FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














放射性セシウムの食品新基準。【重要】

こんばんは、七曜高耶です。

【たんぽぽ舎】様より一部転載させて頂きます。
今回の転載記事の中にはかなり気になるものも含まれています。

特に乳児食品と乳製品の箇所です。

お子様が小さいお母様方はやはり気になると思います。

4月1日より施行された新基準をこちらに転載致します
ので、どうぞご覧下さい。
1~6迄の細かい説明文も重要ですので、併せてお読み
下さると有り難いです。
宜しくお願い致します。


┏┓
┗■1.放射性セシウムの食品新基準は
 │   内部被爆犠牲者を出すことを容認するもの
 └────(安田節子 食政策センター・ビジョン21)

 4月1日より食品中の放射性物質の新基準がこれまでの暫定基準に代わり
 施行された。

 ○放射性セシウムの新基準値
   食品群    基準値 (単位:ベクレル/kg)
  ------------------------------------------
   一般食品   100
   乳児用食品   50
   牛乳      50
   飲料水     10
  ------------------------------------------

 1.原発事故後のもっとも重大な被ばく源は食品からの体内
   取り込みだ。
   放射線防護の観点から、いかに国民の内部被ばくを防ぐ
   かという思想に立って基準策定されるべきところ、
   新基準は内部被ばくの犠牲者を出すことを認めるものとなった。

  放射線の影響には閾値がないのだから、限りなくゼロを
  目指して国民の内部被ばくを防ぐ基準を定めるべきだ。
  その数値にもとづき市場流通前にふるいわけ(スクリーニング)
  の全ロット測定が実施され、超えたものは東電賠償対象とし、
  基準以下のものだけ市場に流通する体制を構築するのが政府の
  責務ではないか。

  日本の公衆の被ばく限度は年間1ミリシーベルト以下という
  法律の定めがある。
  しかし、1年間運用された暫定基準は、食べる食品の半分が
  基準ぎりぎりだとして年間17ミリシーベルトの被爆を認める
  ものだった。
  これは非常事態の介入値で、安全濃度を示すものではないと
  政府がいうように、途方もない緩い値であった。
  新基準は、セシウムについて5分の1に引き下げたというが、
  暫定基準が途方もない数値であるから、引き下げたといって
  もなお高過ぎる。

  また主食の米について、一般食品と別に厳しい数値が設定
  されるべきだった。
  100ベクレルぎりぎりの米を誰が食べたいと思うだろうか。
  ウクライナ、ベラルーシでは主食のパンには一般食品より低い
  基準を定めている。
  流通する米は一桁レベルの規制値にしない限り、生産者も米流
  通業者も消費者の懸念のはざまで対応に苦慮するだけだ。

 2.セシウムの基準値のみで、ストロンチウムなど他の核種の
  基準値が定められていない。
  政府はセシウム値に他の核種を比率に応じて考慮していると
  言い訳をしている。
  同じ理屈で暫定基準のときもストロンチウムの基準は示され
  なかった。
  基準値がなければ考慮されず、検査体制の構築や実質的規制は
  なされない。
  わけてもストロンチウムの基準は不可欠だ。
  なぜならストロンチウムは作物のみならず、魚介類にも取り込
  まれやすい。
  事故後1年から2年に魚の汚染のピークが来ると言われている。
  計測器配備や検査体制に費用と労を惜しむようでは、
  本気で被爆防護を考えているとは思えない。
  ストロンチウムはベータ線核種であるため体内への摂取後に毒性
  を示す。
  化学的性質がカルシウムに似ているため、骨に蓄積される。
  そのため生物的半減期が長く、セシウムと異なり次第に蓄積され
  ていく。
  食品にわずかしか含まれていないとしても危険性が高くなるの
  だ。

