FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














「モアイの目線は星座をみている」

 「モアイの目線は星座をみている」

その夢の情報が真実なのかどうか、私はすぐさまPCを起動し、検索を試みた。
下にも書いている様にイースター島のモアイ像は西の方角を向いているのは今の通説だ。だが、しかし未だにこの「モアイ像」が何故西を向いているのか、この謎はモアイに付き纏う。
が、夢の情報が正しいものならば一気に解決の道が開かれる可能性もあるかもしれない。


まず、スフィンクスとモアイは同じ真西を視ていると言うところから考えて、同じ意味解釈をした方が良いかもしれない。

天文・そして西の方角にどの星座がくるのかが非常に重要だ。

では、本日視た夢を調べていこうと思う・・・。

横道12宮


南太平洋に浮かぶイースター島。


モアイ


そこにそびえたつモアイ像はおよそ1000体を数える。そのうち7体はじっと海を見つめ、目線は正確に春分の日と秋分の日に太陽が沈む真西を向いているという。


勿論、これだけではない。

春分と秋分を正確に観測できる高度な技術を備えた古代遺跡は世界中に存在する。


ぺトラ、ウル、ペルセポリス、モヘンジョダロ、カジュラホ、ピィ、アンコールワット、クスコ、サクサイワマン、オリャンタイタンボ

そしてそれらの遺跡にはこれまで誰も気づかなかった驚くべき共通点があった。



世界中に散らばる謎の古代遺跡。ギザの大ピラミッドから比較的近いぺトラ遺跡とウル遺跡に線を引いてみると、なんと一直線上に並ぶ。

さらにその直線を伸ばすとペルセポリス、モヘンジョダロ、カジュラーホー・マディヤ・ブラデーシュ、ピィ、アンコールワット、ブレアビヒア、そして太平洋の上をぐぐっと突っ切る。イースター島、を通って南米に上陸。

ナスカ、オリャンタイタンボ、クスコ、マチピチュ、サクサイワマン、パラトアリそのまま大西洋を抜けてアフリカへ。

マリ、タッシリ・ナジュール、シワ・オアシス、地球を一周しギザへ戻る。



全ては、大ピラミッドを起点に古代遺跡が一直線上に並ぶ驚愕の内容・・・・。
しかもその円周は赤道と全く同じ距離。まさにこの遺跡の連なりは第二の赤道を形作っていると言う。



そして、この赤道に垂直な線を伸ばすとどの線も「北極点」にあたり、同じく第二の赤道から垂直な線を伸ばしてみると、そこは何もない海が現れる。

だが、その場所にはとても興味深い秘密が隠されているらしい。


そして、そこは今の「磁北極」の場所だと言うのだ。



方位磁石は常にN極は北、S極は南を指す。なので、方位磁石のN局が指すその場所こそ「磁北極」。

だが、「磁北極」は常に決まった場所にあるわけではなく、不規則に移動している。


その磁北極について近年注目すべき報告が発表されたらしい。

NOAA(ノア)アメリカ大気局国立地球物理学データセンターによると1900年には磁北極はカナダにあった。
しかし、現在の位置はなんと第二の赤道が示す点とほぼ一致しているという。

1329003954.jpg

※磁北極の移動。京都大学のサイトから引用。


ここ110年の間に動きを急速に早め、第二の赤道が示す位置に到達しようとしている「磁北極」。

その動きはある可能性を示していた。


そう・・・・。移動速度の情報は地場の逆転につながる可能性を指し示しているのだ。

磁場の逆転。所謂スピリチュアルでよく使われる「ポールシフト」なのだが、北の磁極、磁北極と南の磁極が反転してしまう現象が起きれば・・・災厄を免れることは出来ないだろう。



兎に角、なんと言うか、モアイの話からこの様な色々な話しが出てくるとは思わなかった。
長い長い拙い文章を最後まで読んで頂きまして有難う御座いました。これからも勉強勉強の毎日であります。

NOAA WIKI参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E5%A4%A7%E6%B0%97%E5%BA%81








七曜 高耶


応援クリックを有難う御座います。感謝!!





