FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














川内原発 きょうから核燃料を原子炉へ

おはようございます、七曜高耶です。

本日、7日から川内原発で核燃料を原子炉へ移す作業が開始されるそうです。

ここの所、鹿児島県では火山噴火の可能性が高まっている筈なのですが、原発の方は大丈夫だと九州電力は自信を持っていらっしゃる様で、その根拠となるところをお聞きしたい感じですね。

地面は繋がっていますから・・・・・。


最近、ある元原発作業員だった方に直接お話しを伺ったのですが、「川内原発」は他の(福島等)の原発とは造りが違うと言ってましたね。

福島原発の造りは一体型らしく、一つが停止すれば全てを補う事が出来ないらしいのですが、川内原発は一つが停止してもキチンと補助出来る仕組みになっているとか。なので安全だとは仰っていましたが、もし火山噴火に伴う地震で全てが倒壊した時はどうなるのでしょうか?

また、その方と近々にお話しを伺いたいと思っています。

因みに以下の様な事が書かれている文献があったようです。
この記述は、原子力発電所が集中している若狭湾沿岸(福井県)の事で、1586年「天正地震」とそれによる津波で大きな被害が出た事を発端に、その事を調査していた敦賀短期大学外岡慎一郎教授(中世日本史)らの活動によって、複数の文献に記されていることが最近明らかになったそうです。

吉田兼見が書いた『兼見卿記』やポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが書いた『日本史』などである。
フロイスの『日本史』には次のように書かれている。「高い山にも似た大波が、遠くから恐るべき唸(うな)りを発しながら猛烈な勢いで押し寄せて(中略)引き返す時には、大量の家屋と男女の人々を連れ去り、その地は泡だらけとなって、いっさいのものが呑(の)みこまれてしまった」

関西電力は文献の内容を把握していたが、津波による大きな被害はないと説明していた。地元からも不安の声が上がっており、文献に即した対策を求めている



過去の文献を読み必要に応じての対策は大切であると七曜も思っています。


川内原発 きょうから核燃料を原子炉へ
7月7日 6時00分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150707/k10010141441000.html








川内原発 きょうから核燃料を原子炉へ



九州電力が来月中旬の再稼働を目指している鹿児島県の川内原子力発電所1号機で7日、原子炉に核燃料を入れる作業が始まります。作業は4日間の予定で行われ、再稼働に向けた準備は最終段階に入ります。


川内原発1号機と2号機は原発事故後に作られた新しい規制基準に去年、全国の原発で初めて適合しているとされ、現在、再稼働に必要な設備の検査を受けています。
このうち、検査が先行して行われている1号機で、九州電力は7日から原子炉に核燃料を入れる作業を始めます。原子炉建屋の隣の建物の燃料プールに保管されている157体の燃料をクレーンなどを使って、1体ずつ原子炉に入れることにしていて、最初の1体を午後から運び始める予定です。
川内原発1号機は福島第一原発の事故の2か月後に停止したあと、おととし1月末にすべての燃料が原子炉から取り出され、原子炉に燃料を入れるのは、およそ2年5か月ぶりです。燃料を入れる作業は今月10日まで4日間かけて行われる予定で、九州電力は「作業員を入れ替えながら24時間体制で作業を進める。安全を最優先に作業したい」としています。
その後、川内原発1号機の再稼働に向けた準備は最終段階に入ります。九州電力は緊急時に冷却水を注入する設備など安全上重要な設備の検査や重大事故を想定した総合的な訓練を経て、来月中旬に原子炉を起動して、再稼働する計画を示しています。
.


