FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














マイロン・フェイガンとデビット・アイク


イルミナティの注意事項

http://illuminatiorder.com/【転載】
†  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †

英文:
If you've come looking to confirm conspiracy theories, convinced by the words of Myron Fagan, David Icke, and such nonsense, then this Site is of no use to you.
(あなたはマイロン·フェイガンの言葉に納得した陰謀論、やデイビッド・アイクのようなナンセンスなものを確認するために探して来ている場合、このサイトはあなたにとって何の役にも立たない。)



If you've come looking to confirm that the illuminati worships Satan, and their Goal is World Domination, and ideas presented in such fiction as The Protocols of The Learned Elders of Zion, then this Site is of no use to you.




If you've come to believe that a Group who is concerned about the welfare of the World is not capable of advancing with time and being a veritable participant in changes for the better, then this Site is of no use to you.




If the existence of THIS Web Site contradicts the material of YOUR Web Site, then...

†  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †  †

と、ここで七曜はマイロン・フェイガンなる人物が居る事を初めて知った。マイロン・フェイガンとは一体何者なのか?
イルミナティが公の場(WEBサイト)で言う位なのだからそれなりに迷惑な(煙たい)存在である事は確かだ。

マイロン・フェイガン・・・・調べるとやはり沢山出てきた。
陰謀論者とイルミナティが言う様な内容がやはり書かれている。この場でその内容を分けて転載する。



【前半転載開始】
イルミナティと外交問題評議会


(イルミナティに関する最も優れた解説―1967年の講義録)


マイロン・C・フェイガン





国連は、合衆国から主権を奪おうとする大きな陰謀と、アメリカ国民を国連の世界統一独裁体制の中で奴隷化しようとする企みの中心的存在である。この企みの方法と理由は、ほとんどのアメリカ国民の目から隠されている。



わが国と自由世界全体を脅かすこの恐るべき危機についてなぜ我々が無知であるか、その理由は単純だ。マスコミ、とくにテレビ、ラジオ、報道機関、そしてハリウッドが、この陰謀の首謀者によってことごとく絶対的に支配されているからだ。



周知のように、国務省、国防総省、ホワイトハウスは大胆にも「我々にはニュースを検閲し、真実ではなく、人々に信じさせたい内容のことを語る権利と権限がある」と宣言してきた。



彼らがこの権限を獲得できたのは、この大きな陰謀を実行する彼らの親分がそのように命じたからであり、その目的は、人々を洗脳し、合衆国を、国連を中心とする世界統一政府という奴隷制度に組み込むことにある。



まず次のことを念頭においていただきたい。すなわち、15万の我々の息子を殺し、不具にした、いわゆる朝鮮における国連の警察活動は、この計画の一部であった、と。まさにそれは、議会による開戦宣言を経ずに開始され、今我々の息子の命を奪っているベトナムにおける戦争や、我々の息子たちがこれから殺されようとしているローデシアと南アフリカに関する計画と同じように、国連の計画の一部だった。



しかし、朝鮮において殺され、ベトナムで今殺されているすべてのアメリカ人、そのすべての母親が知らなければならない極めて重要な事実とは、我々が自分の国を守り、憲法を擁護するために選んだワシントンのいわゆる我々の指導者たちは、実は裏切り者であり、彼らの背後には、比較的少数の人々からなるグループが存在するということだ。これらの人々の目的とは、世界統一政府を作り、その悪魔的な計画の中で世界全人類を奴隷化することにある。



この悪魔的な計画について説明するにあたり、まずその起源(18世紀の中頃)を明らかにし、計画の実行者の名前を挙げ、さらに、現在の状況について述べてみたい。最初に、今後の説明を分かりやすくするために、FBIが用いる「彼はリベラルである」という表現の意味を明らかにしよう。



我々の敵、世界統一政府樹立をもくろむ陰謀家たちは、「リベラル(自由主義者)」という言葉を、活動の実態を隠すための隠れ蓑にしてきた。リベラルという言葉は、無垢な人道主義者のイメージを想起させる。しかし、自分のことをリベラルと称する人間、もしくは、リベラルと呼ばれている人間は、実際のところ「赤」ではない。



この悪魔的な計画が始まったのは、それが「イルミナティ」という名前で活動を開始した1760年代のことである。イルミナティを創設したのは、アダム・ヴァイズハウプトというユダヤ人である。彼は、カトリックに改宗し、カトリックの司祭になったが、その後、当時誕生したばかりのロスチャイルド家の要請により、棄教し、イルミナティを結成した。



ロスチャイルド家は、この計画の実行に資金を提供した。フランス革命以降すべての戦争は、様々な名前と偽装のもとで活動するイルミナティの操作による。私が、「名前と偽装のもとで」と述べたのは、イルミナティの存在が明るみに出され、その悪行が知られるようになると、ヴァイズハウプトと協力者たちは名前を変えて活動しはじめたからである。第一次世界大戦直後、合衆国において、彼等は「外交問題評議会(CFR)」を設立した。CFRは、実質的に合衆国におけるイルミナティとその組織にほかならない。



首謀者は最初のイルミナティ陰謀家たちを支配しているが、その事実を隠すために、そのほとんどが自らのもともとの名前をアメリカ流の名前に変えた。例えば、ディロン家、クラレンスとダグラス・ディロン(米国財務省長官)の本当の名前は、ラポスキーである。これについては後ほど述べることにする。



【全半の転載終了】続きは2へ




七曜 高耶




関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/09/10 17:24 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1263-fb4ba72d