FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














ロシアに落下した隕石(?)と対宇宙兵器

こんにちは、七曜高耶です。

4月は本当に沢山の学校のイベントの為かなり忙しい感じです。

皆様方は如何お過ごしでしょうか?

本日の記事は今更な感じもしますが、ロシアに落ちてきました隕石についてのお話を書いていきたいと思っています。


さて、今回マッハ44と言うとてつもない速さで落下してきました隕石(?)ですが、あれはファルコンHTV-2ではないかと言った憶測はあるものの、実際には謎のままの部分が非常に多いと思います。
スピ系宇宙関係のブログには、UFOが地上落下直前に撃破したと言われていたりしますが果たしてどうなのでしょうか??
下、youtubeがその時の映像になりますが・・・・確かに後方より飛来したものが、隕石と思われるものを破壊しているようにも思えますが、映像的には閃光がかなり激しい為判断出来難いと七曜はみています。




一時期DARPA開発のHTV-2が行方不明になりましたが、宇宙時代へと突入した今現在、HTV-2と言うその可能性も拭えないと思います。
そのHTV-2を破壊したのが、もしかするとロシア開発の対アメリカ宇宙兵器である可能性も有ります。
隕石ならばその落下角度も関係するであろうとは思いますが、たった8mの穴とひび割れも無い穴が果たして形成されるであろうかと・・・七曜は疑問に思うのです。

先端が尖ったものならば、綺麗な楕円形(?)の穴もまた然り。多分容易に創れる筈です。


そう考えれば、HTV-2の様な宇宙兵器であったと考えるほうが無難であると思えてなりません。











但し、七曜は思うのです。もし、これが(隕石らしきものが)アメリカの宇宙兵器で有り、その精度を高めたものであったとしても、ロシアが飛ばした対宇宙兵器がそれらを撃破したとすれば、技術的にはアメリカを遥かに凌ぐ兵器をロシアは持っていると言う事になるのではと・・・。

私はロシアにいるであろう、特殊な子供達とETIとの交流のそのシーンを夢で視ました。

アメリカはその技術を悪用しているようですが、ロシアはどうもそれとは違う様にも感じました。もしかするとそれは一部の人類による交流だったかもしれませんが、これから先の宇宙時代ではその役目が非常に大きな役目をもつのではないかと考えています。

時代はアメリカよりもロシアへ流れる可能性も有ります。

勿論、アメリカもですが同様にロシアへも注目をしていきたいと考えています。


因みにですが、これから先、もし本物の未知の隕石を見つけたとしても決して触れないことです。
隕石の中にいる生物は、人体に影響を及ぼす可能性が有ります。
それらは、光を栄養とし、影を嫌いますが、人体に一旦入り込むような事が起きてしまえば・・・・・困った事が起きてしまうかもしれませんから・・・・。











七曜 高耶



応援クリックを宜しく御願い致します。有難う御座います!!



関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/04/23 10:21 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(2)[記事編集]

やりすぎコージー

で、隕石の事をやってました!
七曜さんと同じ事を言ってましたね~。UFOはそう簡単には現れないのかな…?
それにしてもあの番組の関さんはテレビでどこまで言ってくれるのかが楽しみです(笑)。
この間の放送で関さんのコーナーで六芒星に龍が描かれているのに気付きました!!
[ 2013/04/24 01:39 ] [ 編集 ]

アルゼンチンの隕石

21日の午前3時過ぎ、アルゼンチンのサンティアゴ・デル・エステロ州
コルドバ州、サンタフェ州など6つの州で夜空を焦がす火球が目撃されました。

http://www.youtube.com/watch?v=biSBnGNqh0Y&feature=player_embedded

2013年4月21日の午前3時半頃、フェスティバルに出かけた人は
アルゼンチンのサンティアゴ・デル・エステロ(州)の夜空を
真昼間のように明るくした光の玉に遭遇しました。


くわしくは
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2042.html
[ 2013/04/24 10:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1485-263fe692