FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














 「神をたたえよ」、米下院で速記官叫ぶ 議員らあぜん !!

おはようございます、七曜高耶です。

本日の記事は「神をたたえよ!!」と叫んだと言う、ダイアン・リーディ(Dianne Reidy)氏のニュースです。
以下、それらを交えながら記事を書いていますが、まず、昨日のニュース記事をご覧になって下さい。

 「神をたたえよ」、米下院で速記官叫ぶ 議員らあぜん


【AFP】http://www.afpbb.com/articles/-/3001634



ダイアン

【10月18日 AFP】米連邦議会下院で16日夜、米政府の債務上限引き上げ法案の採決の最中に突然、速記官の女性が「神はあざけられることはない」などと叫び出すハプニングがあった。米メディア報道によるとこの速記官は17日、「聖霊に従った」と説明したという。

 この速記官は米メディアによってダイアン・リーディ(Dianne Reidy)氏と特定された。リーディ速記官は連邦債務を引き上げて政府機関の一部閉鎖を解除するための法案の採決が行われていた下院の演壇に上り、議員や職員らがあぜんと見つめる中、大声でこう叫び始めた。

「神はあざけられることはない。神はあざけられることはない。この場における最大の欺瞞(ぎまん)は、この国が神の下にある1つの国ではないということだ。そうだったことは一度もない」

「(米)憲法はフリーメーソン(Freemason)らによって書かれたわけではない。彼らは神に反する」

 リーディ速記官は他の職員によって退場させられ、米首都警察に連行された。報道によれば、速記官はエレベーターへと誘導される際、さらに「2人の主人に仕えることはできない。神をたたえよ!主なるイエス・キリストは永遠に世を治める」と叫んだという。

「フリーメーソン」は起源を中世にまでさかのぼる友愛組織で、米合衆国憲法に署名した39人のうち13人が所属していた。

 AFPの取材に応じた首都警察によると、速記官は事情聴取を受けたが逮捕はされなかった。その後、経過をみるため病院へ連れて行かれたもようだという。

 米FOXニュース(Fox News)の議会担当記者チャド・パーグラム(Chad Pergram)氏は17日、マイクロブログのツイッター(Twitter)への投稿で、リーディ速記官が「聖霊が夜中に私を起こして、議会に神のお告げを伝えよとささやくんです」と語っていたことや、議会で行動を起こすのは「気が進まず疑念もあった」が、そうせざるを得ないと感じていたことなどを明かしている。


(c)AFP



さて、ここで出てくるのは米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」の存在だ。

聴覚を介さず、頭蓋内に音を直接送信できるという「Voice-to-Skull」(脳内音声)技術。米陸軍のサイトが、この技術について定義した項目を掲載していた。すでに削除された同項目によると、この技術を使えば、潜在意識に訴えかける音声メッセージを人々に送ることも可能だという。


「V2K」[「Voice-to-Skull」(脳内音声)の略]という技術を使った兵器に関して、米陸軍が作成していた実に奇妙なウェブページが過去に存在したが、現在は跡形も無く削除されている様だが、米国科学者連盟(FAS)の、政府の機密や防衛政策に関する文書を集めたウェブサイトでは、問題の項目を掲載していたページの写し、脳内音声装置の定義を、現在でも公開している。


今回注目すべき兵器は脳内音声装置だ。
ブルービーム計画と同時進行する可能性は非常に高い。
人間は視覚・聴覚によっての脳への影響力は非常に高いからだ。

定義:(1)パルス波形にしたマイクロ波を照射することで、人または動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁神経刺激装置、および、(2)人または動物の頭蓋内に音を送信できるサイレントサウンド[耳に聞こえない音]装置などを含む非殺傷型兵器。

注:変調して送信される音は、潜在意識に働きかける音声メッセージになる可能性がある。V2Kのひとつの用途としては、空港周辺にいる鳥を脅かして追い払う「電子的かかし」としての利用。




そして、これら「V2K」に関するウェブページが削除されていることに最初に気づいたのは、イギリスの団体『マインドコントロールに反対するキリスト教徒』だ(同団体は削除される前のウェブページのスクリーンショットも保存している)。



耳に聞こえない(音声FMに変換した)催眠術を送信する方法。音声周波数変換器を使って「音声」を生成し、パルス状のマイクロ波として離れたところから脳内に送る。

出力はおおよそ連続音になる。耳鳴りに似ているが、催眠術者の声が埋め込まれている。

人間の脳が感知できる周波数のマイクロ波信号の短パルスに、脳はこれらの連続したマイクロ波パルスを変換し、「耳では聞こえない音声」を聞く。このような催眠に対する意識的な防衛は不可能なのだ。

