FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














角川映画「バイロケーション」予告編

FC2インフォで角川から「バイロケーション」という名の映画が公開されるのを知ったのですけれど、この「バイロケーション」というのが今一理解し難い。
下、WIKIからの一部引用部分に書かれているのですが「バイロケーション」とは同一の人間が同時に複数の場所で目撃される現象、またはその現象を自ら発現させる能力を指す。「一身二ヶ所存在」と表現されることもある。と書かれています。

類例としてバイロケーションはドッペルゲンガーと似ており、両者がほぼ同じ意味で用いられることもあるがドッペルゲンガーのほうは、本人の意思に関係なく生じる場合を含むのに対し、バイロケーションは自分の意志でほかの場所に姿を現すという意味合いが強い。
またバイロケーションの事例では、短時間の間に到底移動不可能な距離の場所で目撃されたという談が多いため、テレポーテーション(瞬間移動)との判断が難しい事例も多いと書かれています。



とまあこの様な感じの内容です。


ここで疑問発生

映画の揚げ足を取るつもりは毛頭無いのですが、「バイロケーション」の予告編を観る限り、WIKIで書かれている様な「自分の意志でほかの場所に姿を現す」のとはかなり違う感じがしました。
どちらかと言うと、話の流れ的に「本人の意思に関係なく生じる場合」。所謂「ドッペルゲンガー」の方が当てはまっている感じがしましたね。

でないと生まれてきたもう一人の自分は結局自分自身が生み出している事になるのですから、本人が望まなければ生まれて来ない筈なんですよね~。

と、言う事でこの映画のオチは結構「パラレルワールド(異次元世界のもう一つの地球)」の自分が何かしらの理由で生き残る為にやってきた・・・みたいなオチなのかしら(笑

何だか妄想が膨らみます~(笑


リアル「ドッペルゲンガー」の体験を七曜も何度かしていますから、興味有る映画かも。
それにしてもまた意味ありげな映画です事(笑

昨日まで優しかった隣人の性格が突然凶暴な性格に変わる様な事があるとしたら・・・・それはもう以前のお隣さんではないかもしれませんよ~(笑








バイロケーション(英: Bilocation)とは、超常現象の一つで、同一の人間が同時に複数の場所で目撃される現象、またはその現象を自ら発現させる能力を指す。「一身二ヶ所存在」と表現されることもある。

体外離脱(人間の意識が体から分離する現象)の一つとも見なされており、遠隔透視(リモートビューイング)の際に意識が体を離れ、透視対象の傍にあるように感じられる現象の表現でもある。本体から分離した分身は本人と見なされることも多いが、分身の行動はどこかぎこちなく、周囲からの声にも反応しないことが特徴ともいう。

ピタゴラス、ティアナのアポロニウス(英語版)、大アントニオス、ピオ神父、フランスの教師エミリー・サジェなどがバイロケーションの例として報告されている。予言者として伝えられるノストラダムスも、バイロケーションによって分離させた第2の体を別の時間や空間へ飛ばすことで予言を行なっていたという説もある。ただし、こうした例は単なる噂か又聞きに過ぎず、信用できないと主張する懐疑論者も存在しており、疑似科学と見なされることもある。


それにしてもピタゴラス、ティアナのアポロニウス、大アントニオス、ピオ神父、フランスの教師エミリー・サジェそして予言者として伝えられるノストラダムスまでもが「バイロケーション」を行っていたと言う説があるとは・・・・。
凄く意外でした。

皆様、一度でも聞いた事有りましたか?






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/09 20:03 ]Posted by七曜高耶 | ドラマ・映画 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

幽体離脱現象

 とも言えると思います。
 確かにパラレルな世界から入り込んだ存在、実像の可能性もありますが。
 一番可能性が高いのが幽体の遊離です。
[ 2013/12/11 08:35 ] [ 編集 ]

Re: 傍観くんAti☆様へ

もし、幽体離脱だった場合ですが、他人に視える可能性はどの位ありそうですか?
[ 2013/12/11 10:50 ] [ 編集 ]

こんなことありましたよ。

旦那さんの怒りん坊のエネルギー、私が嫌だ嫌だ!って思ってたら、出張不在中に怒りん坊君だけ玄関から帰ってきて、普通に旦那さんの部屋でプンプンしてて、、、丁度ハロウィーン前後だったから、悪霊退散!ってお線香炊いたりしたけど、、、勘違い(笑)。出張から帰ってきた旦那のいるとき以外だけ存在をアピールしてくれたので、彼のエネルギーと気付きました。そこで、説得の上、本人の元に帰ってもらいました。これは、我が家のお化け屋敷騒動、最新版です。ただし、怒りん坊君の生活ノイズや気配は普通にありましたが、、、わたしには見えなかったです。
[ 2013/12/11 15:15 ] [ 編集 ]

周波数さえ合えば

 見えますね。
 特に共に生活している人達とか。
 赤の他人は見える可能性はゼロに近いですね。
 これを生霊と言います。
 生霊は本人の意思に答えて飛んで行ったり、意思に反して飛んで行ったりします。
 つまり本心に反応して動いているだけですが。
 と言う事で生霊=幽体は思考しません。
 呪いの行為は生霊を意図的に飛ばす行為です。
 これと同じ事として相手を強く想う事でも飛ぶ事があります。
 仕事上の事でも飛んでいる事があります。
 ドッペルゲンガー現象の原因は複数あります。
[ 2013/12/12 07:15 ] [ 編集 ]

Re: さえみまま様へ

こんにちは、さえみまま様。

体験談を有難う御座います!!

なんと~~!!怒りエネルギーが帰宅してきましたかっ(笑
「怒りんぼうエネルギー」さんお帰り~~とは言えませんね。
おうちではなくて自分にお還りですねっ!!

そうかぁ、そう考えるともしかしたら「怒り」のエネルギーで出来たのがバイロケーションなのかも。
スイッチが入ると自分の肉体に負荷をかけない為別れて存在してしまうのかもですね。

ある意味怖い・・・。

さえみまま様よく耐えれますね~v-393v-356
しかも説得とは素晴らしい手腕です!!感動しました!!





七曜 高耶
[ 2013/12/12 11:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1739-3db86780