FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














ミズダコなのに足10本・・・・。主な生息地は北海道と東北だった。

ミズダコなのに足10本。

原発事故前ならば突然変異と思われるこのニュースなのだが、このミズタコの生息地を調べてみると、そうも思えないのがこのニュースだった。

このミズダコの主な生息地が北海道と東北だったからだ。

こう言ったニュースは今年に入って時々出ている。
それはまるで、この様な事を徐々に刷り込み、「普通」な事として洗脳して行く為にも思えてくるほど。

勿論、全てが全てそうでないにしても何かしらの影響が海の生物達にも出て来ている筈。
この地球を汚染し、生態系を狂わせている張本人は私達人間だ。

一度狂ってしまったものを正常に戻す事は難しい・・・・・。


ミズダコなのに足10本 香住漁港で水揚げ


http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201409/0007364155.shtml




 足が10本もあるミズダコが25日、兵庫県香美町香住区の香住漁港で水揚げされ、漁業や水産関係者を驚かせた。同町同区香住の海産物販売店「かに市場」が競り落とし、生きたまま展示している。

 ミズダコは重さ約20キロ、全長1メートル25センチの大型で、但馬漁協香住本所所属の沖合底引き網漁船「栄進丸」が捕獲した。城崎マリンワールド(豊岡市)の高田厚志学芸員は「タコなどは足が切れた際に再生するが、何らかの理由で分かれてしまったのだろう」と推測する。

 かに市場の山田直弘店長は漁業や海産物販売などに35年間かかわっているが、「9本足は見たことがあるが、10本は初めて」と話し、この日同店を訪れた観光客らも珍しそうに携帯電話などで撮影していた。同店では28日まで展示する予定という。同店TEL0796・36・1500

(小日向務)


珍しいからといって唯喜んでいて果たして良いのだろうか??

「何らかの理由で分かれてしまったのだろう」と推測されてはいるが、原因は判っていない。
それが怖いところだ。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援宜しく御願い致します。有難う御座います!



学問・科学 ブログランキングへ

関連記事
[ 2014/09/26 11:59 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/2248-ffe52274