FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














愛犬の次は「米国人を殺す」中国製ジュース 腐ったリンゴ材料、政府補助で輸出 。日本人も既に!!??

食品については色々と考えさせられる様な事態が非常に多く存在しているが、確信犯的な事はどうも納得がいかない。
判っていてそれを行うのは「犯罪」としか言いようがないのだが、全ての食品会社で無いにしろ、食品を輸出する側としてそこを中国はどう考えているのだろうか?

この記事では米食品医薬品局(FDA)が公表をした事でその危険性について広がっていますが、日本も多くの食品を安価で仕入れられる中国に頼っています。
これらを考えると米国人もですが、日本人も危険に晒されているといえるでしょう。

特に100円で売られている食品は危険で、その内容物が表示されているとしても信頼出来る物ではありません。


中国のみならず、海外から育てられた家畜を輸入し日本に持ち帰り加工すればそれは国産になってしまいますから、実際のところ庶民には知る事が出来ません。
日本ももっと厳しく検査する必要があるのではと思いますね。

もう忘れられているかもしれませんが、日本の「餃子事件」もその一つで、日本人が食品に殺されてしまう日も近いかもしれません。


愛犬の次は「米国人を殺す」中国製ジュース 腐ったリンゴ材料、政府補助で輸出

中国6



 中国から米国へ輸出されたアップルジュースに、腐ったリンゴが使われていた。食の安全を軽視する中国を、米メディアは「犯罪国家」と断罪した。



【岡田敏一のエンタメよもやま話】

 実は当初、本コラムでご紹介しようと思ったのですが、さすがに“エンターテインメント”にはそぐわないと思い、当MSN産経westの11月18日付「大阪から世界を読む」にてご紹介したのですが、これまで本コラムでは、寿司ネタでおなじみのクロマグロといった大型魚類の水銀含有量増加の問題など“食の安全”に関するお話に触れてきた経緯もあり、もう少し問題意識を深めつつ、内容も掘り下げたうえで、本コラムで再度ご紹介したいと思います。

 まずはおさらい。10月22日に米食品医薬品局(FDA)が公表し、これを受け、23日以降、米CNNや米CBSニュース(いずれも電子版)、ロイター通信など欧米メディアが一斉に報じましたが、米国内で、ペット用の「おやつジャーキー」を食べた犬や猫が病気になり死亡する事例が多発していることが分かったのです。

 報道によると、病気になったペットたちは、2007年以降、犬3600匹、猫10匹で、このうち計約580匹が亡くなりました。具体的には、ジャーキーを食べた後、食欲の減退や下痢、嘔吐(おうと)の症状がみられ、水分の摂取量が増加。同時に、食べてから1時間以内に尿の排出量も増えていました。

 さらに詳しく調べたところ、うち6割が胃に、3割が肝臓や泌尿器に異常をきたし、重篤(じゅうとく)なケースでは腎不全や胃腸内の出血、けいれんなどを起こし、死に至ったといいます。


 FDAはサンプルとして入手したジャーキーを検査しましたが、これといった原因は分かっていません。しかし、ひとつだけ共通点がありました。原材料に鶏肉や鴨(かも)肉、さつまいも、ドライフルーツなどが使われており、そのほとんどが中国産だったのです。

 しかし米国では、ペットフードのメーカーに対し、法律で原材料の生産国の表示までは義務付けていません。そのため、消費者は原材料の生産・供給国まで知ることができないのです。

 米当局は、飼い主に注意を呼びかけるとともに、獣医師らにも協力を要請。中国当局とも連絡を取って原因究明に全力を挙げていますが、このニュースを伝えるCBSニュース電子版の記事には「私は最近、飼い猫を腎不全で亡くしたが、これが原因だったかもしれない」といった疑問の声や「ペットは家族の一員。ペットフードの原材料の産地や製造過程などを開示させる法律が必要だ」、「中国による毒入り食品の輸出はこれが初めてではない。(ペットフードの原材料の)輸入先表示は不可欠だ」といった怒りの投稿があふれています。

 当然でしょう。こんな不条理な理由で“家族の一員”を亡くしたら、たまったものではありません。

 そしてこの出来事を機に、米国では中国産の食べ物への疑念や怒り、恐怖心が増大しています。

 10月25日付の米金融経済系通信社ブルームバーグは「China Killed Your Dog. Are You Next?(中国はあなたのペットの犬を殺した。次はどうする?)」との興味深い記事を配信しました。

 記事ではまず、この出来事の経緯などを紹介したあと、食の安全が守られているかを監視する非政府組織「フード・アンド・ウオーター・ウオッチ」が今年5月8日に発表した米政府のデータを引用。

 米国が中国から輸入している人間のための食料が、2003年の23億トンから2012年には41億トンと約78%も増加していることなどを指摘し「これはペットの飼い主だけの問題ではなく、米国人全体が懸念すべき問題である」と明言。

 「FDAが、ペット用のおやつジャーキーの安全性を保証できないとしたら、米国が2012年に輸入した3億6720万ガロン(約13億9000万リットル)の中国製アップルジュースの安全性は、いったい誰が保証してくれるのだ」と、原因究明にてこずっているFDAを厳しく批判しました。

