FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














2012年8月22日に視た夢。混血種の狂気。


おはようございます。

本日はトンデモ夢日記です。



今日視ました夢は、
人類とレプタリアンの混血種の夢でした。

見た目は普通の兵士であり、結構容姿もイケているのです
が、人と違う箇所がたった一つだけ有ります。

それは尻尾でした。

今迄は全てが人と同じだったのが、突然トカゲの様な尻尾
が生え出したのです。但し、まだ伸びている段階でまだ短
い感じです。

軍隊に所属していた彼(勤務先は研究施設内)はソレが
生えてきだしたその時期から精神が不安定になり、
非常に凶暴性を帯びてきます。


ですが、彼はその様な姿になりたくてなった訳では有りま
せん。
誰かが彼の知らない内に彼を変えてしまったのです。
勿論、それは彼が赤ちゃんとしてこの世に誕生してきた時
からかもしれません。


そして、それは政府の実験でした。
白い白衣を着た研究者が沢山いる、研究施設で彼は暴れて
います。

彼は叫びながら研究者の顔にメスを突き立て殺してしまい
ます。

「何故、こうなったのか?」と。


      img3c99cce2zikazj.jpg


相変わらずの狂気を孕んだ夢内容でした。

リアルにその恐怖が伝わると言うところは、夢ならではかも
しれません。


この夢物語が現実に起きるとは思えませんが、
実際に起きたとしたら、
実験の犠牲者達の反乱が近いのかもしれません。





七曜 高耶

応援クリックを宜しくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/08/22 10:52 ]Posted by七曜高耶 | 2012年予知夢 | TB(0) | CM(17)[記事編集]

相変わらず、デンジャラスな夢を見てますね~
しっぽね・・
トカゲ種なので、伸びたら足のあたりまで
いくのかな?

服はどうするんだろう?
穴開けるのかな?


[ 2012/08/22 12:00 ] [ 編集 ]

現実ですよ。

 もう60年程前からあるでしょ。
 1940年代辺りから。
 ロズウェルの後から。
 お馬鹿さんですからね奴等は。
[ 2012/08/22 12:16 ] [ 編集 ]

記事を読んで、なぜかダークエンジェルというアメリカドラマを思い出しました。

悲しい話ですね。
[ 2012/08/22 13:23 ] [ 編集 ]

Re: 桃加様へ

まだ小さいとそれ程でもないかもしれませんがね(笑

まあ、表沙汰になる様な問題でも有りませんし、
逆に出てきたら出てきたで恐ろしいかも。

でも有る意味映画とかでエイリアンものにならされている
感じですから、すんなり受け入れられる可能性は有りますよね。



七曜 高耶
[ 2012/08/22 15:55 ] [ 編集 ]

Re: 傍観の者様へ

こんにちは、傍観の者様。

今日は、傍観の者様からの情報を元に記事を書きました。

ご報告遅くなりまして申し訳有りません。
有り難う御座いました。

もう、これ以上の遺伝子操作は無理なハズです。
人間としての精神が崩壊する可能性も有りますしね。

夢の話で終わらせたいです・・・・。





七曜 高耶

[ 2012/08/22 15:59 ] [ 編集 ]

Re: n様へ

こんにちは、n様。


コメントを有り難う御座います!!

ダークエンジェルを見た事ないので、youtubeで検索してみますv-22




七曜 高耶
[ 2012/08/22 16:01 ] [ 編集 ]

夢だけで終わりそうにないのが現代ですね
科学バカは結構いそうです
昔アメリカで文字を覚えて簡単なコミュニケーションをはかるチンパンジーが紹介されてました
その後そのチンパンジーは薬品会社で薬品の人体実験(?)として使用された記録を読んだ覚えがあります
毎日接してて愛情が湧かない科学者が不思議でした
異種と結婚してその子孫が鱗や尻尾が有ったのは天皇家でしたよね
山幸彦が龍神の娘と結婚した話その後天皇家では応神天皇まで尻尾があり、尻尾を恥ずかしく思った天皇は裾を長くして隠していたと伝えてます
高貴な階級の人々は裾を長く引きずってました
意外と尻尾隠しの風習が残っていたせいなのかもと思いました
[ 2012/08/22 17:53 ] [ 編集 ]

お邪魔いたします 様~

天皇家ってそうだったんですか!?
人魚姫って・・あれは、日本のことだったんですか。

じゃぁ、竜宮城ってあったのかな?

