FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














スイスと日本の核に対する政策の違いはどの位か?

本日は、この間記事に書きました核シェルターについて、
スイス在住のさえみまま様が情報を下さいました内容を書いて行こうと思います。

スイスでは一般用シェルターと言うものが在った様です。それらは数年前に設置義務はなくなっているようですが、あんまり現場では認識されていない様です。
さえみまま様は、ほんの数ヶ月前、引っ越し先の説明を聞いた時、「義務だから」と義務付けられていた様です。この辺りで日本の危機管理の違いが顕著に現れていますね。
とにかくその為か、スイスではいまでも任意で作り続けてられているそうです。

さえみまま様がご紹介下さった同じくスイス在住のブロガーさんが書いておられた記事を読みましたが、スイスは本当に凄い国です。

やはり、老朽化してるところもある様ですが、
さえみまま様のマンションは築3年弱、なのでしっかりしているようです。

他に、この様な情報もありました。
国民全員兵士、と言われるように国防のための徴兵制度もあります。予備兵の時期は貸与されている制服、他、一式(銃器も含む)が自宅保管らしいです。(七曜:スイスに徴兵制度があったとは知りませんでした・・・)
食料も、国が1年分を常に備蓄。順次、古くなったものは普通に流通されているので、一般人の食べ物はすこぶる不味い、、、。(七曜:不味いと言うのは戴けないのですが、しかし、この点は食糧を廃棄する日本国と違い、大切にすると言う観点でみて素晴らしいと七曜は思いました)

近くの公立小学校の地下に「軍博物館」という物もあるらしく、さえみまま様が、今度行って下さるとか・・・・。もしかするとこの博物館もシェルターを運用しているのではと言う事です。


因みに紹介下さったブロガー様にご迷惑が掛かってはいけませんので、核シェルターの仕組みを一部転載とスイス事情をご紹介させて頂きますね。

【転載開始】
エレベータを降りた所に入口があります。
扉は2枚。外側の扉は厚さ30センチ位のコンクリート製で、中には鉄板が数枚入っているそうです。ドアには潜水艦のハッチのようなハンドルが付いていて、グルグル回して密封する仕組みになっています。



空気清浄機・自家発電装置・非常用の食料と医療用具が備え付けてられています。いくつもの木枠が見えると思いますが、普段は住人の倉庫として利用されています。
スキー板や大きなスーツケース、ワインやジャムなど貯蔵庫として、使っている人もみかけます。



スイス人いわく「権力に狂った独裁者でさえ、自分の隠し財産があるスイスには絶対に攻めてこないよ。」だそうです。
(七曜:これは、一理有りますね~。確かにお金を沢山預けている国をわざわざ狙うわけありませんからね)

住民登録の際「核に汚染されるのが分かったら飲んで下さい」と、もらった薬。

核の研究をしている友人に聞いたところ「体内で核を中和させるの」だとか。

【転載終了】

災害・事故・食料危機に対して、現実的に行動している国がスイスの様です。日本も地震大国なのですから、スイスに負けない位に国民の事を考え、核研究をしているのならばその中和剤をせめて被災地と子供達に配ってあげて欲しいと思っています。



これらの沢山の情報を下さったさえみまま様に、心からの感謝を!!



有り難う御座いました!!









七曜 高耶

スイスの政策と日本の政策のこの違いは物凄い差です。日本もこれ位して頂きたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/08/28 21:07 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

スイスの選挙や国会議員は日本と
全然違うんですよ。

まず、一番の驚きが、兼業議員です。

スイスの議員さんは、仕事を持っていて
仕事が終わってから議会が行われるんです。

そして、議員は名誉職、ボランティアと
解されてるので国会議員でも報酬は
極めて安いのです。

驚きですね。
他にフランス・イギリス・イタリア・
スウェーデン・ドイツ・韓国などあります。

日本もちょっとそういう所を見習ってほしいです。


[ 2012/08/28 22:48 ] [ 編集 ]

スイスと日本の政権の一番大きなちがいは、
直接民主主義かもしれません。
なにかにつけて、国民投票があるので、民意が反映されやすい、、、。
スイスがEUに加盟していないのも、国民投票でNOだったから、と聞いています。

あと、永世中立国だから、っていうのも。
国民一人一人が自分の国が大好きで、自分の国は自分たちで守るんだ!って意識を強く持っています。 

そんなんだから、観光客としてでなく、居住者としての外国人の立場は微妙ですけどね。
[ 2012/08/29 04:40 ] [ 編集 ]

スイス

スイスは永世中立を国是としていますが、戦争を放棄した平和国家ではありません。

侵略者とは徹底して戦う国で、スイスの軍備の質は世界有数のものです。

また国内も要塞化されていると聞きます。

「武装中立国」といった方が正しいでしょう。

世界有数の優れた軍備を持つことで敵の戦意をくじき、「攻め込んでも損害の方が多い」と思わせる事で、他国による侵略への抑止力としています。

スイスがこれまでナポレオンにもヒトラーにも侵略されなかったのはこのためです。

その意味では我が国も見習うべき点が多々あると言えるでしょう。


[ 2012/08/29 22:18 ] [ 編集 ]

Re: さえみまま様へ

おはようございます、さえみまま様。

この度は情報を有り難う御座いました。


色々と勉強になりました。


>国民一人一人が自分の国が大好きで、自分の国は自分たちで守るんだ!って意識を強く持っています。


これは素晴らしいですよねv-343
日本人にもこの感覚をもって生活して欲しいと思います。


>そんなんだから、観光客としてでなく、居住者としての外国人の立場は微妙ですけどね。


そうなのですかv-393
微妙なのですかv-356

七曜、日本からですが、応援してますのでスイスでの生活
楽しんで下さいね~!!




七曜 高耶
[ 2012/08/30 10:09 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

こんばんは、yoshi様。

いつもコメントを有り難う御座います。


> スイスは永世中立を国是としていますが、戦争を放棄した平和国家ではありません。
>
> 侵略者とは徹底して戦う国で、スイスの軍備の質は世界有数のものです。
>
> また国内も要塞化されていると聞きます。


これは初めて聞きます。
永世中立国であり平和国家だと考えていました。

> 「武装中立国」といった方が正しいでしょう。
>
> 世界有数の優れた軍備を持つことで敵の戦意をくじき、「攻め込んでも損害の方が多い」と思わせる事で、他国による侵略への抑止力としています。


世界有数の軍備力での抑止力は凄いと思います。
スイス国民にとっては安心材料になりますよね。

> スイスがこれまでナポレオンにもヒトラーにも侵略されなかったのはこのためです。
>
> その意味では我が国も見習うべき点が多々あると言えるでしょう。



本当に日本にも見習って欲しいと思います。
核中和剤も国民に配ってくれれば、子供達の未来も護れるでしょうに・・・・。
残念でなりません。




七曜 高耶

[ 2012/08/30 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1244-284d64da