FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














オリオン星系の子孫と日本人

さて、そのシュメール人は日本においても判りやすい呼び方で今も現存しています。
「スメ(皇)、スメラ(天皇)とは古代バビロニア語のスメル(Sumer)と同語で、
ル、ラは助辞の変化、シュメールとも発音された。このスメとは神の意で、
ラテン語のスメ(Summae)も至上至高の意で同系語である。
スメ(皇)をすべ(統)の意に解して“統制”の意にするのは、
実は大きな間違いで、天皇=神であり、スメル国は皇(スメ)
国と一致して神国ということなのだ。また、スメラギとはスメル、
アグ(AK)の複称であり、ミコト(尊、命)、ミカド(天皇)の言語は
ミグト(Migut)の転訛で“天降る開拓者”すなわち神ということ。
明津神とは、シュメール語の日神ウツ(Ut)の御子たる火神アグの権化として、
この国土に降りたまわったのだ。」と言われています。




これは本当にその通りなのです。



そして今の天皇家の家紋を見られるとより理解出来るかもしれません。
判りやすくする為に以下に写真をアップ致します。

tatta.jpgt02200237_0223024010908383049.jpg

この様に写真で見て頂くと判る様に、シュメール人(ユダヤ人)と日本人は
深い繋がりが有り、歴史に残る安部清明の五芒星もまたシュメールの象徴
なのです。(ちなみに米国防総省ペンタゴンもその象徴の一つです)

よくフリーメイソンやイルミナティの話が陰謀論に出てくる事が多いと思います。
ですが、彼らは日本人と有る意味血縁関係にあるのです。(早い話が兄弟みたいなものです)
そしてオリオン星系の子孫達はこの日本にも未だ
多く存在していると言う事です。
(前記事にも書きましたが、ガガやオリオン星系も同じレプタリアンです)

とにかく「シュメール民族」とは、ケルト、ユダヤを包摂した海洋民族のことであり、
この「ヘブライ民族」(シュメール系)が、日本民族の生成に重大な関心をもち、
さらに日本古代国家の成立にも関与したのです。



その後彼らの後を追うようにして他惑星の住人達が入植(?)してきたのです。






【 続く 】


この様な面白くも無い話を続けても良いのでしょうか・・・・。
応援して下さるお優しい方がいらっしゃいましたらクリックを宜しくお願い致します。



こちらの方もクリックを宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/05/23 18:40 ]Posted by七曜高耶 | シュメール人と知的生命体 | TB(0) | CM(6)[記事編集]

こんばんわ。

これは三島敦雄氏の、「日本人シュメール起源説」ですね。

私もシュメールについて調べていますが、概ね同じ意見です。

シュメール人の東遷の跡を文献などを基に辿ってみると、例えばインドの釈迦の出自は「世界で最たる知識民族の王家の子孫」であるとし、先祖に『須彌(スメル)王』が居たと仏典「仏本行集経」に系図を示しています。

また、中央アジア・シルクロードには『焉耆(エンギ)』という都市国家がありましたが、これはシュメール人が用いた自分達の国の呼称『キ・エンギ』に通じます。

そして古代朝鮮の『桓檀古記』には、かつて満州に12の国があり、その中に『須密爾(スミル)国』があったと記されています。

この様に、シュメール人はメソポタミアからインド・中央アジア・満州を経て、日本にたどり着いたのではないかと考えています。
[ 2011/05/23 22:50 ] [ 編集 ]

僕の聞いた話は間違っていたんですね。
勉強になりました^^

本当の歴史というものは、
今の社会常識からは想像もできないほどに、
広大な宇宙を舞台にして積み重ねられてきてるんですね。

前に掲示板の方に書いた事があるのですが、
オリオン座がいつも目に付くのは、
自分のルーツがそこにあるから無意識に見てしまうのかも知れませんね。
[ 2011/05/23 23:01 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

こんばんは、yoshi様。

七曜高耶です。

これが一番正しい起源になります。
色々説は出ていると思いますが、yoshi様が書かれているようにシュメール人は
メソポタミアから世界に広がり、どの国にも色濃くその特徴が残り、
そして最終的には日本国土にペトログラフとして残されていますね。


これが宇宙起源のものである事も見てとれると思います。
でも面白いですよね。本当に。
身近に有り過ぎて判りにくいなんてv-411




七曜 高耶
[ 2011/05/25 19:11 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

こんばんは、n様。

コメントを有り難う御座います。

でも、一番判りやすいものが身体の中に残ってますよ。
ダーウィンは人間のお尻の骨にある突起物をとり、猿が進化したものと
唱えましたが、実を言うとネプタリアンも尻尾が有りますね。

歴史以上に人間の身体の遺伝子にもそれが残っているのですから
面白いと思います。
近すぎて見落としているんですね。




七曜 高耶
[ 2011/05/25 19:17 ] [ 編集 ]

『彼らは日本人と有る意味血縁関係にあるのです。(早い話が兄弟みたいなものです)』を読んでいて思いだした事があります。

私の知人が言っていた事です。

アメリカはウサマ・ビンラディンやサダム・フセイン、カダフィ大佐など、敵の指導者に対しては潜伏先を襲撃したりピンポイントで爆撃し、殺害をも常套手段としていますが、知人は『先の大戦で、米軍はなぜ皇居を直接爆撃しなかったか』について語っていました。

「アメリカの指導者と天皇家とは同族だから・・・」と・・・。



[ 2011/05/26 01:42 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

おはようございます、yoshi様。

七曜高耶です。
コメントを有り難う御座いました。

そうですか・・・・知人様は何者でしょうか?
凄く興味があります。

この文明のお話ですが、私が宇宙の生命体だった頃の記憶と
今の証明されつつある文明の説を合わせてのお話になっています。

もう少し休憩した後また始めようと思っていますが、
何かお聞きになりたい事など有りましたらお知らせ下さいね。
有り難う御座いました。




七曜 高耶
[ 2011/05/26 09:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/609-edd630f3