FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














世界の終末は2040年2月5日にやって来る!?


世界の終末は2040年2月5日にやって来る!?

http://japanese.ruvr.ru/2014_01_06/126925295/

6.01.2014, 17:02

終末
© Collage: The Voice of Russia



世界的権威を持つ学者達の中には、世界の終わりは2040年2月5日だと予想する人達がいる。この日、小惑星2011 AG5が地球に衝突する可能性があるからだ。


これについては、様々な説があるが、今後2年の間に小惑星の軌道のより正確な計算ができるため、我々が世界の終わりを実際体験するのかどうかはっきりするだろう。

 その一方ですでに、カタストロフィを避ける方法・やり方に関し、活発な議論が行われている。最も人気のあるアイデアは、ミサイルを作り、それを小惑星に打ち込んで軌道を変える、あるいは小惑星が地球に近づくまでに核兵器を使用し爆破してしまうといったものだ。



ロシアの複数のマスコミ報道から




直径140メートルというと、東京ドームのバッターボックスから外野センターまでの距離より少し長いくらいだそうですが、それでもその大きさの隕石が地球に衝突すれば被害は甚大であると予想されます。

更に落下する場所が人間の密集する場所(都市の様な場所の場合)であるならば、その都市ひとつ壊滅するのは確実で、数百万人規模の死者が出るとも言われています。

ですから、一番の回避方法としては「2011 AG5」が地球の重力の影響を受ける前に、ロケットや衛星を撃ちこんで小惑星の軌道を変えてしまうことだという。
2023年には既に地球の重力の影響を受ける域に突入すると見られている。

但し、2012年に試算されている衝突の確率は約0.16パーセント。専門家はまずは観測を強化し対策を見極めたいとしているそうだが、七曜的には多分大丈夫であるのでは、と思っている。だが、しかし最近の火星への移住計画が急がれるのはこういった事が背景にあるからなのか?

実際のところは判らないが、映画「エリジウム」の様に超富裕層は宇宙へと旅立ち、貧困層は汚染されたこの地球でこき使われその一生を閉じるのかもしれない。



それにしても2040年かぁ・・・・。


生きているのか死んでいるのか判らない程の微妙な年です(笑







七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/13 15:08 ]Posted by七曜高耶 | アトランティス関連 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1831-7ec68437