FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














伊方原発、運転容認=差し止め仮処分取り消し―火砕流リスク争点

こんにちは、七曜高耶です。


つい最近の9月10日の夢日記内において、「伊方原発」が含まれる内容を書いたばかりなのだが、
本日25日に「伊方原発、運転容認」の記事が出されていて困惑した。

以下は9月10日の夢記事になる。


2018年9月10日に視た夢。

2018年9月10日に視た夢は、「伊予灘」(瀬戸内海西部)「地震」。


場所的に検索してみた結果、「伊予灘」と書くのが正しいのか「瀬戸内海西部」と
書くのが正しいのかの判断が出来ないのだが、
夢で視た場所は上関原発と伊方原発のほぼ中心の辺りで地震が起きると言う内容
の夢だった。



前回は、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)が
巨大噴火を起こす可能性を孕んでいる事に重きをおいての仮処分だったのだが、

25日本日付で広島高裁(三木昌之裁判長)は、四国電の異議を認めて同決定を取り消した。

阿蘇カルデラで約9万年前に起きた過去最大規模の噴火を懸念した火砕流についての論争は
非常に重要であるが、噴火する前に或る程度の地震も起きるだろうし、
ピンポイントで大きな地震が七曜の視た場所で起きてしまった時、どの様な対処をするのだろうか?

四国電力はどこまで責任がとれるのか?

中央構造線上にも近い場所でハイリスク運転をしても安全なのだろうか?



伊方原発、運転容認=差し止め仮処分取り消し―火砕流リスク争点・広島高裁
9/25(火) 13:40配信

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000051-jij-soci




 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた広島高裁の仮処分決定について、広島高裁(三木昌之裁判長)は25日、四国電の異議を認めて同決定を取り消した。

 
 伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)が巨大噴火を起こす可能性を、どう評価するかが最大の争点だった。

 同高裁の別の裁判長は2017年12月、阿蘇カルデラで約9万年前に起きた過去最大規模の噴火を検討。「火砕流が敷地に到達した可能性は小さいと言えず、原発の立地は認められない」として、今月末までの運転を禁じた。

 東京電力福島第1原発事故後、高裁段階で原発の運転差し止めを命じた司法判断は初めてで、四国電が保全異議を申し立てていた。



福島原発の二の舞にならなければ良いのだが・・・・・・。










七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
自然災害ランキング

関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/09/25 13:48 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

時限爆弾

原発は日本列島破壊の為の時限爆弾。
政府はその為にマツリゴトを行って来た。
だから一般庶民を無視し続けて来たのだ。
カネだけの為の政治をし続けて来たのだ。
[ 2018/09/27 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/3350-a38251cf