おとぎの国ですね。
[ 2012/08/22 22:15 ] [ 編集 ]

竜宮

朝鮮の三国史記によると、「多婆那国は倭国の北東一千里にあって、代々竜王が治めた」とあります。

この「多婆那国」は現在の種子島の事であり、山幸が訪れた竜宮の事です。

そして山幸に嫁いだ「豊玉姫」ですが、中国語では「豊=リ・レイ」「玉=ユウ」の発音ですので、「豊玉=リユウ=リュウ=竜」。

つまり「豊玉姫」は「竜姫=リュウヒメ」に対する当て字だったのです。

[ 2012/08/23 10:54 ] [ 編集 ]

朝鮮「三国遺事・新羅本紀・脱解王記」より

私(脱解王)は本来は龍城国の人(または正明国という。あるいは琓夏国、琓夏、あるいは花廈国ともする。龍城は倭の東北一千里に在る)。
我が国ではかつて二十八人の龍王が人の胎内から生まれ、自ら五~六歳で王位を継承し、万民に正しい生き方を修めさせた。
而して八品の貴姓があるが、競い合うことなく、皆が王位に登った
[ 2012/08/23 11:13 ] [ 編集 ]

Re: お邪魔いたします様へ

こんにちは、お邪魔いたします様。

コメントを有り難う御座います!!


このお話し、物凄く面白いですv-411v-363
興味津々で読ませて頂きました。
有り難う御座います。

天皇家の伝え話は初耳ですので、かなり勉強になりました。
本当に感謝です!!

また、関連性のあるお話を聞かせて下さると嬉しいです。
有り難う御座いました。




七曜 高耶
[ 2012/08/23 14:48 ] [ 編集 ]

Re:yoshi 様へ

こんにちは、yoshi 様。

知識を有り難う御座います!!

本当に勉強になります!面白いです。

世界の多くの国で、呼び名は違えども龍の文字や言葉が出てくるのは、
原点が一つだと言う事を物語っている様です。

そして、龍、またはドラゴン達は人間の娘と結婚するお話も数多く
残されていると感じています。
意外と童話の様な中にもそれらの事が書かれているかもしれませんね。

「豊玉姫」=「竜姫」・・・何故当て字にして名を隠さなければなら
なかったのか。
この秘密を解き明かしていきたいですね。

有り難う御座いました。




七曜 高耶
[ 2012/08/23 14:55 ] [ 編集 ]

Re: yoshi 様へ

これらの事から龍族は、人の上に立つ程のカリスマ的存在感と
深い知識と才能があった事が伺われますね。

そして龍同士は非常にお互いを敬う高貴な精神の持ち主だったのかもしれませんね。





七曜 高耶
[ 2012/08/23 14:59 ] [ 編集 ]

>「豊玉姫」=「竜姫」・・・何故当て字にして名を隠さなければならなかったのか。

これに関しては、「名を隠した」のではなく、当時の人々が「豊玉=竜=リュウ」との発音を知っていて、日常的に使っていたのだと考えています。

そして「豊玉姫」の神話を持つ種子島の古代名称のひとつは「豊津国=ホツマ」で、「豊玉=ホタマ」に通じます。

この頃は「倭人混血集団」のように様々な言語を話す人々がいましたから、「豊玉」は「トヨタマ」「ホタマ」「リュウ」など、人々の出身言語によって異なる読まれ方をしたのでしょう。


また新羅の脱解王は、「倭の但馬(タジマ)から渡ってきた昔氏の王」との伝承がありますが、種子島の古代名称には「多児国=タジマ」があります。

以上から、「龍城国は種子島にあった」と言えます。


[ 2012/08/23 22:32 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

こんにちは、yoshi様。


いつも有り難う御座います。

> >「豊玉姫」=「竜姫」・・・何故当て字にして名を隠さなければならなかったのか。


これについてなのですが、何となく二つ名をイメージしていたのです。
色々な国にも残っていると思うのですが、本当の名前と普段使う名前を
区別していた時期がありましたから、これもその一つで、隠し名として
当て字の様な名前を使ったのかと思ったのです。

本当の名を知られる事は、魔力を失い魂を獲られると言いますから・・・。

違ったのですねv-393v-356

同じ意味合いを持つ違う名前かと思ってました。





七曜 高耶
[ 2012/08/24 14:44 ] [ 編集 ]

>本当の名を知られる事は、魔力を失い魂を獲られると言いますから・・・。

なるほど、その様な解釈もあるかも知れません。

我が国には古来より、公の場などでいわゆる「ファーストネーム」で呼び合う文化がないのは、その名残でもあります。


私のブログは、ちょうど「山幸海幸」の神話に入ったところで連載を止めていますが、これはこの神話を調べれば調べるほど煩わしいくらいの事柄や歴史に結びついてしまい、収集がつかなくなっているからです。

現在も調査中ですので、新しい事実が分かればブログに掲載することもあるかと思います。
[ 2012/08/25 00:51 ] [ 編集 ]

Re: yoshi様へ

おはようございます、yoshi様。


yoshi様のブログを私の友人に紹介しましたところ、
物凄く面白いと喜んでおりました。

私自身も勉強になる事がいっぱいで、更新を楽しみにしております!!





七曜 高耶
[ 2012/08/25 10:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1233-04cd12b7