FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














宇宙語と地球の語源

おはようございます。七曜高耶です。

前回の記事の「監視人」のお話ですが、彼らと遭遇している方が意外に多い事に
とても驚きました。
メールで報告して下さった方、感謝致します。

さて、今回は「言語」について書いていきますね。

ここで言われる「言語」なのですが、「宇宙語」は基本的にいりません。
何故なら人間の様にお喋りでは無いからです。
基本はテレパシーでの会話になります。

では、どの様に脳内で処理されるのか・・・・ですが、
日本人なら日本語、英語圏なら英語・米語と普通に処理出来ますので
テレパシーは人種も言葉の垣根も全ったく存在しないのです。

とても便利な代物です。
古代ではこの方法が使われていましたが、相手の考えている事が全て
判ってしまう為に人間は自らこの能力を封印してしまったのです。
ですから有る意味今のこの世に悪が栄えるのかもしれません。


さて、この地球に最初に訪れた存在は何か。皆様はもうご存知だと思います。



img3c99cce2zikazj.jpg


可愛らしい顔の彼らです。

彼らの子孫が「シュメール人」ですね。
そしてその「シュメール人」はこの日本に移動してきたのです。
ある意味日本人の遺伝子には「知的生命体」の情報が入っているのです。
そしてテレパシー能力も意外と使っていますね。
よく旦那様や子供が「アレ」と言います。お母さんが「ハイ」と渡したり、
「あぁ、アレね」と言った会話が成り立つのは無意識にその能力を使っている
からに他なりません。
でも、そこに何の疑問も持ちません。それが普通になっているからなのです。


脱線してしまいました。話を戻します。


そんな彼らが日本で使用した言語は、


hikojimas.gif

でした。
これは地球上から宇宙を見上げ、星の配置を使い言葉に代えたのです。
彼らの名前は全て星系の名前が付けられたのです。
例えば日本でよく知られている「アマテラスオオミカミ」とかが判りやすいと
思います。古事記にも数多く残っていると思います。
が、出来るだけ古い書物で探してみて下さい。

彼らは全てが悪では有りません。人間の先祖なのですから人間と同じなのです。

何度も言いますが、彼らは日本ととても縁が深い存在です。
日本の鳥居もその一つです(他ストーンサークル等もありますが)。
凄く判りやすい感じなのですが、彼らにも神という存在が有ります。
神は人間が創った偶像のものでは無く、純粋で膨大なエネルギー体である
「創造神」を崇めていました。これこそが「アセンション」の最終目標であり
感情も二元性も何も存在しない只一つのエネルギーの塊なのです。






【続く】

*長くなりそうですので一旦ここで切ります。
続きを読んでやっても良いぞと言われる方は、申し訳無いのですが
クリックしてやって下さいね。
宜しくお願い致します。


ブログランキングに参加しております。
こちらの方もクリックをお願い致します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/05/22 10:29 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/23 10:24 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/23 10:25 ] [ 編集 ]

アジアを中心に竜神様とか蛇信仰とか、

爬虫類を崇める風習が昔からありますが、

何らかの名残が残っているのかもしれないですね。

ほかに、執着心の強い人は来世に蛇に生まれ変わるという話も聞いたことがあります。

いい意味でも悪い意味でも日本人には関わりが深いですね。

あと、シュメールとスメルは共通して「統べる」という意味があるそうで、

スメラミコト=天皇は日本を統べる王というところから来てるそうです。
[ 2011/05/23 12:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/23 18:58 ] [ 編集 ]

Re: 匿名様へ

こんばんは、匿名様。

お礼が遅くなりました。
有り難う御座います。今回は気分を変え、明るい感じで
演出してみましたv-411

これからもどうぞ宜しくお願い致します。




七曜 高耶
[ 2011/05/25 19:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/608-b6848eb3