FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














パワースポット「セドナ」はフリーメイソンの町だった!!??驚愕的内容!

やりすぎを見れなかった方の為に、大まかな説明を記事にしました。

今回のタイトルは結構興味を惹かれました。

あの「セドナ」が実はフリーメイソンの町だったとは。

それでは簡単ですが、説明を始めますね。



やりすぎ都市伝説|関暁夫「セドナに隠されたスカルのルーツ!世界屈指のパワースポットはフリーメイソンの町だった!」

ウソかホントかわからない!やりすぎ都市伝説SP・2013冬



世界屈指のパワースポット「セドナ」に隠されたスカルのルーツ

ベルロック


今年最後の都市伝説テラー関氏が挑んだのは、「セドナ」に隠されたスカルのルーツについて。


c0214337_2119381.jpg


アリゾナ州中北部に位置する、人口凡そ1万人ほどの小さな町・「セドナ」。

古くからネイティブアメリカンの、聖地として知られる「セドナ」は、近年では世界屈指のパワースポットとして知られ、
世界中から年間400万もの人々が訪れているそうだ。

なぜ関氏がパワースポットでもある「セドナ」へやって来たのだろうか?

そう考えた時、世界一のパワースポットである「セドナ」には、何か驚く様な事実が隠されているのだろうと想像できた。



スピリチュアルの人々が憧れて止まない「セドナ」は、なんとフリーメイソンの町だったのだ。

番組のカメラがセドナの町の入り口の看板に向きを変える。するとそこにあったのはあの「フリーメイソン」のシンボルマーク。
「Freemasons」の看板がぶら下がっていた。


そして、当たり前の事だが、それは町の至る所に刻まれている。

そう、ここはフリーメイソンの町だったのだ。
な・・・なんて事だ。では「セドナ」に足しげく通っているスピリチュアリスト達は「フリーメイソン」の溜り場と知らず、「パワースポット」に癒されに来ているのか?

それとも、世で有名なスピリチュアリスト達はメイソンのメンバーなのか?


関氏は「ヘッジス・スカル」の、更なる情報を確かめるべく、セドナにいるある人物の元へ向かった。

その人物はテンプル騎士団に精通する教団の教祖、マーク・アマル・ピンクハム氏。


ジャック
【WIKIより】 

これは私的感覚なのだが、物凄くジャク・D・モレーにそっくり。

この人物、初め、「教祖」の文字が見えていなかったのだが、二回目を見てみると「教祖」の文字を発見。
教祖と言う事は「宗教」として成り立っていると言う事ですね。


彼の教団は、テンプル騎士団の思想・知識・伝統を継承し、ここセドナの地で、スカルを使い儀式を行っているのである。

そんなテンプル騎士団の継承者が何を伝えようと言うのか。

ピンクハム氏が知っている、
「ヘッジス・スカル」についての大切な事は、発見者であるミッチェル・ヘッジス氏は、フリーメイソンメンバーであるという事である。




フリーメイソンとテンプル騎士団は、密な関係にある為、様々な情報がテンプル騎士団から伝わり、フリーメイソンである、ミッチェル・ヘッジス氏は、スカルの情報を入手して、ベリーズの遺跡で発見した。らしい。

つまりここにも、クリスタルスカルにフリーメイソンの陰があった様だ。

スカル
【WIKIより】 

スミソニアン博物館で厳重に保管されている、「呪いのドクロ」の元所有者である、ポルフィリオ・ディアス氏はフリーメイソン。

そして「ヘッジス・スカル」を発見し、所有していたミッチェル・ヘッジス氏もフリーメイソン。


ただ、最後に違和感を覚えたのは「スミソニアン」博物館が取材を拒否した事だ。

フリーメイソンメンバーである「ポルフィリオ・ディアス」氏や「ミッチェル・ヘッジス」氏の素性がセドナに住むテンプル騎士団に精通する教団の教祖「マーク・アマル・ピンクハム」氏の口から簡単に漏れるのならばスミソニアンの取材拒否に意味は無い。

結局、別方面から情報が漏れるのだから・・・。


何故、「スミソニアン」が取材拒否をしたのかを考えると・・・・「貴重な美術品」がただ沢山あったからだけではないかと思ってしまう。

とにかく最終的感想を言うと、「そろそろネタがなくなってきているのかな?」といった感じでした。
初めの頃は頑張りましたぁ~的な感じがあったのですがね。そこが少し残念でした。








七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/29 08:23 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

ありがとうございます。

 フリーメーソンね。
 クリスタルスカルもそれにつながるんですね。
 ひょっとしたらメーソンの節目、頭が変わる時期に、儀式的に造られていたのかも知れないですね。
 不要になった物が世に出た感じでしょうか。
 今は新たなクリスカがメーソンの元にあるのでしょう。
[ 2013/12/29 12:10 ] [ 編集 ]

セドナについて

放送中はフリーメイソンの看板しか写ってませんでしたけど、
他にもライオンズクラブ等の金持ちたちのサークルの看板が多数あります

お金持ちの別荘やらが多いだけで、普通の観光地です
決してフリーメイソンの街ってわけじゃないですよ。

好きな場所なのでTVの偏見報道だけで語られるのは、ちょっと・・・

関さんは半分以上嘘でも本当だと信じ込ませるのがうまいですけどね・・・
[ 2013/12/29 22:59 ] [ 編集 ]

Re: 名無しの牧場主様へ

こんにちは、名無しの牧場主様。


コメントを有難う御座います!!


> 放送中はフリーメイソンの看板しか写ってませんでしたけど、
> 他にもライオンズクラブ等の金持ちたちのサークルの看板が多数あります


成る程~~。って言いますか、瞬間的にですが、私も見ましたね。
何か「K」とかいう文字の看板もあった様な・・・。他数個くらいかな?


> お金持ちの別荘やらが多いだけで、普通の観光地です
> 決してフリーメイソンの街ってわけじゃないですよ。
>
> 好きな場所なのでTVの偏見報道だけで語られるのは、ちょっと・・・


そうですね。申し訳有りませんでした。名無しの牧場主様。
まあ、でもフリーメイソンもそこに居ると言うのは事実ですし、彼らからの視点から見ても「セドナ」は居心地が良い場所でもあるという事ですよね。

偏見報道と言いますと、名無しの牧場主様の仰られました今回の「セドナ」の件もありますが、「じゃあ、フリーメイソンはどうなのか?」と言われた場合、「フリーメイソン」も同じくどこからともなく流された偏見報道もあるのではないかと思ってしまうのは七曜だけでしょうか?
私も面白おかしく書いているという責任は有りますが、真実は体験してみないと判らない場所にありますね。

今回はTV放送の無かった方の為に、判りやすく説明をしました記事ですので、どうぞお許し下さいませ。
コメントを有難う御座いました。

これからもコメントをお待ちしております!!






七曜 高耶


[ 2013/12/30 11:39 ] [ 編集 ]

録っていたのをやっと見れました(*^^*)
ドクロの中に過去の情報を電気信号に変えて保存しているかも知れないという話は面白いと思いました。
地求人が過去の遺産に触れるには、
その情報を引き出せるくらいの科学レベルに達しているのが条件だったということなんでしょうかね。
[ 2013/12/31 09:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1760-10dc2382