ちなみに、
おひつじ座(牡羊座、Aries)
おうし座(牡牛座、Taurus)
ふたご座(双子座、Gemini)
かに座(蟹座、Cancer)
しし座(獅子座、Leo)
おとめ座(乙女座、Virgo)
てんびん座(天秤座、Libra)
さそり座(蠍座、Scorpio)
いて座(射手座、Sagittarius)
やぎ座(山羊座、Capricornus)
みずがめ座(水瓶座、Aquarius)
うお座(魚座、Pisces)



これらの星座は天空でも実際に牡羊座から順に円周上に並んでいるのだが、その円周の中心にギザの大ピラミッドを置き12星座を観測したとする。

星座はある一定期間でピラミッドの周りを1周している。(星座は一定の周期で回っている)

そしてその周期はなんと、およそ2万6000年。
ですから、星座の周期は2万6000年になり、星座専用の時計と言う事になるのです。。

この時計で針の役目をしているのがスフィンクスの目線。



さらに重要なのはスフィンクスの体がライオンであり、すなわち12星座の獅子座を表すという事だ。そして、その獅子座の対角線上にあるのは水瓶座。


つまり、体は獅子、頭は人間のスフィンクスは獅子座と水瓶座を暗示しているという事なのだそうだ。

「ギザの遺跡はスフィンクスの視線の先に、獅子座と水瓶座が来る時を警告している」のだとか。

結局、アクエリアスの時代は寒冷化を指している可能性もかなり高い。

では、何故今モアイの夢を視たのだろうか・・・・。やはりこれはここへ行き着く為の必要な作業だったのだろうか??そしてモアイはどの星座を示しているのかが・・・気になってしまう七曜でした。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/01/19 08:29 ]Posted by七曜高耶 | 2013年予知夢 | TB(0) | CM(17)[記事編集]

ピラミッド、スフィンクスの有名な問い

朝は4本、昼は2本、夕方は3本… 言わずもがなですが
夕方から夜になるとまた4本に戻る気もします。
今(これからの時代)は2本から3本、或いは3本から4本へ
移る「過渡期」のような気がします。失敗すると0本に…
[ 2013/01/19 18:28 ] [ 編集 ]

何か関係あるかも・・・。

こんばんは。
七曜さんのブログ記事を読んでいて、アレ・・・これってどこかで読んだ内容と
ひょっとして関連してないかな・・・。と思いつつ、どこのブログで見かけたのか
忘れてしまっていたのですが・・・。

先ほどから、ぐぐって、探しだしました。
下記の記事のなかに出てくる、日月神示の一部とイメージが、重なって感じられ
ました。
私だけかな~。


「海一つ超えて寒い国に、まことの宝隠してあるのざぞ。
これからいよいよとなりたら神が許してまことの臣民に手柄いたさすぞ。
外国人がいくら逆立ちしても、神が隠しているのざから手はつけられんぞ、世の元からのことであれど、いよいよ近くなりたらこの方の力で出して見せるぞ」

「北、南、宝出す時近づいたぞ、世の元からの仕組みであるからめったに間違ひないぞ。
……西も東もみな宝あるぞ。
北の宝はシホミツ(潮満)ざぞ、南の宝はシホヒル(潮干)ざぞ、東西の宝も今に判りてくるぞ。
この宝あっぱれ、この世の大洗濯の宝であるぞ」



(私のブログに、「90度に、カックンと動く夢」の事を書いていますが、
夫が、出張で福岡に行った時に、そういう状態になる夢なのです。
来月行くんですよね・・・。
大丈夫かな・・・。)

記事は、大摩邇(おおまに)さんのサイトで拾ったのですが・・・。
大元は、下記のブログのようです。


http://mujaki666.seesaa.net/article/124613540.html
[ 2013/01/19 18:42 ] [ 編集 ]

忘れないうちに

七曜高耶様

次の話をお読み下さい。

http://www.asyura.com/0306/tyu2/msg/112.html

中段くらいのところで木内さんはピラミッドは倭人がつくったものだと言ってます。

ご存知かもしれませんが、ギザの三大ピラミッドはオリオンの三ッ星に対応してつくられています。

これ倭人とオリオンを結びつける数少ない証拠だと思いますが、いかがでしょうか?

尖閣についても一言言いたいと思いましたが、皆さんがすべて仰ってくれたので今回は省略することにしました。
[ 2013/01/19 19:00 ] [ 編集 ]

Re: ST様へ

こんばんは、ST様。


いつもコメントを有難う御座います!!


