FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














「そうりゅう型」潜水艦「こくりゅう」。建造費は533億6千万円!戦争をしないのなら必要のない代物だと思うのだが。

本当、2日前に知った事なのですが、「こくりゅう」と言う名の「そうりゅう型」潜水艦が神戸で進水したそうですね。
過去、我が県も戦闘機を作っていましたが、攻撃してくる側にとってはそう言った工場は潰さないといけません。でなければ次々と生産され戦況も変わってしまう可能性があるからです。

アメリカさんにとっては小さな小さな事であったでしょうが、その工場が爆撃され多くの方が亡くなりました。


今回この潜水艦の名前と言い、盛大な進水式と言い、中国をけん制する目的もあったでしょうが、ある意味これは「神戸」と言われるこの場所を攻撃目標にされる可能性だってあるはずです。
過去が繰り返されるのだけは回避しなければならないのに、このままでは戦争に突入する様な事があれば、・・・・勿論その様な事が起きない事を祈りますが、それらがもし起きてしまった場合、「神戸」の被害は甚大になってしまいます。

もう、本当になんと言えば良いのか判りませんが、軍事国家にだけはならないで欲しいと思っています。


こくりゅう

川崎重工業神戸工場(神戸市中央区)で31日、防衛省向け潜水艦「こくりゅう」(2950トン)の命名・進水式があった。同工場建造の潜水艦は戦後26隻目で、関係者ら約400人が見守った。
 最新艦「そうりゅう型」の6隻目で、2010年度に受注。三菱重工業と2社で建造しており、6隻のうち同工場の建造分は、12年3月に引き渡した「けんりゅう」に続いて3隻目となった。
 全長84メートル、幅9・1メートル、高さ10・3メートル。乗員65人。長時間潜航できるエンジンや水中発射管を搭載し、速力20ノット。建造費は533億6千万円。
 式典には河野克俊海上幕僚長や川重の村山滋社長らが出席し、潜水艦が船台から滑り出す瞬間に立ち会った。内装工事などを経て、15年3月に引き渡される。配備先は未定。
(神戸新聞)


海上自衛隊の最新鋭潜水艦「こくりゅう」進水式

 建造中だった海上自衛隊の最新鋭潜水艦の進水式が31日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場で開かれ、艦名は「こくりゅう」と名付けられた。
 北方を守る神聖な竜を意味し、今後、内装工事などを進め、来年3月に横須賀基地(神奈川県横須賀市)か呉基地(広島県呉市)に配備する。
 川崎重工によると、こくりゅうは全長84メートルで、水中速度は20ノットの「そうりゅう型」の6番艦。建造費は約534億円。
 進水式には、河野克俊海上幕僚長や川崎重工の関係者ら計約400人が参加した。
(スポニチ)






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います!!



関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/11/07 15:32 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1691-33cc6f88