FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














UFOとマイクロウェーブの関係は?

多発するUFOと地震・気象兵器「HAARP」との関係はあるのか??





ここ最近多発するUFOの裏に、<レッドライト計画>の様な存在がある様に
感じる。

レッドライト計画の実験中心地はネバダ州グルームレイク


其処は「エリア51」と呼ばれ、軍の最重要秘密兵器実験

行なっていた場所であると言われている。

この土地は、用途実験内容によって区分けされており、レッドライト計画

「S-4」と呼ばれる地区で、プラズマ兵器の開発と研究、そして実験

行なわれているそうだ。


エリア51の地下には施設が存在し、

そこに巨大なマイクロウェーブ発生装置がいくつか設置されている。

その上部はドーム状になっており、そこが地上に出ている。


大型プラズマ兵器の実験では、

これらのマイクロウェーブ発生装置のうち、基本的には3基が作動。

精密な計算とコントロールで「エリア51の上空の一点にマイクロウェーブを打ち込む」

と、その空間の原子がバラバラになり、

突如として暗闇に燦然と光るプラズマが出現する事になる。







感覚的にはこのSPIRALも同じ原理ではないのだろうか・・・・・?


マイクロウェーブの「交差ポイントを変えれば、プラズマも同じく移動方向を変える」

事が出来るはずである。

まさしく、UFOのホログラフの完成である。


「ナショナルジオグラッフィック」においても、

アメリカ軍が既にそのホログラムを兵器として完成している可能性が高いとしている。

フェニックスライトもその一つとして

人間の感覚を狂わせ、あたかも其処に存在したかの様に視せている

可能性が高い様だ。

私達は知らず知らずに目に見えない電磁波に毒されている可能性も否めない。



「アセンション」と言う触れ込みもかなり危険に感じる。

洗脳するには、下準備を施せば施す程、ホログラム兵器だけで簡単に信じ込ます事が出来る上、

無気力化も可能のはず。

さて、その裏で暗躍し存在するものは一体何者なのか・・・・・。



そして、各地で見られる「地震・気象兵器HAARP」現象。

これは、ある消息筋からの確かな情報だが、HAARPは本物らしい・・・・。



HAARPは送信機の様なものだとか言われているので、

日本・オーストラリアでも起きたスパイラル現象を起こした受信機みたいなものが、

其処にあったりするのかもしれない。

出現場所が似通っている様に思えるからである。

我々の目を、一体何から逸らせたいのだろうか?





七曜 高耶



余談ではあるが、

この電磁波、生命体に向って照射された場合

脳の働きを低下させ鬱状態にしたり、吐き気、心拍や血圧を変化させる働きがあると言われている。




非殺戮兵器であり、人々が待ち望む「核」無き時代がやってくるのだろう・・・・。

「核」で地球全体を汚染するより、綺麗なままで手に入れると言う事なのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/08/06 14:36 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(4)[記事編集]

面白い説ですね

 何か大きな物の変化の為に、大きな偽りの事件でそれを隠そうとする。
 それは恐らく有害太陽フレアや、ポールシィフトでしょうか?
[ 2010/08/06 18:08 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/06 20:41 ] [ 編集 ]

まだまだ暑いですねー

>その裏で暗躍し存在するものは一体何者なのか・・・・・。

軍産複合体、ユダ屋金融資本ではありませんか。
アメリカ、CIA、オバマ(母親がユダ屋人)もその関係者ですね。

今回の墨西哥湾の原油流出にしても
「環境破壊テロ」の可能性は大有りだと言われて私もそう思います。
4月の1日にオバマが「原油掘削の解禁」を出してから
4月の20日には事故が起きているのも不自然です。

三井はBP社からに10%(数字が違うかも)の発掘権を得ていた。
しかし損害保険に入っていたので今回の大惨事にはあまり
損害を出さずに済んだそうです。

そういったことから「テロ」だと言いますが、
「恫喝行為をした」のではないでしょうか。
三井に「資金」の調達をむしんしたが「断られた」から。

私の明晰夢やサードアイのように「論拠・確証」はありません。
世界権力の意図がただ繋がって見えてくるだけです。
[ 2010/08/07 18:21 ] [ 編集 ]

Re: ぐら様へ

こんばんは、ぐら様。

本当に毎日暑いですよね。

こうなると冬が少し恋しいです。

私、冬生まれですから尚更かな(笑)



> 軍産複合体、ユダ屋金融資本ではありませんか。
> アメリカ、CIA、オバマ(母親がユダ屋人)もその関係者ですね。


確かにそうですね。
そう言われれば・・・・・すっかり忘れてました(笑)


> 今回の墨西哥湾の原油流出にしても
> 「環境破壊テロ」の可能性は大有りだと言われて私もそう思います。
> 4月の1日にオバマが「原油掘削の解禁」を出してから
> 4月の20日には事故が起きているのも不自然です。
>
> 三井はBP社からに10%(数字が違うかも)の発掘権を得ていた。
> しかし損害保険に入っていたので今回の大惨事にはあまり
> 損害を出さずに済んだそうです。
>
> そういったことから「テロ」だと言いますが、
> 「恫喝行為をした」のではないでしょうか。
> 三井に「資金」の調達をむしんしたが「断られた」から。
>
> 私の明晰夢やサードアイのように「論拠・確証」はありません。
> 世界権力の意図がただ繋がって見えてくるだけです。



ぐら様。サラッと言っていますが、それは凄い事ですよ!

それを生かして色々と教えて頂ければ有難いです。
私も知りたい事が沢山有りますけど、知らない事の方が多すぎる上に情報が
少ないですので、

ぐら様の御意見等や知識をお教え下さいませ。


どうぞ、宜しくお願い致します。



七曜 高耶

[ 2010/08/07 19:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/317-58d0c15c