また、色々とお話聞かせて下さい。宜しくお願い致します。





七曜 高耶
[ 2013/01/19 21:43 ] [ 編集 ]

Re: まりん様へ

おはようございます、まりん様。

コメント&情報を有難う御座いました!!
お返事が前後してしまい、誠に申し訳有りませんでした。


確かにこの「日月神示」と言われる一文に良く似ていますね~v-393v-356

寒いのは特に苦手ですから、もしそうなってしまったら有り得ないです・・・・。



まりん様の旦那様の出張は本当に心配ですね。私の方からも安全に出張が完了する様にお祈り致しますね。





七曜 高耶
[ 2013/01/20 07:28 ] [ 編集 ]

初コメですm(__)m

はじめまして、いつもこっそり拝見しております(^-^ゞ

STさんの「ピラミッド、スフィンクスの有名な問い」を読んで、ちょっとシンクロしたことがありましたので、つい書き込みしたくなりました。

昨夜たまたま見たサイエンスミステリーという番組で、通常の人は3原色で色を見分けているのですが、最近4原色の人が現れた、という話だったのですが、
実はもともと爬虫類が全盛期の頃は4原色で、その後哺乳類になったら2原色になり、人間が全盛期の今は3原色になっているのだそうです。
そしてさらに4原色へ…
という数字の流れがシンクロしてるなぁと思い投稿させていただきましたm(__)m
[ 2013/01/20 16:21 ] [ 編集 ]

二ビルを考えてみよう~♪

全く関係ないかもしれませんが、興味深い動画をみつけました。

【ステレオと二ビルの研究】
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=G9-hDbRf52E
http://www.youtube.com/watch?v=Inc6Nil-jW8
http://www.youtube.com/watch?v=xDWwUmaALXE
[ 2013/01/20 19:26 ] [ 編集 ]

Re: sapporojin 様へ

こんばんは、sapporojin 様。

非常に興味深い情報を有難う御座いました!!
本当に楽しかったです~v-398v-351
また、面白い情報が有りましたら是非宜しくお願い致します。

それからですね、

>倭人とオリオンを結びつける数少ない証拠だと思いますが、

についてですが、やはり sapporojin様は素晴らしいですね。読みが凄いです。
有難う御座います!!その通りです。

そして、ここにくるのはST様曰くの4原色ですね、入ってきます。
その上これらが今目覚めつつあると言う事です。
下手をすると爬虫類天国でしょうか、徐々にそれぞれが記憶を呼び覚まされることになると思います。

歴史的にとても楽しみです。






七曜 高耶




[ 2013/01/20 20:41 ] [ 編集 ]

Re: ぷくち様へ

こんばんは、ぷくち様。


初コメ有難う御座います。&初めまして七曜高耶と申します。
以後どうぞ宜しくお願い致します。


> 昨夜たまたま見たサイエンスミステリーという番組で、通常の人は3原色で色を見分けているのですが、最近4原色の人が現れた、という話だったのですが、
> 実はもともと爬虫類が全盛期の頃は4原色で、その後哺乳類になったら2原色になり、人間が全盛期の今は3原色になっているのだそうです。
> そしてさらに4原色へ…




この情報はとても素晴らしいです。
そうですね。また一つに戻るある意味肉体のワンネスです。全盛期と言うことですからまたまた勢力が戻ってくるとも言えるかもしれませんね。







七曜 高耶
[ 2013/01/20 20:45 ] [ 編集 ]

以前このブログの記事にコメントさせていただきました(確か住吉大神の記事でした)が、スフィンクスは正しくはギザ・ネクロポリスの東西の軸に正確に沿って造られて、正しく真東の方向を凝視しており、この延長線上に我が国の広島県があります。

この広島県は、オリオン座と同じ「三ツ星」を家紋に持つ「毛利家」発祥の地です。

この毛利家を戦前のカナ読みに直すと「毛利=マウリ」、「家」は「ヤ」とも読みますので、「毛利家=マウリヤ」となり、これは「ウワイト=倭人」を率いて東方に仏教宣布に向かったソナカ王の主君である「アショカ王」が治めたインドの「マウリヤ朝マガダ国」と同じ名前になります。

