FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














コンゴで出血性胃腸炎流行、70人死亡 WHO「エボラ熱ではない」

タイミングがタイミングだけにエボラ出血熱ではないと言われても、非常に気味の悪いニュースである。

確かに「エボラ出血熱」が猛威を振るう「リベリア」からは離れてはいる。
だが、過去に「エボラ出血熱」が流行した場所なだけに、現地に不安はあるのではないだろうか?


しかも、感染し、死亡した方々の中には5人の医療従事者がいる。
巷では「エボラ出血熱」が変異したのではとも噂もあるのだが、それが真実かどうかは判らない。
先の記事にも書いたように、

エボラは、ホストの外日間生存する事が可能なウイルスだ。

カナダの公衆衛生局の答えでは、

SURVIVAL外部ホスト:ウイルスは数日間液体または乾燥した物質の中で生き残ることができます。
感染性は凍結乾燥によって数日間保存することができる、室温又は4℃で安定であり、-70感染で無期限に安定であることが見出されている。


とされている。

安定室温でなくとも十分に生存可能な訳であるからして、離れていても疑わしい。
ウイルスは日々進化をしている。
空気中を浮遊している間に別物に進化していてもおかしくない様にも思えるのだが・・・・・。


コンゴで出血性胃腸炎流行、70人死亡 WHO「エボラ熱ではない」

2014.8.22 07:58

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140822/bdy14082207580001-n1.htm


 世界保健機関(WHO)は21日、コンゴ(旧ザイール)北部で出血性胃腸炎が流行し、592人が感染、少なくとも70人が死亡したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 コンゴ北部では過去にエボラ出血熱が発生。政府はエボラ出血熱の可能性を疑い、保健相や専門家チームを現地に派遣していた。

 WHOの報道担当者は病原となるウイルスなどは特定していないが「エボラ熱ではない」と否定。WHOの報告書によると、死者のうち5人は医療従事者だという。

 エボラ熱の致死率は25~90%に達するが、今回のコンゴでの胃腸炎は約12%にとどまっている。(共同)





エボラ出血熱が広まるアフリカで病原不明の新たな出血性胃腸炎が大流行
2014年08月23日11時40分

http://news.livedoor.com/article/detail/9175946/


アフリカで感染症流行異変  エボラ出血熱に続き今度は出血性胃腸炎が出現


エボラ出血熱が猛威を振るうアフリカで、今度は中央アフリカのコンゴ民主共和国で病原を特定できていない出血性胃腸炎が大流行している。

さらに、ガーナでは現在コレラがパンデミック(大流行)の状況にある。3つの感染症が同時流行していることに関連性はあるのだろうか。


出血性胃腸炎で70人、コレラで40人以上が死亡


世界保健機構(WHO)によると、エボラ出血熱は西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に感染が拡大し、2014年8月13日までに死者数が1100人、感染者数が2100人を超えているという。

アフリカではこれとは別の異変が起きている。コンゴでは出血性胃腸炎に592人が感染し、少なくとも70人が死亡した。21日にロイター通信が伝えたところによると、5人の医療関係者も死亡者に含まれている。原因となるウイルスなどは特定できず、コンゴ政府とWHOは専門家を派遣して調査を進める。

症状は嘔吐や下痢、内出血を起こすなど、エボラ出血熱とよく似ている。当初は、エボラ出血熱ではないかとして専門家を派遣したが、WHOの報道担当者は「エボラ出血熱ではない」と否定した。

もう一つはコレラの流行。AFP通信によると、ガーナの首都アクラでは6月以降で3100人以上が感染し、そのうち40人以上が命を落とした。コレラも下痢などで脱水症状を起こし、最悪の場合は死に至る。

過去にもコレラが発生したことはあったが、保健当局は今回の流行を「驚異的だ」として、すでにパンデミックの状況だと語っている。

なぜ、各地で感染症が同時流行しているのか。嘔吐や下痢など症状は似ているが関連性はあるのだろうか。



日本での感染拡大、「まずない」



関西福祉大学の勝田吉彰教授は「3つの感染症の関連性は考えにくい」と否定した。エボラ出血熱は感染者の血など体液を介して拡大するが、今回の胃腸炎やコレラは食中毒など経口での感染が中心となるためだ。

春から夏にかけて感染が拡大した時期が重なったことについては、

「胃腸炎やコレラは湿気の多い雨期に起こりやすいものです。エボラ出血熱は感染源とされるコウモリの生態など分かっていないところもありますが、同時期に起こった関連性は低いと思います」

とした。

心配は日本での感染拡大だが、「まずないと思います」と言う。日本では感染症法に基づいて、強制的に入院させられるなど感染症ごとに措置が取られることになっている。そのため、仮に感染者が出たとしても、アフリカで起きているような大流行は起こりにくいそうだ。

しかし、「エボラ出血熱が片付いたからといって油断はできません」と指摘する。「アフリカは衛生上の問題から感染症が起こることが多く、平時でも注意が必要です」と警告している。


病原不明って・・・・・何だ??




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。






応援クリック有難う御座います!!



学問・科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/08/24 10:10 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/2173-0be8f444