FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














郷内歴史保存会様を、再度ご紹介させて頂きます。

郷内歴史保存会をクリックしますと、サイトにとびます。 郷内歴史保存会  
      P1010647_convert_20120131100522[1]_convert_20120201183747
                    倉敷市林 日本第一熊野神社

この度、「郷内歴史保存会」 を立ち上げました。この設立に至ったのは、私達が生まれ育った郷内は、縄文時代には既に海であり、山沿い(海岸)には貝塚等の遺跡もあり、又1300年以上昔(奈良平城京遷都と同時代)に新熊野三山が創立される等、この地域には数々の国指定文化財、県重文があります。

倉敷市内にこれほどの文化財に恵まれた地域は、他に無く、それだけに郷内地区の歴史の深さを感じます。

その一端を申し上げますと備前児島の五流山伏は、頼仁親王が五流尊瀧院に流され、生涯を終えるなど皇室の血を受け継いで,公卿山伏と言われ、格別の地位が与えられていました。この郷内の地に皇室を受け入れるだけの財力と権力があったということとおもわれます。



熊野神社駐車場の上段の位置に、後鳥羽上皇の御影塔が在りますが、創建当時は覆屋(廟)の中に在りました。応仁の乱で焼け落ち、満身創痍となりました御影塔ですが、姿は実に立派なものです。後鳥羽上皇が隠岐で亡くなり荼毘に付した御骨は、隠岐と山城と郷内の三か所に俸葬したと伝えられていましたが,先年の解体修理によって宝塔の中に伝承通り納骨されていました。この御影塔の南側に小型で大理石製の五輪の塔が一基、御影塔を見守るように在り、隠岐から上皇の分骨を携えて来た近侍の墓とと伝えられていましたが盗難にあっています。
最近も木見の諸興寺跡に在った、児島高徳の墓と書かれた五輪の塔も無くなってしまい、誠に残念でなりません。

これからは、こうした不祥事を起こさせないことは勿論の事、各遺跡の存在を表す標柱を立て、後世にその存在を残すべく、又郷土史をより充実したものに、皆様と手を取り合って進めてまいりたいと、郷内歴史保存会を設立いたしました。
標柱を建てるにあたっては、事前の現地確認の散策(岡山県倉敷市郷内地区)や、説明会等もする予定ですので、是非皆様のご入会を心よりお待ち申し上げます。


入会金:一口三千円(入会金は最初の時のみで、標柱を建てる為の材料費代及び事務経費代として使わせて頂きます。)



郷内歴史保存会及びご入会のお問い合わせ


会長  田辺 進  TEL086(698)8977

事務局 小林 良三 TEL086(485)0062
             携帯090-1015-5012




以上でご紹介内容を終わりますが、
色々と歴史のお話しを聞いていく内に
有名なあの木花咲耶姫の御話しにまで及びました。

この神社は木花咲耶姫とも縁があるそうです。

地元なのですが、そう言った昔話があったとは・・・・。
七曜、全然知りませんでした。
七曜自身、とても勉強になりました。

歴史の縁って本当に不思議ですね。









七曜 高耶

ブログランキングに参加しています
いつも応援して下さいまして有難う御座います!感謝です



関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/03/01 10:33 ]Posted by七曜高耶 | 個人的なお話 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

NoTitle

趣がありますね。
足を運びたくなります。
[ 2012/03/01 23:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/02 01:15 ] [ 編集 ]

Re: コウハク@気功にハマる様へ

こんにちは、コウハク@気功にハマる様。


> 趣がありますね。
> 足を運びたくなります。


そう言って頂けるととても嬉しいです。

七曜自身も、知らなかった地元の神社です。
これから色々と歴史の勉強していこうと思っていますv-398




七曜 高耶
[ 2012/03/03 11:21 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/15 18:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://orangeapple01.blog.fc2.com/tb.php/1020-d31cda33