FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














これからの地震に備え、専門家によるQ&Aと必要な物。

こんにちは、七曜高耶です。

今日も原発情報を載せて行こうと思います。



今日の一番の記事はこれからの地震の予測についてだと思います。
出来ましたら被災地の皆様には出来るだけ西の方に移動して頂きたい
思いでは有りますが、
西もこれから先の未来、どの様になるのかが判りません。

もしかすると沈んでいる可能性も有るからです。

ですから今は出来る事をして頂くしかないと考えています。


下記に専門家によるQ&Aが書かれています。

何かの参考になればと思っています。どうぞご覧下さいませ。





★ 万全の備えが必要 M7級の余震 専門家「年内1、2回可能性も」

 東日本大震災の余震は今も続いている。マグニチュード(M)7級の余震は
六回を数え、最近では7月10日に発生した。年内にM7級が1、2回起こる
可能性を指摘する専門家がおり、備えを怠らないことが大切だ。

Q なぜ余震が多いの。
A 東日本大震災がM9と規模が非常に大きかったから。
プレートに残ったひずみを解消するために余震が起きるが、時間の経過と
ともに回数は減っていく。
  M6以上の余震は、3月は70回だったが、4月は10回、7月は4回に
まで減った。
そのうち、M7級は震災当日に3回あったほか、4月に2回、7月に1回あっ
  た。

Q 今後もM7級の余震が起きるのか。
A 正確なことは分からない。気象庁は「余震はいつ収束するか分からない、
一年で収まるものではなく、年単位で考える必要がある。」としている。
  「この減少ペースだと、年内に1、2回はあるかもしれない。
来年も一回ほど発生する恐れがある」とみる専門家がいる。
懐中電灯を手探りで捜せる場所に置いたり、家具を固定するなどの備えは怠ら
ないでほしい。

                     (8月16日 東京新聞より抜粋)


★ 145億円の東電債保有 NHK原発報道の資格なし

 福島第1原発事故から、一貫して批判されてきたのがNHKの原発報道だ。
原子力村の御用学者を重用し、「メルトダウンはしていない」「安全だ」と
繰り返してきた。
でも、実際はチエルノブイリ並みのレヴェル7で、国民はだまされてきたわけだ。

 “皆さまのNHK”が、なぜあからさまな原発推進報道をしてきたのか。
どうもおかしいと思ったら、やはりNHKと電力会社はウラでつながっていた。
「平成22年度 財産目録、貸借対照表、損益計算書、資本等変動計算書及び
キャッシュ・フロー計算書に関する説明書」によると、NHKは総額900億円超
の事業債を保有している。
保有金額の上位5社は電力会社で、東京電力(保有数23/金額145億円)、
中部電力(9/68億円)、関西電力(12/65億円)、
中国電力(10/51億円)、東北電力(7/45億円)の順だ。


 事故に関連して致命的な失態が明らかになり、
東電の会社存続がかなわなくなった場合、ステークホルダーであるNHKも
甚大な被害を被ることになる。
事故の闇に迫れば迫るほど、自分たちの首を絞めてしまうという関係。
これで中立的な報道ができるのか。運用資金あるなら受信料下げろ立大教授の
服部孝章氏(メディア法)はこう言う。


「今回の事故で、東電は情報隠しを行ってきた。それを暴く立場の報道機関が
利害関係者では、視聴者は不信を抱く。
実際、3月の事故直後にどこよりも『原発は安全だ』と報じてきたのはNHKです。
NHKは、なぜ東電債を保有しているのか、なぜ資産運用が必要なのか、
会見を開いて説明すべきです」

 そもそもNHKは営利目的の民間企業とは違う。資産運用など必要ないはずだ。運用に
回すほどカネが余っているなら、受信料を下げるべきではないか。

                    (8月18日発行 日刊ゲンダイより抜粋)





最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。







七曜 高耶



関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/08/19 15:41 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/771-71229326