FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














日本列島を縦断する「フォッサマグナ」に異変が起こっている!?

本日3記事目になります記事は、「フォッサマグナ」についてです。


2014年1月2日に視た夢記事

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1769.html

と、

2014年1月11日の記事

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1782.html


にも書きましたが、「フォッサマグナ」に今異変が起こっているらしい・・・という記事が出ている様です。
最近の地震をみると判りますが、結構頻繁に小さな地震も起きていますし、さもありなんな状態です。

七曜の記事を読んで下さると解る様に、「微振動」が曲者なのです。


いきなりパカッと分断される事は無いでしょうが、近辺にお住まいの方は注意・警戒はしておいて下さい。

併せて、西日本。特に愛媛・広島、そして北九州もお気を付け頂きたいと思います。



日本列島を縦断する「フォッサマグナ」に異変が起こっている

週プレNEWS 4月28日(月)16時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140428-00029606-playboyz-soci


今、日本列島の「フォッサマグナ」に異変が起こっている。

ラテン語で“大きな谷”を意味するフォッサマグナ。日本列島の真ん中――東京・千葉・埼玉・群馬・新潟・長野・山梨・静岡・神奈川――にまたがった、東北日本と西南日本との境目とされる「地溝帯」のことだ。

富士山や浅間山、関東山地など2000~3000m級の高山が集合しているこのエリアは、おそらく2500万年以前には太平洋側から大きな入り江というか谷(地溝帯)ができていたと推測される。

しかし、約70万年前頃からはフィリピン海プレートの沈み込みで富士火山帯などの運動が強まり、いくつもの活火山が成長し始めた。同時に東西の古い山岳地帯から運ばれた土砂が堆積し、高度を増していった。

そのため見た目は今のような高山地域に変わったが、基本的にその下には深さ5~10kmの大峡谷地形が存在しており、地中には今も大量の水が潜んでいる。

そして“何かの拍子”にフォッサマグナの地殻内部で圧力が強まれば、閉じ込められた水が火山マグマと同じく地殻を破壊し、地震やスロースリップを引き起こし、場合によっては地表へ噴出する。そうした特殊な地殻構造を持つ一帯、それがフォッサマグナなのだ。

道路脇の斜面に亀裂が見つかり、現在、片側通行で対応している上信越自動車道、佐久IC~碓氷軽井沢IC間も、まさにこのフォッサマグナの上に位置している。

また、フォッサマグナに接した海域でも異変は起こっている。海洋生物の生態と異常行動の研究を続けている海洋生態学者の辻維周(まさちか)氏は、こう断言する。

「その出現が地震予知につながる海洋生物といえば、ユウレイイカ、リュウグウノツカイ、サケガシラ、カグラザメなどですが、これらすべてが、今年1月から現在にかけて、日本海、太平洋、南・東シナ海沿岸に大量浮上しています。これは過去に例を見ない現象です。

東日本大震災の数年前からも、太平洋沿岸部ではイルカや中型クジラなどが海岸へ乗り上げる迷走行動が相次ぎました。今年4月初めには石垣島と西表島の中間に広がる浅海にまで、巨大なザトウクジラが迷い込んできました。これは環太平洋全域で海底地殻変動が本格化している証拠だとしか思えません。

なかでもフォッサマグナに接した日本海側の佐渡や富山湾などで、続々とダイオウイカが浮上している現象は、この地域での異変の前兆を示しているのではないでしょうか」



そして富士山。東日本大震災直後の11年3月15日、富士山の南西山麓直下でM6.4の地震が起こったが、その際、東側の忍野八海や西側の富士宮市内などで地下水量が激増。富士宮市内では至る所でわき水が道路から噴き出す現象が見られた。

ところが昨年は一転、河口湖では水量の異常低下が見られ、湖の浮島に建てられた六角堂が地続きとなった。それが今年は再び水位が戻ってきているのだ。

日本海側から富士山まで、フォッサマグナ上で発生している異変。問題は、地殻内部に圧力をかけた“何かの拍子”の正体だ。琉球大学名誉教授の木村政昭博士が推測する。

「日本列島の場合、それは3つの要素が考えられます。まず最も大きな力をもつのが、伊豆諸島方面から本州の中心部へ潜り込む“フィリピン海プレート”の運動でしょう。

ふたつ目は九州有明海~四国~紀伊半島~愛知~フォッサマグナを横切って九十九里方面へ抜ける大活断層“中央構造線”の運動。さらに私はもうひとつ、四国~淡路~琵琶湖~富山湾~佐渡方面へ抜ける“日本列島断層”の運動を考えています。

そしてこれら3つの要素が3・11をきっかけに足並みをそろえて強まり、フォッサマグナ地域の異変に影響を与え始めていると考えられます。特にフィリピン海プレート運動の活発化は、小笠原海域の海底地震と火山活動を見ても一目瞭然です」(木村博士)

今、日本列島を二分する一帯で、静かに、しかし確実に地殻変動が発生しているのは間違いない。

(取材/有賀 訓)








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/30 17:46 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

呼ばれております

こちらのサイト、日本の地質構造がわかりやすく説明されております。
○日本列島形成 http://www.geocities.jp/t_shimizu2003/earth_histry_4_1_m.html


今年に入って四国の中央構造線上に呼ばれるように出かける機会がありました。
○砥部衝上断層 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E4%B8%8A%E6%96%AD%E5%B1%A4


四国カルストや久万高原、仁淀川のあたりもお呼びが来てます。

[ 2014/04/30 19:08 ] [ 編集 ]

Re: ゆい様へ

おはようございます、ゆい様。



情報を有難う御座います!!

お呼びがかかっているとは一体??
お仕事ですか?それとも霊的な何かですか?


今、日本は色々とピンチな状態でして、地震のみならずこれからの安倍総理の動き一つで日本の未来が大きく一変してしまうところに来ています。

一つ間違えば巨大地震も来るでしょうし、更なる経済の悪化も起きるかもしれません。
安倍氏の出方次第なのですが・・・・恐ろしい。





七曜 高耶
[ 2014/05/01 06:37 ] [ 編集 ]

人間って動物は

1回の失敗では何も学ばない動物です。
やはり3回失敗しないと、身に浸透しない。
それが破滅への道となりますね。
[ 2014/05/01 08:29 ] [ 編集 ]

本日3日午前10時ころから、岐阜県飛騨地方でM3~4の地震が多発しています。

この群発地震、注意が必要かもしれません。
[ 2014/05/03 16:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1955-c8f03002