FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














2012年6月22日、夢で出てきた名前。NO.1

おはようございます、七曜高耶です。

今日は瓦礫受け入れについての記事と夢の話を書いていこうと
思います。
まずは、瓦礫受け入れの記事からです。
以下youtubeをご覧下さい。





細野環境大臣:
えー。京都駅周辺にお集まりの皆さんこんにちは。
今日は瓦礫の広域処理についてお話しさせていただきますので、
あのー、まずみなさん、まずは話を聞いていただけませんでしょうか。


我々がお話ししたい事も思いが伝わりませんので、事実が伝わりませんので、
まずは耳を貸して下さい。




人の話を聞かないのはわたくしはフェアーなやり方ではないと思います。
よろしいですか?はい。


がれきの広域処理については岩手県と宮城県の・・・

マイクを替えましたので、こちらがあればみなさんに聞いていただけると思います。


まずみなさんにひとつ知っていただきたい事があります、
それは宮城県と岩手県の実情について・・・

私の地元がある静岡県はすでに受け入れを表明しまして
そして、具体的な準備に入っています。
わたくしの出身地は京都府の綾部市でございます。
わたくしの地元の綾部市、その周辺の自治体でも、様々な取り組みを始めていただいています。


ぜひとも京都の皆様にもその事をご検討いただきたいというのが、おもっています。
みなさん、被災地ではがれきの山の中で何とか立ち上がろうとしている人たちがいるんです。
この事をご存知ですよね。
わたしは先月石巻に行きましたけれども、石巻には100年を超えるがれきがあって、
そしてその中で被災者の皆さんが生活をしています。
仮設の焼却施設を5基造って、1日に1500トン処理をしても処理しきれない。
こういう状況にあるのです。
わたしは瓦礫を見るたびに津波のことを思い出すとか、
がれきを見るたびに自分の、
がれきを見るたびにかつての自分たちが生活をした家がそこにある、
こういう状況をみなさん、あの被災者の皆さんのところに5年も10年も置いておくことができますか?



被災地は頑張っているんですよみなさん。


がれきを処理するために被災地の小学生が



みなさんよろしいですか、これは宮城県の石巻市の小学校の子どもが作ってくれたトロフィーです。
港小学校の子どもたちの中には悲しい事に、命を落としてしまった、そういう子どももいた。
しかし、そういう友達もいる中で、将来に向かって本当に一歩を踏み出そうじゃないかと言って、
石巻の港小学校の子どもたちはこれを作ってくれたんです。
みなさんどうですか。





皆さんよろしいですか?
石巻市の小学生が作ったこの瓦礫がみなさんが受け入れられないような汚いもの、危険なものに見えますか?


ちがうんです。その事をまず分かってもらいたい。
今日は多くの、一緒にがれきの広域処理をしようという、そういう思いの方に来ていただいています。
わたしものちほど、安全性については説明させていただきますが、
野中廣務先生も今日来ていただいています。
野中先生からもみなさんに是非訴えかけをしていただいて、その後安全性の問題について、
私から改めてご説明青したいと思います。


    

野中廣務:
只今ご紹介を頂いた野中廣務でございます。
わたしは先般自由民主党を離党して、今はまったく無所属の人間であります。
一人の市民にしか過ぎないわたしが同郷の京都から出た、この細野大臣が、
京都に来られるという話しを聞いて、そしてここに駆けつけてまいりました。
何とか東北の痛みを分かち合おうとして来てくれている絆のみなさん
そんなのいらんという人、いろんな人がおります。
けれどもみなさん、あの東北の地に行って下さい、わたしは4回行きました。



4回行ってもまだ全部の土地を見ることはできません。
そしてみなさん、この痛みを1年経って、あのままで置いておいていいんですか。
我々はもっと、お互いに日本人として、
それを分かち合わなくてはいけないと思っています。

実はわたしは30年余り前、京都府の副知事をしておりました。
その京都府の副知事の時に、京都商工会議所が産業廃棄物の建設をしようとしていたのを
何にも出来ない。どこででもできない。
それで私は副知事になって、その担当をやって、25日で京都の丹波の水保町に来て
再三その町の人々と話をしました。
ようやく25日の夜、その地域のみなさんも「そうだ、あんたに協力しよう!」
そういう事で全部が協力をしてくれる事になりまして、
早39年になりました。   

この間、山田知事もいらっしゃいました事を、
わたしたちはこの東北の痛みをみんなと分かち合うとともに、
これからも日本が住みよい環境のいい都市として誇りをあげていけるように、
そういう気持ちを分かち合いたいのがわたしたちの気持ちであります。
そんな?な事をしていたらお互いに助け合う事が出来ないのであります。
我々は日本人です。
本人ならお互いに助け合おうじゃありませんか。
これがみんなの大切なこの国をより立派なものにしていくものだとおもっています。



今日本は、あの小泉改革以来、本当に破壊に破壊いを重ねて、大きな坂道を転げようとしています。


この時、天はもっと日本は立ち上がれ!こういう試練を与えてくれたのであります。
この試練をわたしたちは東日本の災害を分かち合うことによって、
そしてこの日本をもう一度、立ちあげようではありませんか。
わたしは同郷の細野環境大臣の、この一生懸命やられている姿を見て、
そしてここにわたしは自分の前のポストも何も考えないで、
一人の市民としてこのマイクを持った次第であります。
どうぞ皆さん環境のある、環境の良い、誇りある京都を、京都から立ち上げようと、
この声を高らかにあげてください。ありがとうございました。




以上がyoutube内容になりますが、人の話を
聞かないのはフェアーでないと言いながら地元民の
話を聞かない彼ら・・・・。

反対してますけど、石巻の小学生のトロフィーまで
出してきて、子供を利用する始末。

子供を持つ親だから言えるのだが、
この様な事に利用してもらおうと思って作った訳では
無いと私は思う。

本当に純粋な気持ちで作って、そして細野氏に渡した
筈だ。
来てくれて有難うの感謝の気持ちだったのではないだろうか?