この装置は1974年には実行可能だったのだ。

各マイクロ波パルスのタイミングは、音声波の下降曲線と交わるごとに制御される(1974年にJoseph Sharp博士が考案した方法)

可聴範囲の上限近くの連続音、例えば周波数1万5000ヘルツ

催眠術者の音声、例えば周波数300ヘルツ〜4000ヘルツ



この、[マイクロ波をパルス波形にして人に照射すると、頭の中から発せられたような音を聞く事ができる現象『マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)』と言うそうだ。

さて、ここで思うのは『マインドコントロールに反対するキリスト教徒』が、この存在に気付き、反対していた事だ。
今回、退場させられたリーディ速記官は、米首都警察に連行されたが、報道によると、速記官はエレベーターへと誘導される際、さらに「2人の主人に仕えることはできない。神をたたえよ!主なるイエス・キリストは永遠に世を治める」と叫んだというのだから、まさに因果関係を感じる。

もしかすると1974年に完成していた「V2K」が更なる進化を遂げ、彼女の脳内へ語りかけていたのかもしれない・・・・。

そう言えば、2013年9月15日に「洗脳」の夢を視ていたのだが、何か今考えると「V2K」に似ている感じもする。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1616.html

この夢は「日本」ターゲットだったのだが、今回のこれもかなり疑わしく思えるのは私だけなのだろうか?

【おまけ】
 









七曜 高耶





クリック頂き有難う御座います。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/10/19 06:54 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(6)[記事編集]

この技術が一部のチャネラーや宗教団体の教祖に使われているのかもしれないですね。
本当に別次元の存在から発せられているメッセージと、この技術によるメッセージや啓示が混在していて、
メッセージや啓示を人々がどう解釈し行動するのか、実験されているのかもって考えてしまいます。
[ 2013/10/19 08:17 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

おはようございます、n様。

コメントを有難う御座います!!

> この技術が一部のチャネラーや宗教団体の教祖に使われているのかもしれないですね。
> 本当に別次元の存在から発せられているメッセージと、この技術によるメッセージや啓示が混在していて、
> メッセージや啓示を人々がどう解釈し行動するのか、実験されているのかもって考えてしまいます。



可能性的には非常に高いです。
仰る通り、一番危険なのは「チャネリング」や「啓示」の類です。
この中に悪意あるメッセージや人々を混乱させる為の情報が入力されていれば、純粋な信者も悪魔の様に変えられてしまう恐れがありますね。
実験としては宗教団体等多くの方々が集まる場所はカッコウの実験場になりそうです。




七曜 高耶
[ 2013/10/19 09:55 ] [ 編集 ]

とっても興味のある話でした。


この技術は、ずいぶん昔からあるんじゃないかと思っているんですけど
どうなんでしょうか?


この耳鳴り周波数って、いろんな現象がでてくるんじゃないかと思いますよ。
そういうテストは、もう終わっているのかしら?

適応者と不適応者。

いろいろ、ありそうですね。

こういうのも事前に知識として知っていたら
結果が変わってくると思いますよ。


周波数が変わったら、見え方も変わってくるのかもしれませんね。
私たちは、どうしてこんなに周波数に影響されているんでしょうか?

とても興味深いです。
[ 2013/10/19 23:12 ] [ 編集 ]

脳味噌の特徴ですよ。

 弱点であり、優れた点でもある。
 幽体を見るメカニズムもこれと同じ。
 脳味噌は電磁波に敏感に反応しますから。
 電磁波を受けて脳味噌が勝手に像を見せる事もあります。
[ 2013/10/20 09:51 ] [ 編集 ]

電磁波と人間の関係


なんだか、見えない鎖みたいな関係なのかな?

『電磁波』で人間をコントロールして、『神』が存在していたのかも。


『電磁波』がどこからでているのか・・。
そこがコントロールセンターかもしれないですね。

この『電磁波』の問題が解決したら、この世から病気が消えたりするかもね。

『磁場』これも気になる。

人間もいつまでも『家畜』の役を演じなくても良いと思うのですが・・。

[ 2013/10/20 10:43 ] [ 編集 ]

脳の 『乗っ取り作戦』??


悪用しないでほしいですね。
[ 2013/10/20 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1660-82f2e51d