FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)

米フリーメーソン・イルミナティ新執行部にディビッド・ロックフェラーの仲間が潜り込み、再帰画策

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken【板垣英憲氏ブログ】から引用

2011年10月11日 23時04分47秒 | 政治

★こんばんは、七曜高耶です。
いつも読んで頂きまして有り難う御座います。
板垣氏のブログより、再びフリーメイソン・イルミナティに関する
情報が載せて有りましたので、ここでご紹介致しようと思います。

◆フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)によると、外部から見ている限り、フリーメーソン・イルミナティは、1枚岩に見えるけれど、実態は、まったく違うという。元祖は、秘密結社イルミナティ発祥地であるバイエルンで、最大のスポンサーであったロスチャイルド財閥は、いまなお、巨大なロスチャイルド・イルミナティの最大の実力者であることには、変わりはない。しかし、同じロスチャイルドと言っても、英国財閥で嫡流のジェイコブ・ロスチャイルド(4代目男爵)、つまり本家に歯向ってきている一族もいる。それが、英国ロスチャイルド分家のイヴァリン・ロスチャイルド(NMロスチャイルド銀行元チェアマン)と仏国パリ家当主のダヴッド・ロスチャイルド(ロンドン・NMロスチャイルド銀行社長)である。本家のジェイコブ・ロスチャイルドに公然と叛旗を翻して、「反ジェイコブ」色を鮮明にして、むしろ、米国最大財閥のディビッド・ロックフェラーに側面から味方してきた。
◆これをイルミナティという視点で見れば、本家と分家は、それぞれが、イルミナティ・グループ(言うなれば「派閥」)を形成しているので、決して1枚岩ではない。
 これは、ロックフェラー財閥でも同様である。ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ ロックフェラー4世も、それぞれがフリーメーソン・イルミナティ内でグループ(派閥)を築いて、会い争ってきた。こりほかに、マフィアや暴力団系が「ブラック・フリーメーソン・イルミナティ」を形成しているという。
 従って、フリーメーソン・イルミナティ内で、秩序を乱す者があれば、当然のことながら、手厳しい制裁を受けることになる。
 それが、ディビッド・ロックフェラーとジョン・ェイコブ・ジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世であった。日本の天皇家が中国台湾の「李家」に預けていた「金塊」(16京円相当)を東日本大地震救済と米国経済救済に提供しようとしたのを、これ幸いに、ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世が、「悪の戦争経済」=「第3次世界大戦」の戦費に使い、大儲けしようと策動した。
 これを嫌い、異議を唱えて、「第3次世界大戦阻止」=天皇家の金塊がロックフェラー渡るのを阻止する行動に出たのが、ジェイコブ・ロスチャイルドであった。スイス政府と連携を取り「57か国会議」を開き、ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世を銀行監視機関が摘発、厳しく追及した。この結果、ディビッド・ロックフェラーはインドのシェルターに逃げ込み、ジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世の身柄は、拘束されているという。
◆米国におけるフリーメーソン・イルミナティは、ロックフェラーの失脚に伴い、執行部の組み換えが行われた。かなりの若返りが進んだという。だが、新執行部の人事を分析するとディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世に親しくかかわっていた人物が、役員に含まれているという。このため、次のようなことが、早くも囁かれて始めている。
 「この人事は、一種の目くらましだ。フリーメーソン・イルミナティは、財産を持っていない者は、たとえメンバーであっても殺してしまう。財産を持っていれば、それを没収することで、命だけは助けることにしている。ディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世は、財産を提供することで命だけは、奪わない。だからディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世は、財産を投げ出して、2~3年、静かにして後に、復権できると考えている。この意向を受けて、親しい仲間たちが、新執行部に入ったとも言える。復権のチャンスを与えられたディビッド・ロックフェラーとジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世が、再び、第3次世界大戦を画策しないとも限らない」
 これが本当ならば、人類全体の心配事が、消えてなくなったとは言えず、危険は依然として続くことになる。




とりあえず、目先に有る情報しか手に入りませんので、
それらの手に入った情報と照らし合わせながら検証を
していこうと思います。

最後迄読んで頂きまして有り難う御座いました。
感謝!!








七曜 高耶




関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/10/12 18:42 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(-)|[記事編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/887-30462855