FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














ロシアがエボラウイルス使用の生物兵器開発断念?


ロシアがエボラウイルス使用の生物兵器開発、断念か 米紙報道



 米紙ワシントン・ポスト電子版は24日、旧ソ連とその後のロシアがエボラ出血熱のウイルスを生物兵器として利用できないかなどについて35年間にわたって研究していたと報じた。

 米研究者らの話を基にしている。最終的に生物兵器には不向きだと判断、研究は終了したという。

 研究中に針が防護用の手袋を突き刺すなどの事故で1996年と2004年に、それぞれ1人がエボラ熱に感染し死亡したこともあったとされる。(共同)


ここから先は【WIKI】より一部転載:

CDCは1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。健康に関する信頼できる情報の提供と、健康の増進が主目的である。結核など脅威となる疾病には国内外を問わず駆けつけ、調査・対策を講じる上で主導的な役割を果たしている。極端に致死率の高いバイオハザードレベル4(BL-4)に対応できるのは、レベル4実験室(P4、BSL-4、PC4、MCLなどとも呼ばれる)だけで、CDCにあるものがそのひとつである。エボラウイルスなど、危険なウイルスへの対策については、世界中がCDCに依存している。また、危険なウイルスの保存もしており、撲滅が確認された天然痘ウイルスを保存しているのは、公式に保管されているのはここCDCとロシア国立ウイルス学・バイオテクノロジー研究センターだけである。
と、言う様に米紙報道で書かれている「ロシア」だけが保管している訳では無い。

しかも致死率の高いバイオレベル4を公式に保管しているのはCDCとて同じことなのだ。
嘘の多い世界警察米国が報道すること自体間違っている。

因縁をつけては一般人諸共爆撃している米国が何を言っているのか・・・・・・。

どうにかして世界を味方につけたいと考えているのだろうが、これはかえって逆効果ではないだろうか?

何をそんなに焦っているのか??
焦る理由は何なのか??


今、この様な報道をするには何かしらの意図があるのだろう。

自国にエボラが蔓延した際につくる「仮想の敵」にしたいのだろうか?

WTC・イラク・ウクライナ・サウジ・・・・挙げれば切が無い位に出てくる嘘の数々。
そして、北日本大震災も同じくだ。

いつまでこれを続ける気なのだろうか?


因みに余談ではあるが、国連が公式発表をした10月1日から60日間のエボラとの戦いはどうなったのだろうか?
これを過ぎると人類はエボラに完全に敗北をすると言っていたが、残すところ僅か1ヶ月と3日と迫って来ている。

その後の情報を知りたいところだ・・・・。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います!


科学 ブログランキングへ

関連記事
[ 2014/10/27 06:43 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/2316-37e4db88