 ちなみにアップルジュースがやり玉にあがるのには理由があります。



続き記事はコチラから


因みにコチラは韓国。

各家庭での考えでの上で食品を大切にする事はとても良い事ですが、それを消費者に提供するならば話は違ってくると思います。
一生懸命働いたお金と信頼を対価として頂くのですから安全性は必要だと思います。











七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/12/09 10:43 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(8)[記事編集]

カネ優先

 カネ優先で品質ないがしろ。
 日本人にはとても出来ない匠の技!
 それも犯罪である。
 何だろうね、彼等は。
[ 2013/12/09 16:25 ] [ 編集 ]

Re: 傍観くんAti☆様へ

おはようございます、傍観くんAti☆様。


>カネ優先で品質ないがしろ


まさにそれなのですよね~。
お金社会に一番飲み込まれてしまった方々の成れの果てですね。
恐ろしい・・・。

政府補助でこれをするのですから、米国が怒るのも当たり前ですね。






七曜 高耶
[ 2013/12/10 09:07 ] [ 編集 ]

かの国は

もともと食の安全なんて考えていないのでしょうね。
自国での販売の赤ちゃん用の粉ミルクでさえ
毒もの入りを売っていたくらいですから。

お偉方や金持ちはちゃんとしたものを買うでしょうけれど
どこか狂っています。
崩壊する前兆だと思っています。
[ 2013/12/10 16:34 ] [ 編集 ]

直感

こんなご時世だからこそ、直感が必要なんですね。
情報を鵜呑みにせず、そこにある嘘と本当は直感に頼って見極めて生きていくしかないです。
母がよくぼやいていたのは、例えば子供が食あたりしたとき、あの時のアレが悪かった、って昔の母達はみんな分かっていた(今は違う)。
昔は丁寧な食品の情報もなかったら、直感でいいものを選んでいた。今は情報に踊らされて、思考で判断する癖を身につけてしまって、、、自分を信じる力を取り戻して、もっともっとそれを鍛えていかないといけない時代なんですね。
[ 2013/12/10 19:48 ] [ 編集 ]

以前ダイエーでイオンのトップバリューのアップルジュースが

おかしな味だったので、買った店で引き取ってもらったことがあります。
その原材料国表示は、中国、アメリカでした。
[ 2013/12/10 22:11 ] [ 編集 ]

Re: さのた様へ

おはようございます、さのた様。


コメントを有難う御座います!!

そうですよね。自国の民にも毒入り粉ミルク売っていましたよね~v-393v-356
国民が増えすぎたから減らそうとでもしているのか?としか考えられませんよね。

富裕層はしっかりとした良い商品を買うのでしょうが、やはりここでも出てくるのがお金を持っている方々の強みですよね。
やはりお金に支配された世界なのですね、この3次元は・・・・。






七曜 高耶
[ 2013/12/11 08:17 ] [ 編集 ]

Re: さえみまま様へ

おはようございます、さえみまま様。


コメントを有難う御座います!!


> こんなご時世だからこそ、直感が必要なんですね。


そうなのですよ、本当。
直感を瞬時に働かす事です。
その直感を養うのは意外と簡単ですから、これからもそれを生かしていかないとですね。


> 情報を鵜呑みにせず、そこにある嘘と本当は直感に頼って見極めて生きていくしかないです。
> 母がよくぼやいていたのは、例えば子供が食あたりしたとき、あの時のアレが悪かった、って昔の母達はみんな分かっていた(今は違う)。


あぁ、これも本当に懐かしい。
昔は自分の五感を完全に使いこなしていましたよね。


> 昔は丁寧な食品の情報もなかったら、直感でいいものを選んでいた。今は情報に踊らされて、思考で判断する癖を身につけてしまって、、、自分を信じる力を取り戻して、もっともっとそれを鍛えていかないといけない時代なんですね。


なのに、今は便利なものが増えすぎて、自分達の直感も働かなくなってきています。
そう仕向けられているのでしょう。
重要なのは直感です。これは確実に大切なこと。
それを削ぎ落とされてしまっているのが現代社会。
その事に気付かなければいけませんよね。





七曜 高耶
[ 2013/12/11 08:24 ] [ 編集 ]

Re: Cosmo様へ

おはようございます、Cosmo様。


コメントを有難う御座います!!


> おかしな味だったので、買った店で引き取ってもらったことがあります。
> その原材料国表示は、中国、アメリカでした。



これは・・・怖過ぎます~~v-393v-356
口に入れてしまったのですか??
その後の御身体は大丈夫でしたか?

もう、あれですよね。
おかしな味がした場合は直ぐ吐き出す!!ですね。
おかしいなぁ~と思いながら一口目を食べない事を徹底した方が良さそうですv-356

私も時々おかしいなぁ~と思いながらも気のせいかもと食べてしまったり飲んでしまったりする事がありますので、これからは特に気を付けていきたいと思います。





七曜 高耶
[ 2013/12/11 08:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1738-90c9c9ed