ジャンプルームという施設からテレポーテーションで火星に
移動する所要時間は20分。

宇宙人の協力がなければ、火星移住計画は絶対に成立しない。

ジャンプルームは
ロスアンゼルス国際空港に隣接するCIAの内部。

そして、
人類火星移住計画は1970年代からスタートしていて、
すでに5万人が火星へ行っているという。

ただし、宇宙エイリアンの様な存在に食べられ、
今では7千人程度だと言う事だ。


ちなみにだが、前に夢で視た並行世界で、
私はこのジャンプルームらしきものを視た。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-621.html

その世界から違う世界へと行ける唯一の手段だった。
火星移住計画の本当の所は並行世界への移動手段
なのかもしれないと七曜は思っている。

それほどあのTVで見たジャンプルームの形と作用が
酷似していたのだ。
もし、あのジャンプルームがロスアンゼルス国際空港
に隣接するCIAの内部にあるのならば、
私はその場所を視てきた事になる。








七曜 高耶




関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/12/26 07:22 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

今晩は。寒波が凄いので早く良くなるといいね。
火星でーすかー?妄想しまくりますわー
漢字を見れば、火の星☆
どんな意味?と適当に憶測憶測(¬з¬)
スキンいい色ね(o^^o)
優しい色が眼にも優しい(^∀^)
ゲンカイ にならないように。。。。ネ

[ 2011/12/26 20:13 ] [ 編集 ]

モントーク実験

 恐らくこの計画にはモントーク実験に使われていた機材や知識が継承されている事でしょう。
 実験当時火星へのゲートが開いたそうですから。
 地球人類は相当お馬鹿さんだと言う事ですね。
 カネを得る為に我を忘れて生きているなんてね。
 そうさせたのは他でもない、私利私欲を貪るイルミナティの連中。
 地球人類が未だ原始的なのは、奴等が元凶だからですよ。
[ 2011/12/27 08:32 ] [ 編集 ]

こんばんは、風邪引き青球です。
23日にロシアでお月様みたいな謎の発光体があったそうですが、七曜さんは 動画ご覧になられましたか?
何とも不思議な映像でした。

それから、前回のコメントの続きをしてますので 良ろしければ ご解答の方よろしくお願い致しますm(__)m
[ 2011/12/30 00:58 ] [ 編集 ]

Re: 傍観の者様へ

おはようございます、傍観の者様。

もうじき2012年に入りますね。
彼らの一歩先を読めれば良いのですがね・・・・。

2012年に地球が滅亡する事はないですが、
厳しい年にもなりそうな予感・・・・。

特に集団自殺も増えそうな感じもしますね。



良い年になって欲しいです。





七曜 高耶
[ 2011/12/30 07:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/951-751b555d