FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














玄海原発 指摘されていた欠陥が改善されていない

今日も皆様へ情報を報告致します。

出来るだけキーワードを打たないようにしていますので、
少し変な文になっていると思いますがご容赦願います。

キーワードが入ると何故かPCが停止してしまいますので、
この文を書いた後に転載致します。


玄海原発は、スリーマイル島原発事故で指摘された欠陥が
   改善されていない。 槌田敦(核開発に反対する会代表)

◎スリーマイル島原発事故で、加圧水型原子炉に水位計を
つけることになったが、未だに、水位計がついていない。
  そのため、美浜細管破断事故では、水位がわからず、対策ができなかった。
  スリーマイル島原発と同様の事故になったら、同じ経過をたどることになる。

◎スリーマイル島原発事故では、格納容器の天井で、3回水素爆発があったが、
  熱損傷しただけで、破壊は免れた。
  その理由は、空港近くなので、天井が頑丈に作られていたからである。
  玄海原発の天井は薄いから、水素爆発があれば、
  一挙に天井は吹き飛び、放射能は全量放出されることになる。

  ◆玄海原発を再開するな!
   佐賀県知事と経産大臣へFAXを送ろう
   佐賀県知事へ 秘書課 FAX:0952-25-7288 TEL:0952-25-7007
    原子力安全対策課 FAX:0952-25-7269 TEL:0952-25-7081
経済産業省へ抗議! 原子力発電立地対策広報室
        FAX:03-3580-8493 TEL:03-3501-1511


★2.桜の異変が知らせる原発放射能汚染
   ~サクラ調査ネットワーク8年目の調査報告~

日 時:2011年7月8日(金)18:45~21:00/18:15開場
講 師:奥田智子さん(サクラ調査ネットワーク、元東洋大学教授)
    柳田真さん(サクラ調査ネットワーク、たんぽぽ舎共同代表)
会 場:大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11階)
参加費:一般500円/大竹財団会員・学生無料
定 員:30名(定員を超えた場合は予約優先)
主 催:財団法人大竹財団 http://ohdake-foundation.org
協 力:サクラ調査ネットワーク

原発近辺で偶然異常なサクラの花びらを発見したことからはじまったサクラ調査
ネットワークの「サクラと環境汚染・原発汚染調査」。
日本全国各地で調査をかさね、今年8年目を迎えました。
2007年に起こった新潟県中越沖地震の翌年には、柏崎刈羽原発の近くのサクラで
多くの異常花が観察され、放射能漏れの影響が疑われました。因果関係を明らか
にすることは難しいことですが、低線量の放射能汚染が長期間にわたって環境お
よび人体に及ぼす影響について、サクラがわたしたちに放射能の危険性を知らせ
てくれているのではないか、そう思わずにはいられません。
今年の調査結果とともに、8年間の調査をふりかえり、これまでにわかったこと
を報告していただきます。
<お問い合わせ>(財)大竹財団 http://ohdake-foundation.org
Tel 03-3272-3900


★3.全労協が反原発特別委員会を設置
原発廃止めざす。過酷な状態の原発労働者の生命を守ろう

         (注:全労協は、労働組合の全国組織の1つ)

・われわれはこの地震列島に原発を建設することに反対し続けてきた。国や電力
会社は「何重にも防護する体制を持っている日本の原発では絶対に事故は起こら
ない」といい、「想定」されるわれわれの意見は軽視あるいは無視され、莫大な
利潤のために巨大独占資本は原発を造り続けてきた。
 事故直後政府は、「ただちに害は無い、レントゲンと同じ」などと気休めをい
っていたが、しかし大震災から二ヶ月半あまり経って深刻な事態が次々に明らか
にされた来ている。
・賠償責任は東電にあるのは当然だが、原発建設で恩恵を貪った原発関連会社、
240兆円以上にものぼる内部保留を抱える大企業も負担すべきである。税金で賄
うのはもってのほかだ。
 また、現在、強い放射線濃度の中で被害の拡大を防ぐべく決死の作業を強いら
れている原発労働者は過酷な状態におかれすでに限界に達していると思われ健康
被害についても懸念されている。
・やはり原発は廃止するしかない。原発は造ってはならない。今度の事故はどの
ような「安全対策」も有効ではないことがあきらかとなった。稼働中のすべての
原発は停止、廃止、新増設は中止させなければならない。
・全労協は一貫して脱原発の方針を掲げて闘ってきた。だがその闘いは現地で闘
う仲間に依存してきた。今回の福島原発の事故を契機に全国各地で反原発の運動
が盛り上がっているが労働組合の関与の弱さが指摘されている。連合に反原発や
脱原発運動の指導は期待できない。われわれ全労協に、国策としての原子力発電
の廃止と、国のエネルギー政策転換の闘いが求められている。
 全労協はすべての原発を廃止する闘いのために、本部に『反原発特別委員会』
を設置し全ての闘う仲間と連携しつつ国を突き動かす運動を展開していく。
(全労協新聞6月1日より抜粋)









最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。

これからもどうぞ、宜しくお願い致します。







七曜 高耶


関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/06/29 19:10 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/30 09:43 ] [ 編集 ]

Re: 匿名様へ

こんにちは、匿名様。


有り難う御座います、感謝!!

とても嬉しいです。

その様な方法があったとは・・・v-405
知りませんでした!!

本当に本当に感謝です!!




七曜 高耶
[ 2011/06/30 15:53 ] [ 編集 ]

PCが止まるのはまだ続いてるんですね。

あまり無理しないでくださいね。
[ 2011/06/30 17:13 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

こんにちは、n様。


お気遣い有り難う御座います v-411


> PCが止まるのはまだ続いてるんですね。


そうですね・・・・まだ有ります。
色々工夫をしながらの投稿になっていますが、
ある意味良い勉強にもなっています。

実際この様な状況にでもならない限り、
PCに関して自分で考え行動する事はないです
から有り難い経験をさせて頂いてる様にも思えます(笑





七曜 高耶

[ 2011/07/01 13:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/682-61d5e5c6