FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














放射能汚染による健康被害から子供達を守る。県教組声明。

たんぽぽ舎様よりの情報を転載


本当に本当に現地の多くの方々が、
子供達を守る為に動いています。
特に危惧される事は学校での生活や転入等ではないかと思います。

そして幼い赤ちゃんを抱えるお母さん達にとっては与える母乳にも
不安がある筈です。

これからも出来るだけの情報をアップしていきますので、
どうぞ宜しくお願い致します。



放射線による健康被害から子どもたちを守る県教組声明

福島原発の大事故以降、放射線量が極めて高い状態が続いています。私たちは、
放射線による健康被害から子どもたちを守るために、福島県教育委員会及び文部
科学省に対し、安全対策についての指針とマニュアルの提示を強く求めてきまし
た。大事故から一ヶ月が経過した4月19日、ようやく文部科学省は「学校等の校
舎・校庭等の利用判断に係る暫定的考え方」を示しました。学校現場及び保護者
からは、「本当にこの基準で大丈夫なのか」「子どもたちに影響はないのか」と
いった不安の声が多く出されています。
文部科学省は、原子力災害対策本部の示した「ICRP(国際放射線防護委員会)の
示す『非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル』1~20mSv/yを
暫定的な目安」を、一般公衆レベルのまま学校での判断基準としました。ICRPが
示している現行の規制値は1mSv/yです。これをはるかに超え、一般公衆レベルの
上限でとされる20mSv/yは、計画的避難地域を設定する基準量でもあり、放射線
業務従事者の年間平均許容量(ICRP 1990年勧告)に匹敵します。放射線に対す
るリスクが大きい子どもたちにこの基準を適用することは、長年の生活の中での
累積値は相当に大きくなり、子どもたちの命と健康を守ることはできません。
また、子どもたちが校庭等で活動できる制限値を3.8μSv/h未満としていますが、
学校等の敷地内の放射線量は一定ではなく、側溝や雨樋の下、塵や木の葉などが
集まる吹きだまり、水たまりなどの窪地などは比較的高く、校庭など地面は空間
放射線量より高くなっています。子どもたちは、学習で土をいじり、校庭を走り
回ります。舞い上がった砂ぼこりを吸い込むことは避けられません。また、転ん
で皮膚をすりむけば、そこに放射性物質が付着します。空間線量が3.8μSv/h未
満であっても、実際は空間線量より高い放射線を浴びることとなります。さらに

内部被ばくの危険性もあります。
文部科学省の示した暫定基準は、子どもたちが学校生活をする上では極めて危険
な基準といわざるを得ません。文部科学省は、今回の基準を直ちに撤回し、子ど
もの健康を第一にした安全策を示すべきです。また、福島県災害対策本部及び福
島県教育委員会は、子ども及び保護者が安心できるように、全ての学校施設及び
通学路において放射線量の高いところを明確にした放射線量マップを作成し、立
ち入り禁止区域を設けるなど万全の対策を講ずることを強く要求します。さらに

子どもたちの受ける線量を減らすための具体的な対策を示し、土壌の入れ替え等
の措置を早急に講ずることを要求します。
私たちは、子どもたちを放射線による健康被害から守るため、一刻も早い原発事
故の収束と安全確認を強く求めると共に、現在の通常値を大きく超える中での子
どもたちの生活について、「直ちに健康に影響がない」というのではなく、絶対
に健康に影響がないといいきれる安全策を早急に示し実施することを強く要求す
るものです。
2011年4月20日
福島県教職員組合
中央執行委員長 竹中 柳一


★2.―福島県内の子どもたちを救おう―広瀬隆講演

広瀬隆4/30講演テーマの要点を、30日より2日早くそっと教えます。

4月中旬現在、避難指示区域はどんどん広がり、ついに広大な飯舘村などを含め
て、東京都の総面積の7割前後に拡大しつつある。放射線量がわずかに下がって
いるように見えた時でも、下がっているのではない。とてつもない累積量が増加
している。
○福島市・中手聖一さんからのメール。
今日は、飯舘村の雑草から数百万ベクレルという数値が出ました。私の妹家族の
村です。妹たちは村を追われ群馬に避難しています。今夜になって、郡山市を中
心に放射線量が急上昇しました。今度は国道288号線ルートを通ったのかもしれ
ません。数日後に水道水の汚染が報道されるでしょう。その前に、皆に伝えたい
のです。(中略)
4月9日のメール──私はあきらめません。まだまだ子供たちの命を救えるのです
から。(中略)
4月19日のメール──このところ福島市内の屋内の放射線量が上がっています。
(中略)
 福島県内の放射線調査によれば、調査対象の小中学校の実に75.9%が、国が定
めてきた一般公衆の被曝防止のため立ち入りを制限する0.6μSv/h(5.2mSv/y)
以上の「放射線管理区域」に相当する放射線量である。加えて、20.4%が職業人
の放射線業務従事者が被曝限度を超え得るさらに厳しい管理が求められる「個別
被曝管理」が必要なレベルにある。つまり福島県の学童は、原発内での労働と同
じ環境に置かれている。
福島県内の児童は、一刻も早く、授業を中止して学童疎開をしなければならない

ところが文部科学大臣の高木義明は、4月15日に、「目標は20ミリシーベルトで、
学校を頻繁に移動させることはできない」と、平然と児童被曝を野放しにし、放
射線の影響が深刻な子供たちに、基準の20倍もの被曝を許す殺人者だ。




4/30(土)広瀬 隆講演会

日 時:4月30日(土)17:30開場 17:50開演~21:10
場 所:東京・豊島公会堂ホール
(JR・西武・東武・地下鉄池袋駅東口各5分)
受 付:当日会場にて。先着800名
共 催:たんぽぽ舎、週刊金曜日
問い合わせ:『週刊金曜日』業務部03-3221-8521(平日9:30~17:30)










七曜 高耶

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/04/29 10:49 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/568-362ddb33