FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














グリーンピースジャパンによる海洋汚染データ【重要】

おはようございます、七曜高耶です。

今回も【たんぽぽ舎】様からのメールを転載させて頂きます。

今日はグリーンピースジャパンによる海洋汚染データを皆様にお届け致します。
このブログも監視の対象である為、いつまで載せていけるかは不明のままです。

この情報を知ったからと言って私達の口に入る食物を気を付けるといった事は
難しいと思いますが、少しでも子供達の為に親御様が食事を考えていけると
思います。

この様な情報しか皆様にお渡しする事は出来ませんが、どうぞ宜しくお願い致します。



では、【転載開始】致します。



海も汚染-海産物の放射能汚染  山崎久隆

 グリーンピースジャパンにより海産物の汚染が確認された。

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/2114/blog/34986
 
  福島県沖の海洋汚染調査をめぐり、政府に許可を求めていたが、結局許可は
出ず、海岸を歩き、領海外で海水をサンプリングし、漁業者や遊漁船からサン
プルを提供してもらうなどして、21サンプルの調査を行った。
調査結果の概要は衝撃的だった。
21サンプル中14サンプルが、日本政府の定める暫定規制値を超えた。
その一部は次のようなものだ。

 エゾイソアイナメ(福島県小名浜港で採取)から1kgあたり857Bqのセシウム
(Cs-134+Cs-137)を検出
 カキ(福島県四倉港で採取)から同740Bqのセシウムを検出
 マナマコ(福島県久ノ浜港で採取)から同1,285Bqのセシウムを検出
 アカモク(福島県江名港で採取)から同127,000Bqのヨウ素(I-131)および
 同1,640Bqのセシウムを検出

この結果を受けて、6月2日になって福島県も海産物や淡水生物の汚染値を明ら
かにした。

http://www.pref.fukushima.jp/suisan/sinsai/housyanou-top.html

県が公表した理由の一つにはGPの発表が大きく影響したと思われる。汚染の現
実を前に、データを明らかにしなければ、何が危険か分からない。行政にも汚染
監視を実施させるためにも、汚染調査をもっと広げていくことが重要だ。


★3.“埋蔵”自家発電が6000万kwもあり⇒原発なしで
電気は大丈夫の証拠
電力会社の恒例の「電力が足りない」PRに欺されないためのデータ

・『週刊フライデー』が原発記事で健闘している。
週刊の毎号に数本ずつ掲載されている。最新の6月17日号の記事は次の7本で
ある。
◎「浪江町の耳なしウサギ」は放射能汚染の被害者か(グラビア)
◎菅政権が封殺を企んだ「吉田昌郎所長が語る真実」=注水継続した
◎資産6000億円売却案は大甘だ。血税投入必要なし!東電はパンツ一丁になって
も賠償金を支払え
◎原発を豪雨が襲う―東電任せでは、10万トンの汚染水が流出する
◎朝日新聞『声』欄投書。福島の高校生の絶望をあなたはどう聞くか
◎山本太郎「ドラマ降板の真相と反原発への思い―抗議活動にも参加、俳優活動
の危機」
◎「ニッポンの自家発電」はすでに原発60基分。電力会社の利権を奪えば脱原発
できる」

・「電力会社の利権を奪えば、原発なしで電気はOK」の記事の要旨を紹介する。
 データは経産省資源エネルギー庁の資料。全国にある3249個所の自家発電の総
出力は、6034万(うちわけは大半を火力が占めていて、5380万、その他は、水力
439万、風力239万など)、自家発電の多くは、稼働せず、眠っている可能性が高
いから。日本の全原発の出力は、4896万kw。原発全部やめてもなお、1138万k
wのおつりがくる計算だ。
 しかし、この自家発電力を有効に生かすのを阻む壁が存在する。電力会社の利
権である。この利権は企業の自家発電がさらに広まるのを阻む壁にもなっている。
「そもそも一つの電力会社が、ある地域の発電も送電も小売も独占するというの
は、戦後の復興期だから必要だったシステムです。工業生産が伸び、その電気需
要に応えるために必要だったわけです。しかし、今の時代に、地域独占が必要で
しょうか?」(自家発電設備を持つある事業者)
 PPS(特定規範電気事業者)は、工場や病院など一般家庭以外と50kw以上の契
約をして電気を供給する。オリックスや昭和シェルなどが参入している。
「このPPSが電気をどんどん作り、市場が活発になれば電気代も安くなるはず
ですが、電力会社がそれを阻んでいます。PPSは自前の送電設備を持たないた
め、電力会社の送電網を利用するのですが、その際に『託送料』がかかり、この
負担が大きいのです。電力量によって変わりますが、客が支払う電気代の約2割
を、託送料として電力会社に支払わなければなりません」(前出の事業者)
今後の解決のカギは
●送電分離による託送料の廃止
●電気メーター(配電)の自由化
●電気料金の内訳の可視化
 これらを実現できれば、電力不足などありえない。脱原発への道も大きく開け
ることとなる。あるPPS事業者が言う。
「発送電分離と配電の自由化によって、『原発の電気は安くても買わない』とい
う選択が可能になる。発送電を分離して初めて、国民が意思表示をできるのです」


★4.原発放射能のデータ隠しは犯罪だ
早く発表していれば、ヒバクを防げたのに……
東京電力と原子力保安院・文科省の重大責任を問う

 ・6月4日朝のNHKテレビをみて。
 フクシマ原発事故で放射能(ヨウ素など)が初期に大量に出たことを示すデータ
があったのに、それを東電も原子力安全保安院も公表しなかった、という事実が
紹介された。(このことは前前からも言われていたが……)文科省の「スピーディ」
も発表が半月ほど遅れた。
 ・その時、すぐにデータが発表されていれば、飯館村もその他も余分な放射能
ヒバクを防げたのに……。これは犯罪だ。東電と原子力安全保安院・文科省は人
殺し(殺人罪)に近い。責任重大だ。余分な放射能被害を受けた人々は、怒り心頭
だろう。
 ・今後、東電と原子力保安院・文科省のデータ隠し体質をキチンと検証して、
犯罪として告発する必要があるのではないか。
 4基の原発が過酷事故(シビア・アクシデント)を起こしている―いまだ収束の
メドも立っていない―来年1月収束もほぼムリという、キビシイ状況の中で、3
者とも今後、同じこと=データ隠しを繰り返す可能性が大きいだけに、今、徹底
して検証―追及する必要があると思う。私も今後、さらに調べて、よりキチンと
した形で報道したい。      (柳田)






最後まで読んで頂きまして有り難う御座いました。
感謝致します。





七曜 高耶
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/06/07 10:07 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/634-b3294c82