FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














≪汚染マップ≫柏周辺6万~10万ベクレル 千葉・埼玉公表


文部科学省は29日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、千葉県と埼玉県の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、薄まりながら首都圏まで広がっていることが示された。

 両県とも9月8~12日、ヘリコプターで測った。放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137の蓄積量をみると、千葉県で高かったのは柏や松戸、我孫子、流山市などの県北部。1平方メートルあたり3万~6万ベクレルにのぼった。他は木更津市の一部を除きほぼ1万ベクレル以下だった。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。ただし強制避難の基準は55万ベクレル以上。

 文科省によると、千葉県では、原発から放出された放射性物質を含んだ雲がいったん太平洋に流れ、再び茨城県の霞ケ浦付近を通り、埼玉県境まで広がったと推測できるという。

 埼玉県では、原発から250キロ離れた秩父市の山間部の一部で3万~6万ベクレルにのぼった。放射性物質を含んだ雲が原発から南西方向に流れ、群馬を過ぎて、埼玉県に回り込み、地上に沈着したようだ。

 両県とも蓄積量の多い地点では放射線量が毎時0.2~0.5マイクロシーベルトで、このほかの多くは0.1マイクロシーベルト以下だった。学校において、校庭の除染を行う目安は1マイクロシーベルト以上とされている。

 文科省は東日本全域で航空機による測定をしている。測定を終えた県の汚染マップを順次、ウェブサイトで公表している。

(佐藤久恵)



全測定地点の緯度・経度とセシウム134、137の濃度は文科省のウェブサイト

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/017/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/09/02/1310688


併せて、これからの【もんじゅ】の予定を【たんぽぽ舎】様から
のメールより転載致します。


★  高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ
   もんじゅ出力上昇試験、当面見合わせ…文科省

 イ.高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ

 中川文部科学相は、27日の閣議後記者会見で、使用済み核燃料を
再処理して利用する高速増殖炉サイクル技術について、
「来年の予算では、(日本原子力研究開発機構の原型炉)『もんじゅ』
を維持していく。
新しい研究開発については、1年休憩する」と述べ、
同技術の実現に向けた実証炉の研究開発を来年度は
凍結する方針を示した。

 同省は、来年度予算の概算要求で実証炉の研究開発費を7~8割
程度削減する方針を固めている。
中川文科相の発言は、その方針を改めて表明したものだ。
                 (読売新聞 9月27日より抜粋)


 ロ.もんじゅ出力上昇試験、当面見合わせ…文科省

 文部科学省は29日、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉
「もんじゅ」(福井県敦賀市)で出力を上げて発電する試験運転を
当面、見合わせる方針を決めた。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、内閣府原子力委員会が
核燃料サイクル政策の見直し作業を始めたことなどを受けた。
近く県と市に伝える。

 もんじゅは昨年5月に運転を再開した後、今年度中に出力40%
まで上げて発電する試験運転を始める予定だった。
原子力委の政策見直しに加え、もんじゅが政府のストレステスト
(耐性検査)の対象であることから、文科省は計画通りの試験運転は
困難と判断した。

 使用済み核燃料を再処理して利用する高速増殖炉サイクル技術に
ついて、
文科省は研究開発費(今年度予算100億円)を2012年度予算
で大幅削減し、実用化に向けた開発を保留する方針を示していた。
                    (読売新聞 9月29日より抜粋)


【転載終了】


七曜は本当に何も出来ない人間ですが、
こうやって今の状況を皆様にお伝えする事は出来ます。

特に【たんぽぽ舎】様はかなり前から原発の危険性を
発信していました方々ですから、
ポッと出のいい加減な情報は御座いません。

少しづつでは有りますが、情報を出していきたいと思っております。

どうぞ、宜しくお願い致します。





最後迄読んで頂き有り難う御座いました。










七曜 高耶
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/09/30 19:12 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/866-b433ecdc