FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














予言者「ジョセフ・ティティル」氏が視たエリザベス女王に関する事件と七曜の夢

ブロともの「徒然なるままに思う事」の管理人であるyoshi様からの情報で、今回の記事を書かせて頂きました。
yoshi様、有難う御座います!!

先月2014年5月13日に視た夢の書き忘れ分として、「エリザベス女王」に関する夢記事を書きましたが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2056.html

あの、予言者「ジョセフ・ティティル」氏も彼女に関して書いていた様です。

彼の場合、より詳しく書かれており、以下の転載記事を読んで下さると判るように、英国エリザベス女王に関しての予言が二つあります。

番号は22番と43番です。

時系列なのかどうかは判らないのですが、その二つには女王の未来が書かれています。



22.英国王室に危険が迫っていることを強く感じる。ロイヤルファミリー全員だが英国女王が一番危険だ。
法改正や同性婚問題で王室に憎しみを保つ一般人。スナイパーライフルが瞑想で浮かんだ。
暗殺の試みは女王が特別なお祝いの際に、民衆にバルコニーから手を振っている時に起きる可能性が高い。



22. I have a strong feeling that the royal family is in great danger. I believe they have been in danger for some time but it seems that the level of danger has increased now and will continue to rise for this family. Just as I believe Princess Diana was murdered and there were many cover-ups in the process. Eventually more about this will finally come to the public's eye. I believe the entire royal family could be threatened but certainly the queen would be in most danger. I believe a citizen will be overtaken with anger and hatred toward the royal family most likely because they are not at all happy with some new laws that have and may have in the future come to light. This person may also hold hatred toward the Queen because of her views on gays and gay marriage. I also kept seeing what looked like to me as someone who looked like a sniper with a sharp shooting rifle and scope. I believe, like in any situation, that if we all were to focus on sending love and a protective shield around the queen and the royal family, it would be helpful. We are strong beings of light and have the power to do many things we have yet to discover. There may also most likely be an assassination attempt on the Queen and this may occur while she is out on a balcony waving to the people during a special celebration. I certainly do not see the queen in power all that much longer. Long live the Queen….



43. 英国女王の寿命がこの地球上で終わりを告げようとしているのを感じます。病気の恐れ
彼女はその後も、他のどの指導者より多くの時間のために制御されてきました。
彼女(英国女王)は物理的な危険にあることに加えて、おそらく肺炎やインフルエンザの重症例で終わるかもしれません。



43. Going back to Queen Elizabeth. I really feel that her time on this planet with us is about to come to a close. As the planets energy shifts there will be need for new leaders and new things and she has been in control for more time then any other leader. Besides her being in physical danger I see her falling ill and possibly ending up with a severe case of pneumonia or the flu. This is suppose to be held from the public but ends up leaking out anyway. Many things leak out in 2014 including more things around the Queen, her family and the castle.


一つ目は女王の暗殺に関してですね。

もし、これが枝分かれした未来の一つならば暗殺未遂で終わりを告げますが、時系列ならば暗殺されてしまう可能性が有ります。
同じく43番目の予言も22番目が未遂で終わったとしても女王の命が終わる可能性がある事を示唆しています。

ですが、これは今年の予言であり、今年にこれらの事象が起きるとは書かれていませんからどうなるのかはまだ判りません。
どちらにしても、「神のみぞ知る」事になりそうです。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。






人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/06/30 12:00 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

【ノストラダムス予言集 1巻の26】

その大物に、太陽の明るい時、落ちた雷

使者による要請、凶事の予告

ノクターンの時間に落ちた、次の前兆

リマ、ロンドレス、エトルスケ、ペスト患者



これは、アメリカのリンカーンとケネディ両大統領暗殺を、ともに予言したものとして有名な詩です。

ケネディ大統領は白昼(太陽の明るい時)、衆人の目の前で狙撃され、リンカーンは夜(ノクターンの時間)に狙撃されています。

しかしそれだけでこの予言は終わりません。

「リマ」はペルーの首都で、フジモリ元大統領がクーデターにより解任された事実に符合しますし、「ロンドレス」も、インドのガンジー元首相がロングドレスの女に暗殺された事を指しています。


しかしこの「ロンドレス」を「ロンドン」だと解釈すれば、「次の人」はエリザベス女王の可能性があります。

「女王が特別なお祝いの際に、民衆にバルコニーから手を振っている時」とは、恐らくエリザベス女王の誕生日か何かでしょうが、女王が夜にバルコニーから民衆に手を振るのはあまり考えられません。

従って時間帯は、必然的に「日中=太陽の明るい時」となるはずです。

「凶事の予告」とは、犯行予告が出される事。

そのためイギリス政府および首相から、バルコニーに立つのは危険であるから自重するようにと「使者による要請」が女王になされますが、女王はこれを聞き入れず、事件が発生してしまうのでしょうか。







[ 2014/07/01 03:47 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

> 【ノストラダムス予言集 1巻の26】
>
> その大物に、太陽の明るい時、落ちた雷
おはようございます、yoshi様。


預言詩の情報を有難う御座います!!


> 使者による要請、凶事の予告
>
> ノクターンの時間に落ちた、次の前兆
>
> リマ、ロンドレス、エトルスケ、ペスト患者





こういったノストラダムスの預言詩の解釈は、かなりの時間をかけての知識がないと難しいですね。
私にはやはり難しいです。


彼の性格や知識、そして天文学の学識がないと、普通に読むだけでは何を書いているのかが判らないでしょう。
yoshi様がこうして解釈して下さると本当に助かります。

更にこの先、未来に何が起きるのかを本当に知りたいと思っています。






七曜 高耶
[ 2014/07/01 08:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/2067-f152e378