FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














グリーン電力証書

おはようございます、七曜高耶です。


今日は皆様に、「えねぱそ」をご紹介したいと思います。
転載は大歓迎です。
是非多くの方々に安全でエコでクリーンなエネルギーが
存在している事を知って頂く為にご協力下さい。


「えねぱそ」とはEnergy Green Personalの事で、
自然エネルギーを利用した発電を指しています。

太陽光発電・風力発電・小水力発電・バイオマス発電・地熱発電と、
多くの自然からの恵みによって発電出来ると言う事を皆様は知って
おられたでしょうか?

原子力だけで賄われているのでは無いのです。

無知を良い事に押し売りをされているだけなのです。
ですから、「知る」事と「知識を得る」事は我々にとっても、
・・・そしてこれからの地球環境を護って行く為のものにも
なります。


●太陽光発電/おひさま発電所(長野県飯田市)
市民出資による太陽光発電所です。飯田市を中心に、周辺の下伊那地方の自治体の保育園、公民館、児童センター、養護施設などの公的施設およそ160ヶ所に太陽光発電所を設置しています。その総量は1200kW。年間140万kWhの電気をつくる分散型メガワットソーラーです。
詳細は、 こちら もご参照ください。




●太陽光発電/金羊社ソーラーパワー(東京都大田区)
東京で創業80年を誇る印刷会社。大田区の東急多摩川線沿線にあり、鵜の木駅から壁のソーラーパネルが見えます。設備容量は30kWですが、年間発電量3万kWhのすべての電気が印刷に使用されています。金羊社については、こちら をご参照ください。




●太陽光発電/プロロジスパーク発電所(神奈川県座間市)
物流センターを運営する外資系会社の広大な屋上にメガワット(出力1,000kW)のソーラーパネルが一面に敷き詰められています。年間100万kWh発電される電気は物流センターの稼働に寄与しています。
詳細は、こちら もご参照ください。




●風力発電/かぜるちゃん(北海道石狩市)
市民出資による風力発電所です。日本で最初に市民出資による風力発電建設を実現させた北海道グリーンファンドによる4番目の風力発電所になります。出力は1500kWで年間400万kWhの電気を生み出します。
詳細は、 こちら もご参照ください。




●小水力発電/大宮発電所(埼玉県さいたま市)
さいたま市水道局と東京発電(株)が共同で設置した発電所。配水場の流れを使い、東京発電(株)が運転を担当しています。上部は「親水公園」で、地下に設置されています。設備容量は50kWで、40万kWの電気を毎年生み出し、さいたま市の市民に水を提供するために働いています。
詳細は、 こちら もご参照ください。




●バイオマス発電/兵庫パルプ発電所(兵庫県丹波市)
兵庫県の丹波市の田園地帯の中にある発電所です。秋には周辺にお米が実り、赤とんぼが群れています。木質チップを使って段ボールを造っている工場で、その一部が燃料となり電気となっています。出力は18000kW、毎年1億3千万kWhという大量の電気を生み出し、その内1600万kWhがグリーン電力になっています。
詳細は、 こちら もご参照ください。




●地熱発電/霧島国際ホテル発電所(鹿児島県霧島市)
坂本龍馬も行った霧島の温泉井戸の蒸気を有効活用した発電です。日本の地熱発電の草分け的な存在で、出力100kWで年間40万kWhの電気を生み出し、その全てがホテルの照明などで使われています。
詳細は、こちら もご参照ください。



以下は個人向けグリーン電力証書についてのご案内です。
要予約の定員50名しか入れないようです。
ご興味がお有りの方は是非お急ぎ下さいませ。



個人向けグリーン電力証書のお話@渋谷パタゴニア


パタゴニア 環境エッセイ
go renewable~再生可能エネルギーを活かして

http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=16857&ln=447



「Go Renewable ~再生可能エネルギーを活かして」
特別企画トークイベント
自然エネルギーとグリーン電力証書「えねぱそ」
ゲスト: 竹村 英明

4月4日(水) 20:30~22:00 渋谷ストア (要予約:定員50名)

自宅の電気をグリーンにする、電気を選ぶ時代へ。個人にも気軽に自然エネルギーの普及に参加できるようにした個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」は、電力会社からの電気供給契約はそのままに、自身の選んだ太陽光、風力、小水力、バイオマスなどの自然エネルギーによる電気を使用しているとみなされます。ひとりひとりの行動が、現在ある障壁のなか、持続可能なエネルギー社会を創造する一歩となります。エネルギーシフトを牽引しつづけるエナジーグリーン株式会社副社長で、えねぱそ考案者の竹村英明さんにお話いただきます。

プロフィール
環境エネルギー政策研究所顧問/エナジーグリーン株式会社副社長。衆参の議員秘書や国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンのスタッフを経て、2004年より環境エネルギー政策研究所。飯田市でのおひさま進歩エネルギー事業立ち上げを担当した後、(株)自然エネルギー・コム(エナジーグリーン株式会社の前身)でグリーンエネルギー証書事業を担当。3・11東日本大震災と原発事故後に「えねぱそ」を考案。同時に「eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)」アドバイザー、「つながり・ぬくもりプロジェクト」事務局長。1951年広島生まれ。横浜市立大学卒業。

お問い合わせ/ご予約 パタゴニア 東京・渋谷




最後迄読んで頂きまして有難う御座いました。
感謝致します。 









七曜 高耶




関連記事
[ 2012/03/31 07:19 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

NoTitle

おはようございます。

本当にそうですよね、これだけの火山国で温泉も豊富、世界に輸出できるほどの地熱発電の技術がありながら、安全性よりも自分達の金銭欲で危険性の高い原発を選ぶ。

現に今回の被爆が原因ですでに500人以上が亡くなっていますから、これからうなぎのぼりです。(ホットスポットなどで被爆を心配されている皆さんは亜鉛を含む食品を意識して摂取することで体内の放射性物質を排出出来るそうです。また身体に異常を感じたら専門医に甲状腺のチェックをお願いして下さい)

これからは特に巨大フレアーによる停電も起こりやすく最悪何ヶ月も復旧できない可能性もでてくるのに。。冷却できるのかな?

おまけに最近はテロ対策で国民の血税の自衛隊まで動かして原発周辺の海上の警備が必要になってきている。

こんな危険極まりない金くい虫の原発は官僚系原発ハイエナ(=マフィア)と共に早く絶滅していただきましょう。50人以上の東電の天下りはくびにして、今回身体を犠牲にして国民を守ろうとしてくださった原発現場の方々が東電の役員なるのが一番じゃないですか?

ホント天下りをトップにするとろくなことがない。話はそれますが、今回の1000億円の企業年金が消えた事件も600人以上の天下りがからんでいますからね、元から絶たなきゃダメってことです。

「発電は 原発以外に 限ります!!」
〆につまらない句で失礼いたしました。
[ 2012/03/31 12:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1068-e03080ac