それをこの様に利用したとするならば赦せない・・・。


国民に悪意の分担を背負わせようとしているのか・・・・。


この様にする前に、もっと力を入れるべき所がある筈だ。
被災地の未来ある子供達を・・・・、
そして精一杯生きている方々をどうか護って欲しい。

本当に護って欲しい・・・・。



今日、何故この事を書いたかと言うと、ある人物の名前が
出てきたからだ・・・・。


それは次の記事で書くことにしようと思う。



上、動画は福岡です。









七曜 高耶




関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/06/22 09:24 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(6)[記事編集]

No title

ついに京都まで…日本全土汚染させて食べ物、飲み物0にさせたいんですかね?どこかの国に脅されたりしていたり?原発で反日国家がたくさん増えたでしょうし…。

今の世の中に本当の幸せを求めるのって無謀ですかね?
動画見て、国の強行突破や嘘、隠蔽に悲しくなってきました。
動物無駄に殺して食べてる人間だし当然の報いとして受け入れられるけど。七曜さんは動画を見てどう思われましたか?
[ 2012/06/22 14:05 ] [ 編集 ]

Re: あいこ様へ

こんばんは、あいこ様。


コメントを有難う御座います。


> 今の世の中に本当の幸せを求めるのって無謀ですかね?

そうですね・・・・無謀・・と言う事は無いと思いますね、七曜的には。

勿論、幸せの形は数多にあるでしょうからそのどの部分を
欲するかによっては変わってくるかもしれませんが・・・。


> 動画見て、国の強行突破や嘘、隠蔽に悲しくなってきました。


これは動画以前の問題でして、
もうずっと古くからこの調子だったようですよ。
隠蔽、当然みたいな感じで。

考えようによっては今迄隠されてきた事実が明るみに出てきた様にも思えます。

これは良い兆しかもしれません。


> 動物無駄に殺して食べてる人間だし当然の報いとして受け入れられるけど。


確かにこれは言えてますね。
動物は必要最低限の獲物しか捕獲しませんが、
人間は食べる以上に殺し、捨てます。
飢えで苦しむ国もあるのにです・・・・。

世界的に見ても、特に日本は命を粗末にしている一番の国だと
統計にも出ています。


この事実は変えられないですし、当然の報いと言えばそうなの
かもしれませんが、

それでも小さな子供達は関係ないですよね。


そう思われませんか?
それに周りが変わらなくても自分が変われる。

それで十分かも。

・・・何か訳がわからないお返事になりましてすいませんv-356





七曜 高耶

[ 2012/06/22 20:18 ] [ 編集 ]

懐かしいです

瓦礫広域処理問題ですね。

いやぁ~、あの時は頑張りました。
懐かしいです。

もう、この問題は、最終的に各自治体の決断(住む人の意識)になりますので、外部の者が何を言ってもダメなんですよね。

北九州だろうが、京都であろうが、私は反対運動に参加できるものはしますが・・。

結局、土地を守るのは、その土地に住む人なんですね。

日本人は、食事の前と後に、確か言葉に出して感謝する風習があったと思いますが・・。
あれを意識するだけで、随分と違うと思うのですよ。

私たちは無力ではありません。
大きな力を秘めている事を思い出して下さい。

私は、小さき者が声をあげる時、ひっくり返ると思っています。
今がその時。

私たちは、今すぐにでも、真実を知り、決断をしなければいけないと思っています。
平和で安全な未来に不必要なもの(物・者)は、ごみ箱へ・・・のイメージでお願いします。(笑)
[ 2012/06/23 14:11 ] [ 編集 ]

汚染瓦礫を森林に、という案は無視されていますが、実行はされています。いい輪が広がりますように…
[ 2012/06/23 19:04 ] [ 編集 ]

Re: 桃加様へ

おはようございます、桃加様。


いつも有難う御座います!!



そうですね、小さな力も集まれば大きな力になりますね。
意識も同じくでしょう。


「三本の矢」の様に大きな力になり、
それが政治に反映されれば嬉しく思います。





七曜 高耶
[ 2012/06/25 08:47 ] [ 編集 ]

Re: 美穂様へ

おはようございます、美穂様。


コメントを有難う御座います。


> 汚染瓦礫を森林に、という案は無視されていますが、実行はされています。いい輪が広がりますように…


貴方のその優しさが全てに反映される様に心から祈っています。
有難う御座います!


貴方の優しさが七曜にも伝わりました。

これからもどうぞ、宜しくお願いいたします。




七曜 高耶
[ 2012/06/25 08:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1152-044fbd3a