FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














セカンドウェーブ

今、去年9月に書いた「セカンドウェーブ」の時期に入っています。

大地の歪みは酷くなる一方で、対処のしようも有りません。

そんな中、いつもなら月末近くに出張に出ていた主人が今回に限って
昨日から千葉に行っていたのです。

朝から自分のブログが気になり、読んでいると
何故だか妙に関東・東北の地震の事ばかりが書かれている事に気づき、
会社に電話すると今日関東に行っているとか・・・・・。


そわそわしながら今迄いたのですが、
先ほど会社から連絡が入り、地震がくる前に空に飛んでいたそうです。

ホッと一安心です。

良かった。



どうか皆様もお気を付けて下さいませ。

今、前にも書きました様にセカンドウェーブの時期です。

セカンドウェーブは限られた場所では無く、地球規模でやってきます。


次のサードウェーブに備えつつ、セカンドウェーブを乗り切るしか有りません。




関東・東北の皆様のご無事をお祈りいたしております。
常に自然と動物達の行動に目を配っていて下さい。
この様な時は彼らが一番安全な方法を知っている筈ですから・・・・・。







七曜 高耶

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/03/11 15:46 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(16)[記事編集]

七曜様、ご主人無事のようで良かったですね。
私も九州からテレビにて大惨事を心配しています。
ザシークレットの本をきっかけにこちらのブログを知り、七曜さんの予知夢を知り、今日の出来事。
思い込みかもしれませんが、意味がある気がしました。 これからも情報提供お願いします。
[ 2011/03/11 19:26 ] [ 編集 ]

私は今年1月23日に白昼夢とでも言うのでしょうか、面識のない日本人たちが洪水に押し流されてパニックになっているビジョンを見てしまい、うそなら良いのにと思っていました。でも起きてしまいました。

3日ほど前に関東の川の近くに住む家族に地震と水の害に気をつけるようにと連絡しました。今日のニュースを海外から見て電話を入れましたがつながらず私がパニックに陥ってしまい、数時間後に家族と話ができた時には涙でまともに話すことが出来ませんでした。

家族は準備が出来ていたから幸いだったといってくれてうれしかったです。

七曜高耶様の仰るとおり、このようなことが世界中に起きそうです。自分良しで、不満だらけで、単に生きているというような当たり前のことにも感謝できる人が少ない為に起こっているようです。

同時に、どうも人間はこの地球上での学びを終えたような気がしております。

富士山も心配です。

犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[ 2011/03/11 21:37 ] [ 編集 ]

ご主人が無事でよかったです。
僕の姉は仙台にいますが、今は小学校に避難してるらしいです。
大きな地震になりましたね。

日本はいつどこに地震が来てもおかしくないので、
日頃から意識しておいた方がいいですね。
[ 2011/03/12 08:20 ] [ 編集 ]

メルトダウン

少し前だったか、七曜さんがメルトダウンに気をつけて、と予知しておられました。
またNZの地震前も南半休で地面がぐにゃぐにゃになる、という予知をしておられました。
全て当たっています。
これから、どんな世になるのでしょう… 
何が見えておられるのか。
被災地はまるで地獄のようです。
遠くて行けないから、私に出来ること、被災者の方たちのために祈り、募金したいと思います。
[ 2011/03/13 18:25 ] [ 編集 ]

その後の報告ですが、
3月12日の晩には自宅に戻ることが出来たようですが、
家の中は家具が散乱し、水道、ガス、電気は全てストップしていて、
食事は鍋料理に使うガスコンロで温めて食べてるそうですが、
ガスボンベの方がもうすぐ足りなくなるみたいなので、近くの店に買いに行ったらしいのですがどこも売り切れになってるそうです。
こちらからは電話が全く繋がらなくて、メールも時々できる程度。
ケータイの充電は車のバッテリーを使ってなんとか出来てるみたいですが、
しばらく不便が続きそうですね。
テレビの映像とか観ているとなんだか悲しくなります。
運輸会社が東北方面への配達をストップしているので送る事も出来ず、
なんだか歯がゆいですね。
[ 2011/03/14 07:44 ] [ 編集 ]

もう、言葉がでません・・・

ご主人、無事で良かったですね。
ウチは愛知県なので、とりあえず無事ですが、東南海地震を思うと、人事ではありません・・・
ここ一週間ほど、異常な眠気と頭痛に悩まされていて、地震来るな・・・とは感じていたんですが、哀しいかな、私はそこまでしか感じられません。
家族を捜す人達の必死な姿をみると、胸がつまります。
今、出来ることは、亡くなった方のご冥福を祈り、残された方が「あの時死んでいれば良かった」と思う事がないように、出来ることをしていきたいです。
七曜さんの予知が、今後の災害の警告になる事を願っています。
[ 2011/03/14 09:36 ] [ 編集 ]