また「住吉大神」は、オリオンとの関連があると言われていますが、本来「住吉大神」とは「底筒男命(そこつつのおのみこと)」「中筒男命(なかつつのおのみこと)」「表筒男命(うわつつのおのみこと)」の三神の総称です。

この三神に共通する「男命」を省略すると、「ソコ」「ナカ」「ウワツ」です。

そして「住吉大神」は三神の総称なのですから、「底筒男命(そこつつのおのみこと)」「中筒男命(なかつつのおのみこと)」「表筒男命(うわつつのおのみこと)」を一人の名乗りが分列したものだとすると、「ソコナカウワツ男命」となり、古代倭人が使っていた沖縄発音では「コ」は「ク」の発音なので「ソクナカウワツ男命」です。

これに当て字をすると「ソク=足」「ナカ=仲」「ウワツ=大倭津」ですから、「ソクナカウワツ男命=足仲大倭津男命」となり、「足仲=ソナカ」「男命=オーノミコト=王の命」だとすれば、これは「ソナカの大倭の王の命」との名乗りです。

そして「足仲」は「足仲彦天皇」と言われた「仲哀天皇」の名乗りでもあります。

これは単なる偶然とは思えません。






 
[ 2013/01/20 23:34 ] [ 編集 ]

モアイとその他

 それ等が建てられた時代から現在までポールシィフトはしていないと言う事ですよ。
 多分4000年くらい。
 そろそろあってもおかしくないと思うのですが。
[ 2013/01/21 08:51 ] [ 編集 ]

面白いです★

前の文明の人達の技術は素晴らしいですね感心してしまいます。
早く全てが明らかになってほしい、とワクワクします☆
教科書の歴史を信じきってる人達が驚く様子を見てみたいなぁ(笑)
[ 2013/01/21 17:57 ] [ 編集 ]

Re: yoshi 様へ

こんばんは、yoshi 様。


いつもコメントを有難う御座います。
そうですね・・・そろそろ隠しての投稿も減らしていこうと思います。

あまりに我々の祖の真実を知らせても受け取り側の許容範囲を超えてしまえば、必ず困った事になると危惧していたのですが・・・。

まずは軽くお答えしますとyoshi 様の解釈はyes,です。正しいのです。
偶然では有りませんよ。






七曜 高耶
[ 2013/01/22 21:15 ] [ 編集 ]

Re: 傍観の者様へ

こんばんは、傍観の者様。


しし座の目線は反対側の水瓶座です。
水瓶座の時代に氷河期が起き、全滅したと言われています。

それが今(2013年と言う年に)、きたと言う事で可能性としては高いのではないかと言われていますね。






七曜 高耶
[ 2013/01/22 21:19 ] [ 編集 ]

Re: あめじすと。様へ

こんばんは、あめじすと。様。


コメントを有難う御座います!!

前人の智慧は我々今の人類のはるか上をいっていましたが、今と変わらぬ環境に滅んでしまったと言えるでしょうね。
繁栄するにはお互いを尊重し敬い愛していける様な人間にならねばなりませんね。
私も頑張らねば・・・・(笑






七曜 高耶
[ 2013/01/22 21:32 ] [ 編集 ]

やはりそうでしたか・・・

となると、ノストラダムスの以下の予言ま意味するところもはっきりとしてきます。(詩のナンバーはど忘れしました・・・)

(救世主は)いつか再来すると期待したが、ヨーロッパには再来しない

アジアの方が明白なのだ

偉大なヘルメス系のまとまった国に

そして東洋での成長を、全ての王は確信していた


ヘルメスは、古代ギリシャの経済・流通の神です。

今アジアで経済・流通が最もまとまった国は、我が日本。

そして「全ての王」とは、エジプト・ギリシャ・メソポタミア・ペルシャ・インドなど、倭人が通過してきた各国歴代の国王たちではないでしょうか?

彼らは、日本に倭人がたどり着き、やがてその子孫から救世主が出現する事を知っていたとの予言です。




[ 2013/01/26 13:47 ] [ 編集 ]

何年も前の記事に冒頭だけを読んでコメントするのもどうかと思いましたが目についたので。
スフィンクスは西向きではなく東向きです。
[ 2016/02/08 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1406-1998d92e