FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














米DARPA「最初に再生能力を得る人々は兵士」と 2019年2月に視た夢


こんにちは、七曜高耶です。

またまた更新が遅くなりました。


スプトーニクの記事は2月14日の古いものですが、
七曜もこれとよく似た夢を視ましたので記事にしようと思います。

まずは以下スプトーニクの記事をご覧ください。


米DARPA「最初に再生能力を得る人々は兵士」

© Depositphotos / Ktsdesign

テック&サイエンス
2019年02月14日 22:44短縮 URL

https://jp.sputniknews.com/science/201902145923591/



米国防高等研究計画局 (DARPA)が、新たなプログラム「組織再生のための生体電子工学(BETR)」を立ち上げる。その目的は、未来の兵士が火傷や創傷を負った際、最大限に迅速で円滑な治癒を達成することだという。


スプートニク日本

DARPAでは、バイオセンサーと人工知能(AI)を製造する分野における成果について、組織再生を促進させるために利用できると確信しているほか、研究者らに対して困難な課題と手厚い資金提供を提案している。



ロシアで「未来の兵士」のパワードスーツがお披露目される
© 写真: Press service of Rostec

ロシアで「未来の兵士」のパワードスーツがお披露目される
DARPAは、治癒の進展を追跡し、組織や器官の回復をリアルタイムで刺激することができる新たな生体電子工学の開発に参加する用意がある人材を探している。DARPAのウェブサイトでは、申請の正式な受け付けが3月1日から始まると発表されている。

4年間にわたって実施されるBETRの最高責任者を務めるポール・シーハン氏は、「創傷は生きた環境であり、細胞と組織がコミュニケーションをとって修復を試みるにつれ、その状態は急速に変化する」として、「理想的な治療法とは、創傷の状態におけるこれらの変化に対して検知や処理、反応を行い、回復を修正し促進させるために介入するものだ。例えば、免疫反応を調節したり、創傷に対して必要な細胞のタイプを新たに集めたり、治癒を促進させるため幹細胞がどのように分化するべきか指示したりするといった介入を我々は予想している」と語っている。

関連ニュース

米国が開発を急ぐ超軍人「スーパーソルジャー」 ロボットなのか人間なのか? 専門家の見解




七曜が視た夢ですが、DARPAが現在開発している「再生能力」と言うよりは、
人間と機械の融合がその再生能力へ繋がるといった感じでした。

大体が「アレ」が人間だったのかどうかもわかりません。

「アレ」を例えて言うならば映画「ターミネーター」に近い感じもします。

「血液」というものがが無かったですので・・・・・。

身近にあるものでしか例えれませんがゴム・・・・の様なものが皮膚として
有り、その中に機械・・・・の様なものが有り、でも見た目は人間でした。

きちんと思考はある兵士の夢でしたので、これはかなりDARPの研究に近いかも。

ただ、その兵士と共に普通の人間の兵士も混ざっていたのを覚えています。


何だか変な夢でしたが、この記事を読む限り近い未来には実現する可能性も有りそうですね。






七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/02/21 09:40 ]Posted by七曜高耶 | 2019年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/3418-ce57bee1