原子炉に核燃料入れる手順は


川内原発の原子炉に入れる核燃料は隣の建物にある燃料プールに保管されています。そこから、原子炉がある建物へ移動させる作業は燃料から出る放射線を遮るため燃料を水から出さないように行われます。
その手順は、まず、燃料が運び込まれる格納容器の中心部にある原子炉とその周囲に水を張っておきます。その後、隣の建物のプールで、燃料集合体をクレーンで1体ずつ、つり上げ、水中を原子炉建屋と接する場所まで移動させます。そこには「燃料移送装置」と呼ばれる運搬設備があり、燃料をセットし、寝かせるように倒した状態で、トンネルを通して隣の原子炉建屋に送られます。トンネルを出ると燃料は再び垂直に立てられ、クレーンで水中を移動させて原子炉に挿入されます。この作業を繰り返し、1日およそ40体のペースで4日間で157体の燃料をプールから移す予定です。作業の多くは自動化されていますが、燃料の移動はおよそ2年5か月ぶりになるため九州電力は手順書に従って慎重に作業を進めることにしています。
九州電力によりますと、原子炉の内部や周囲にはられる水は核分裂反応を抑えるため、ホウ酸の濃度を高めていることや、1号機の場合、運転停止から4年余りがたち、その前から使われていた燃料の発熱量も少なくなっていることから原子炉に燃料を移すことで、リスクが高まることはないとしています。





七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
自然災害 ブログランキングへ

[ 2015/07/07 09:49 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

2015年5月8日夢記事より。

今年の事でなければ良いのですが、一応今年、7月18日~19日は注意・警戒。
(±5年)
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2638.html


夢の内容でいけば、火山性ガス(毒霧)が広範囲にくる可能性を示唆。

とりあえず、年の予測は出来ませんが、7月~9月迄警戒と、噴火と大き目の地震に警戒を(関東)。

 





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2015/07/03 11:58 ]Posted by七曜高耶 | 火山噴火 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

神奈川県周辺で硫黄臭がするとの報告がtwitterで


先程、訪問者の方にお返事している時にふと気になったのが、2015年5月8日に書いた「毒霧」の夢です。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2638.html



まさにタイムリーなコメントです。

何が起きているのか判りませんが、広範囲に渡り「硫黄臭」がするとの事。
以下がそのリアルタイムtwitterになります。

【yahooにログインした状態でご覧下さい:(リアルタイム)】
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%A1%AB%E9%BB%84


ガス2

硫黄濃度が急激に上昇したようです。


もし、これに関しての情報をお持ちの方は是非教えて下さいませ。
宜しくお願い致します。






七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
自然災害 ブログランキングへ

[ 2015/07/02 15:09 ]Posted by七曜高耶 | 火山噴火 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

2015年7月2日に視た夢。 「小惑星」と「4個の惑星」

おはようございます、七曜高耶です。

本日視た夢を書こうと思いますが、これが何かを暗示しているのかどうなのかの判断が付かないものです。
それを踏まえて読んで頂きたいと思います。

2015年7月2日に視た夢。

2015年7月2日に視た夢は、「小惑星」と「4個の惑星」。


惑星それぞれの名前は判らないが、一つは地球とよく似た惑星。そしてその他の惑星は知らない惑星。
今までに見たことも無い惑星だ。

その中を通り過ぎてきた一つの「小惑星」が地球に堕ちてくる。
まるで地球に腰を掛けるように、地表に降りる。

然程大きな衝撃は無いが、その中から視た事も無い透明のドロッとした液体が出てくる。

宇宙由来の新種のもの。

生物では無いが、ウイルス的なものだった。


以上が本日の夢になります。

少し気になる夢でも有りましたので、もしかすると「IN DEEP」さんなら書かれて有るかと思い、検索してみましたら、
よく似た内容の記事が有りましたので、こちらに転載させて頂きました。

その記事が以下になります。
日本語訳は英文の下に入れています。


The World Is Going To End In September (Apparently)

Massive comet on a collision course with Earth, say conspiracy theorists
Yahoo NewsBy Andy Wells | Yahoo News – Mon, Jun 8, 2015..


衝突


NASA says there is no such comet heading towards Earth (Rex Features)

You might want to put those plans for a last-minute autumn holiday on hold as the world is apparently going to end in September.

Conspiracy theorists reckon that civilisation will cease to exist by the time September ends because a giant comet is about to smash straight onto Earth.

The exact date is not set in stone but impact is predicted any time between 22 September and 28 - giving you just three months to get through your bucket lists.