今日は
ニュージーランド地震のように類似した茨城県鹿嶋の浜に上がった鯨の件があったので地震来るのかなーと
考えていたところの大きな揺れでした。
今日がXデーだと覚悟しました。

我が家は千葉県で震度5強でしたが沿岸地域は津波の被害やらあります。

ご家族が怖い揺れに合う前にお帰りになられて良かったです。
まだまだ一時間に何度も余震?が来て
めまい なのか地震なのか分からないです。

千葉でもスーパーマーケットに人が押し寄せ品うすでして・・・
我先にと物を買いあさる皆様を見て、焦る気持ちは分かりますが若干引きました。

安全がある程度保障された地域では、みんなに均等に行き渡るように配慮する心が一人一人欠けているな・・・と感じるこの頃です。
[ 2011/03/14 16:48 ] [ 編集 ]

Re: かなぴろ。様へ

こんばんは、かなぴろ。様。

とても不安な中でのコメントを有難う御座いました。

かなぴろ。様、大丈夫ですか?ご家族様もお怪我は有りませんか?
磁場が今おかしくなっているのだと思います。
めまいや頭痛、吐き気が有り、尚且つそれが病気では無く、
直ぐに治まったりする様でしたら、大地からの信号である可能性が有りますので、
よく見極めて下さいませ。
耳鳴りにも注意を払って下さい。

どうか、ご無事でお過ごし下さい。

私もこちらから皆様の為にお祈りしております。

エネルギー的には少ないかもしれませんが、
少しでもお役に立つてたらと思っております。




七曜 高耶
[ 2011/03/14 19:44 ] [ 編集 ]

七曜様

ありがとうございます。

おや・・・私耳鳴りとめまいの持病があり、めまい診療に通院していました(治らないんです)
耳鳴りも 若い頃からある一定の場所を通ると毎度鳴ったりしていたので医者に、いつも同じ場所を通ると電波とか何か微細な波系の音がすると説明しても信用してもらえず・・・
人間にそれらの音は聞こえないはず!と言われましたが・・・

そういうお知らせがあるのでしたら
この耳鳴りも受け止められます。

(^^)お忙しい中いつもありがとうございます。


[ 2011/03/14 22:37 ] [ 編集 ]

あぶなく命を落とすところでした。

七曜さま、お久しぶりです。MITUKIです。
私は実は、岩手県釜石市在住でで3月11日の大地震に被災しました。幸い、家族と、なんとか家は無事でした。
その日、私は海の近くの市街地に出かけていました。ただ、その日はなぜか早く帰らなくてはという感じと、帰りの交通機関がスムーズに進み、早く帰ることができました。
それから間もなく自宅で大地震にみまわれました。私の家は沿岸からはやや離れていたため、津波の被害からはまぬがれましたが、家の中はぐちゃぐちゃで、壊れたところもありました。
海の近くはは瓦礫と泥の海です。長靴なしではあるけません。それでも今はまだましになりました。
直後はもっとひどい、津波で流された・・・これ以上は書きません。
もし、私が直感にしたがわず、あのまま市街地にいたら、確実に死んでいたでしょう。
それから、知り合いの猫たちが、大地震の少し前にすべて家を出て行ったという話を聞きました。
他の人は笑い飛ばしていましたが、私はどうもひっかかるところがあったのです。
そして、なんだか急き立てられるような感がずっとありました。
このことは、隠しコメントにしようかと思ったのですが、あえてこのままコメントします。
これからが大変ですが、生き抜こうと思います。
日に日に良くなっていくことを信じて・・・。


[ 2011/03/21 20:18 ] [ 編集 ]

Re: MITUKI様へ

こんばんは、MITUKI様。

お久しぶりです。

危機一髪だったのですね。
MITUKI様、そしてご家族様も本当にご無事で良かったです。
やはり、動物さん達には予知する能力が有りますので、
これから先も彼らを注意深く観察した方が良いかもしれませんね。

確か阪神大震災の時にも同じ様な行動を動物達がとり、
その行動に何かを感じた飼い主さんが震災から逃げ延びたと
言った話を聞いた事があります。


・・・・MITUKI様。これからも貴方の直感がものを言う事と思います。

どうか、大変な時期でしょうが、ご家族様の命を救う事が出来るのは
その直感と動物達の行動だと思いますので、何かを感じた時には直ぐ
動いて下さいませ。

どうぞ頑張って下さい。
私もこちらからお祈りさせて頂きます。

大変な中でのコメントを有難う御座いました。





七曜 高耶
[ 2011/03/21 22:24 ] [ 編集 ]