 3.乳児食品と牛乳に50ベクレルはとうてい許容できない。
  ゼロであるべきだ。
  細胞分裂が活発で成人の何倍も影響を受ける乳児や子どもたち
  を内部被ばくから守るためにはゼロ基準でなければならない。
  しかもゼロ基準の達成は不可能ではない。
  乳業メーカーは輸出向け粉ミルクは汚染ゼロを保障して輸出し
  ているのだ。
  現在、乳業メーカーは多くの酪農家から集めた原乳をクーラー
  ステーションでミックスした後、計測している。
  高い汚染の原乳があっても薄まり規制値をクリアーすればよしと
  している。
  酪農家の牛を個別に検査し、汚染牛を特定するというきめ細かい
  作業を続ければ、汚染のある原乳の混入はなくなる。
  牛乳だけでなく米も茶も同様で、きめ細かな測定による汚染源の
  特定と排除が最も被ばく防止に有効だが、
  それはコストがかかるからしないで、ミックスして基準値以下に
  薄まればよしとする業界にやさしい食品流通規制を続けていては
  国民全体が内部被ばくさせられるのは必至だ。

 4.飲料水の10ベクレルはあまりにも高い。 ちなみに飲料水の基
  準は米国0.111ベクレル、ドイツ0.5ベクレルだ。
  現在いずれの浄水場も計測値は検出限界以下となっている。
  検出限界値は小数点以下だ。
  実現できている小数点以下の規制値にすべきだが、
  なぜしないのか。
  あえてWHO基準の高い数値を持ってくる意図はどこにあるの
  か。
  再び飲料水の汚染が起こりうると想定しているのかもしれない。

 5.幼児、子ども、妊婦への配慮がない  乳児食品と牛乳以外の
  一般食品はおしなべて100ベクレルだ。半分は汚染のない食品
  で、残り半分がこのレベルぎりぎりの食品を摂取したとする前提
  で一般食品に割り当てる線量は、1mSv/年から「飲料水」の線量
  (約0.1mSv/年)を差し引いた約0.9mSv/年としている。
  これは内部被ばくだけでだ。

  ドイツ放射線防護令では、公衆の年間放射線被ばくの制限値を
  0.3ミリシーベルトとしている。
  この基準を守るためには、セシウム137の制限値は子どもと
  青少年に対しては食品1キロ当たり4ベクレルを、
  大人は8ベクレルを超えるべきではないと勧告している。
  それでも年間0.3ミリシーベルト被ばくすると
  国際放射線防護委員会(ICRP)のリスク数を使用した場合、
  10万人当たり1~2人が新たに癌で死亡する結果となる。

  日本は半分は汚染していない食品という前提だから、
  ドイツ放射線防護令からすると、6倍くらいになるのではない
  か。
  日本の年間1ミリシーベルトの被ばく限度はICRPの基準を
  参考にしている。
  放射線防護の考えは出来る限り被ばくは最小化するという原則
  があったが、ICRPは「ALARA(As Low As Reasonably
  Achievable)」Reasonablyを挿入したアララの原則にすり替え
  た。
  合理的、現実的に達成できる限り、低くというもの。
  「合理的」とは経済性の観点から決められる。

  新基準は明らかに経済性優先で放射線防護がその下に置か
  れている。
  日本政府はアララの原則に則って基準を決めている。
  多くの内部被ばくの犠牲者を生むことを承知しての基準で
  あり、とうてい納得できるものではない。

 6.米、牛肉、大豆については、米、牛肉は2012年9月まで、
  大豆は12月まで暫定規制値500ベクレルの適用が続く。
  また加工食品については、3月31日までに製造、
  加工された食品は暫定規制値を賞味期限まで認める
  9月30日までに製造、
  加工された米、肉を原料とする加工食品は賞味期限まで
  認める 12月31日までに製造、
  加工、された大豆食品は賞味期限まで認めるとなっている
  ため、2本立ての基準となり、500ベクレルの食品も
  流通することになる。注意が必要だ。

  それにしても現状は加工食品原料やコンビニ弁当など
  放射能検査はほとんどされていない。
  食品企業やコンビニ各社に新基準より厳しい自主基準を定め、
  放射能検査体制を敷き、数値を公表するよう電話を集中させ
  よう!


転載協力して下さる方は、どうぞ宜しくお願い致します。




七曜 高耶




関連記事
[ 2012/04/06 21:43 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1081-4320a7ba