It may not be the best news to hear on a Monday but biblical theorists have been predicting the end of the world for some time on various websites, with many believing it will result in the Rapture.

They also claim that politicians already know of the existence of a world-ending comment - but are choosing not to tell the general public in case of a mass panic.

But if you’re getting ready to pack a suitcase for Mars, space agency NASA may be able to calm your fears.

A spokesperson said: "NASA knows of no asteroid or comet currently on a collision course with Earth, so the probability of a major collision is quite small.





"In fact, as best as we can tell, no large object is likely to strike the Earth any time in the next several hundred years."

Some theorists disagree with the method of extinction, however, believing that the whole thing will be kicked off by the CERN Large Hadon Collider.

One blogger predicted: "The CERN logo is 666, the sign of the beast in a circle.

[ Petition to Introduce a Ginger Emoji Reaches 12,000 ]

Rapture predictions have been known to fall short of the mark before, the most high profile gaffe coming from Christian broadcaster Harold Camping.

[ Google Adds Amazing Underwater Scenes to Street View ]

Declaring that Judgement Day would take place on 21 May, 2011, Camping was left with egg on his face when the world carried on as normal on 22 May.

So don’t buy that nuclear bunker just yet.


IN DEEP氏訳:】
世界は9月に終わるらしい(どうやら)


地球と衝突する軌道を持つ巨大な彗星があると陰謀論者たちは言う

最近、陰謀論者たちは、巨大な彗星が地球に衝突するコースをとっており、今年9月に地球の文明は消滅するという主張を繰り返している。

日付としては 9月22日から 9月28日までの間の任意の時間が予測されているという。となると、あと3ヶ月ということになる。

聖書の預言を信じるプロテスタントにおけるキリスト教終末論(携挙 / Rapture )者たちは、長く、この「世界の終わり」について様々なウェブサイトで説を展開し続けて、それを信じる人々も多い。

また、彼らは、この世界の終わりについて、世界の政治家たちはすでに知っているが、パニックを避けるために一般大衆には公表していないと主張する。

さて、こんな話を聞くと、火星にでも逃げたくなるかもしれないが、NASA の談話はその不安を和らげてくれる。

NASA のスポークスマンこのように述べている:


「私たち NASA は、地球へ衝突する軌道を持ついかなる彗星も小惑星も知らない上に、そもそも、そのような衝突が起きる可能性は極めて小さいのです」


「私たちが言える最良の言葉としては、そのような巨大な天体が地球に衝突する可能性については、少なくとも次の数百年はないということです」



そのような天体の衝突による絶滅を信じない陰謀論者たちもいるが、その中には、CERN の大型ハドロン衝突型加速器( LHC )によって、地球のすべてが吹き飛ばされると確信している人々もいる。

あるブロガーは、「 CERN のロゴは、円の中に獣の印666がある」として、 LHC による地球の滅亡を予測した。


プロテスタントのキリスト教終末論では、主イエス・キリストの再臨において起こると信じられている、地上にあるすべての真のクリスチャンが空中で主と会い、不死の体を与えられ、体のよみがえりを経験するとされる。

キリスト教系放送局のアナウンサー、ハロルド・キャンプ氏は、「審判の日」が、2011年5月21日に起きると宣言したことがあるが、それはまだ起きていない。




2011年5月21日の日にくると言われていた「審判の日」はこず、信者はガッカリしている事だろうなと思う。

私自身は「審判の日」には全く興味は無いのだが、この記事には興味を惹かれた。

何故なら今日、夢で視たから。

実際に起きるかどうか、その瞬間にならなければ判らないだろうし、何かの暗示かもしれない。


ともかく、この様な記事もあった事だし、何かしらのメッセージはあるのだろうな・・・と思っています。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/07/02 09:33 ]Posted by七曜高耶 | 2015年予知夢 | TB(0) | CM(5)[記事編集]

Tさんが視た夢。 2015年6月30日

本日二つ目の記事は、まほろば読者であるTさんが視たヴィジョン(夢)になります。

前回の記事でもご紹介させて頂きましたが、Tさんは直感力の優れた可愛い女性です。
今回も快くご了承下さいましたのでご紹介させて頂こうと思います。


【大爆発(大噴火?)の夢】

6月30日、寝起き際の一瞬の映像ですが、画面一体が大爆発の映像でした。
(ここでの画面とはそのような風景を視たという感じ出そうです)

