FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














リトアニア保健相「貧乏人は殺してしまえ」!?安楽死は、貧困層向けの安上がりな選択方法

本日二つ目の記事は「安楽死」についての記事になります。

現代の「安楽死」は、主に人間を中心にした「動物」への処分が殆どになりますが、人間についての「安楽死」は以下の国では認められている様です。

スイス- 1942年
アメリカ(オレゴン州) - 1994年「尊厳死法 (Death with Dignity Act)」成立
オランダ- 2001年「安楽死法」可決。
ベルギー- 2002年「安楽死法」可決。
ルクセンブルク- 2008年「安楽死法」可決。
アメリカ(ワシントン州) - 2009年


非常に難しい問題の「安楽死」。

「自殺ほう助」になるのではと言われるこの問題ですが、文明社会が生み出した「暗闇」とでも言えるかもしれません。

今回、リトアニア保健相の言う「貧乏人は殺してしまえ」は、「安楽死」と言うよりも、国内に溢れる貧困層を国のお荷物と考えての発言に近いのではないかと思います。

生きている限り、支援も必要でしょうし、貧困の為病気の蔓延や治安も損なわれるでしょう。

そして、確かに「ただ悶え苦しむだけの余生で親類縁者に迷惑をかけることを望まないひとたち」も存在するのでしょうが、それが「貧乏人は殺してしまえ」には結びつく事は無い筈です。

もし、本当にリトアニア保健相の方が仰られたのであれば、それは即ち「NWO」と同じ考えの持ち主と言うことになるのではないでしょうか?

しかし、殺さずとも死んでくれるのならば今よりももっと早いスピードで人口を減らしていく事が出来ますし、お互いがお互いを食べる時代が来なくて済むでしょう。

今のこの日本でも、その内オランダの様な「安楽死専門クリニック」が開業されるかもしれないですね。 



ところで、わが国日本でもリトアニア保健相の様な発言をした方がいらっしゃったのを皆様は知っておられましたか?

財務相麻生太郎氏は過去

「さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」

と、高齢者医療で発言した事や、当時首相官邸で開かれた社会保障制度改革国民会議で、終末期医療の患者を「チューブの人間」と表現し、「私はそういう必要はない、さっさと死ぬんだからと(遺書を)書いて渡してある」と答えました。

今は財務省ですから無料で「安楽死専門クリニック」、考えているかもしれませんね。

因みに、2002年に安楽死法が施行されたオランダでは、安楽死数は2006年に約1900人でしたが、2012年には約4200人までに増えているそうです。
これは同国の年間死亡者数の3%にも上る数になるそうです。



色々な意味で「魂」と「肉体」の苦しみから逃れたい・・・・。そう思うその気持ち。
判らない訳ではないですが、本当にこの地球は地獄の様な場所なのかもしれないと、つくづく感じてしまいました。


リトアニア保健相「貧乏人は殺してしまえ」


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_24/280400655/


貧困 © Photo: Flickr.com/ James Clear/cc-by-nc-sa 3.0


貧しくて医療さえ受けられぬ貧乏人の取りうるひとつの選択肢として安楽死があり得る。7月にリトアニア保健相に就任したリマンテ・シャラシャヴャチュテ氏がこう述べた。


同氏は就任後早速、安楽死の合法化をめぐる議論を喚起し、メディアの取材では、緩和療法が万人に与えられるような社会国家ではない、「ただ悶え苦しむだけの余生で親類縁者に迷惑をかけることを望まないひとたち」には安楽死もあってよいのでは、と述べている。また保健相は、「小児安楽死」問題も提起した。ベルギーの子供たちにはすでにそうした「権利」が与えられている、と保健相。



Mirtesen.ru



※ ビワの自然療法がオススメです!!





七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います。


オカルト ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/11/25 11:54 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/2362-11c3f194