気になることが

七曜さま、先ほどはありがとうございました。前のコメントで何かを感じたときはすぐ動いてください、とあったため、書きます。

雨の日だけではなく、風に気をつけてください。強風のときはなおさらです。何かが飛んでいます。鳥が弱って地面に落ちているのを見ました。
目や口、鼻などの粘膜をきれいにしておくことを強くお勧めします。できれば、外出中はガードしてください。

私は、この大地震で直接は建物が人が流されていくところは見なかったのですが、その様はまるでア・・・のようだとなぜか鮮明に脳裏に浮かび恐ろしいです。

私自身、今日は頭痛と身体がぼうっと熱いのです。

また何か感じましたらご連絡します。
[ 2011/03/21 23:00 ] [ 編集 ]

大津波の避難について

今回の東日本大震災で岩手県釜石市で被災し、大津波の避難について私が知っている限りの事を、一人でも多くの人に知ってほしいので書きます。

大地震のあと津波が来たら、30分以内に逃げるようにと言われていますが、はっきりいってそれでは間に合いません。
実際、避難に遅れて多数の犠牲者が出ました。
津波警報を鳴らしながら津波にのまれて亡くなった方もいました。

大地震が来たら、台所、暖房などの火元を確実に止めて(火事の二次災害をできるだけ防ぐため)、すぐに高いところに逃げてください。

高いところと言っても、建物の2階3階の高さでは危険です。近くのショッピングセンターがその高さでも津波にのまれ、ほとんど鉄筋しかのこしませんでした。

そして、何があろうとも一歩も引き返さないでください。大津波は1度で終わるわけではありません。
1度津波が引き、周りが止める中「家の鍵をとってくる」と引き返して2度目の津波がきて戻ってこなかった人を実際知っています。

車に乗っていて大地震にあい海の近くの場合、誰もが急いで車で逃げようと考えます。
その結果、海の近くの道路では大渋滞が発生しました。そして、多くの車が津波にのまれました。

その時は、車を捨てて、自分の足で一歩でも高いところへ走って逃げてください。

車から離れて、高いところに走って逃げて間もなく、たくさんの車が道路ごと轟音をたてた真っ黒な津波にさらわれ、一晩かけ山道を歩いて町に戻り助かったという人もいました。

決して迷わないでください。頭で物質的な損得も考えないでください。本当に生死を分けます。

驚かしているようで申し訳ありません。ですが、事実です。














[ 2011/04/03 16:03 ] [ 編集 ]

MITUKIさんのコメントは危機迫る迫力がありますね。
実際の現場はそんな感じなんでしょうね。
僕の姉は仙台にいましたが、
そういう現場を目撃していないので本当に勉強になります。

一瞬の判断が生死を分ける状況にある。
これからも様々な大災害が予想されていますが、
その時にどれだけ冷静に行動できるのか、
それが大切になってくると思います。
貴重なお話をありがとうございます。
[ 2011/04/05 01:06 ] [ 編集 ]

4月7日 停電時

4月7日の夜、強い余震があった直後、岩手県の私の所在地では停電になり、4月9日の今日復旧しました。
3月11日の東日本大震災では、ライフラインが寸断され、こちらでは電気が使えない状態がしばらく続きました。同じ市でも場所によってはライフラインが回復に至らないどころが、住む家もないところもあります。

停電時は照明もテレビも何も使えません。
携帯電話も使えなくなる場合があります。実際、大震災から間もない日は懐中電灯代わりにしか使えませんました。

停電時に備えて絶対に準備しておいたほうがよいものは、携帯ラジオ(できれば手巻きで充電できる物)、乾電池、懐中電灯、ろうそく、点火するもの(チャッカマン、ライター、マッチなど)です。

真っ暗な中全く音も光もない、しかもあの大震災の直後の暗闇の恐怖は言葉では表せません。
携帯ラジオがあると精神的にかなり救われます。

ろうそくは30年前のものでも使えました。なお、ろうそくより高さのある底が安定したガラスの容器に入れて使うと安全です。

また、4月7日の強い余震の一週間ほど前からかなりの精神不安定、2日前にはそれに加えて、身体の浮遊感とめまいがし、当日に至っては寝込んでいました。
ただ具合が悪いだけだと思っていましたが、その時は判断力と思考力が欠けていて気づく事ができませんでした。

今にして考えてみると、どこかで地震が来る事がわかっていたのでは、と思います。







[ 2011/04/09 19:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/04/09 19:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/512-68394221