話が長くなるので省略しますが、解釈としては富士山の噴火のようです。



夢の話は以上になるのですが、ネットの中でも書籍の中でも「富士山噴火」に関しての情報は非常に多く、
中でもスピリチュアル系のネットや書籍はかなり疑わしいものも氾濫しています。

中には宇宙人と直接コンタクトされている方で、宇宙人と協力しながら「富士山噴火」を抑えていると言われる方もいらっしゃいますね。

ただ、もしそれが本当だと仮定して、富士山の噴火を抑える事で何が得られるのか?です。

前にもお話ししましたが、火山帯プレートを風船に例えると何処かで穴を空け、空気を逃がさなければ、風船の中に溜まる空気はどんどんと増え続ける事になり、風船全体が破裂してしまう事になります。

そうなれば日本は富士山所か、住む場所さえ無くなってしまうでしょう。


その手助けを宇宙人がしているのであれば、それは極めてまずい状況になります。
ハッキリ言いまして、知識の無い宇宙人さんですね。


宇宙の法則を完全に無視して良い格好しているのか?それとも他に何か狙いが有るのかそのどちらかです。


私が時々ご紹介する宇宙に関する本は、「読み物として面白い」レベルのものが殆どです。

なので大切なのは各人がサニワ(審神者)する事です。
書籍やネットの中の情報は、有る程度真実を書き、嘘が少し入っています。

それを見抜く力が今の現代にとって必要なツールだと言えるかも知れません。






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
宇宙科学 ブログランキングへ

[ 2015/07/01 11:32 ]Posted by七曜高耶 | 読者が視た未来 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

予知夢かどうか判りませんが、子供が視た夢を載せています。

本日初めの記事は、子供が視た夢を書こうかと思います。

この夢が予知夢なのかどうなのかの判断は難しいですが、カテゴリは2015年の予知夢に入れています。
どうぞご了承下さい。


さて、子供が視た夢は「津波」と「地震」だったそうです。

「地震」は然程大きなものでは無かった筈なのに「津波」を視たと言う事で、そこに矛盾は感じるものの
非常に詳しく覚えていた様です。




本日の朝、目覚めた子供が一番にこう言いました。



子供:「あ~、怖かったぁ。さっき津波の夢をみたんだ。」

七曜:「津波?」

子供:「うん。そう。」

七曜:「場所は何処だったか判る?」

子供:「沖縄・・・・の近く?・・・・・・九州の斜め下辺り。」

七曜:「九州の斜め下?グーグル開くから教えてくれる?」

子供:「うん。」

七曜:「だいたいどの辺り?」

子供:「う~ん。・・・とにかく家が少なくて人も少なくて、小高い山みたいのがあって木もいっぱいあった」
「よく判らない・・・・。小さな島だったのは覚えているんだけど・・・・」

七曜:「そうかぁ。じゃあ、皆の服装は覚えてる?天気とか」

子供:「雨が降ってた。それに夜じゃなかったよ。服装は・・・・長袖の人がいた。」



以上が七曜家の朝の会話でした

朝から何暗い話ししてるんでしょうかね我が家は。



とりあえず、七曜自身の夢ではないですから、この夢が何を意味するのかも判りませんし、能力的に考えて
予知夢の可能性も有りますし、難しい所ですが、もしかすると以下の画像に有るように、




フィリピン海プレートか若しくは、ユーラシアプレートが南西諸島海溝に影響を与え、海の何処かで地震が起こるのかもしれない。

実際、東日本大震災の時も、震源地(?)は海の中で、あれだけの津波や地震を起こしたのだから全く無いとも言い切れない。



悩ましい所ではあります。

とりあえず、メモとしてここに残してみました。





七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ

[ 2015/07/01 10:11 ]Posted by七曜高耶 | 2015年予知夢 | TB(0) | CM(2)[記事編集]