FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川


この度、被災された方々様、衷心よりお見舞い申し上げます。


今回、このニュース記事を読みました内容に有りました、

「ほかの地域の水害のニュースを見ていて人ごとだと思っていたが、いざ自分に起きるとこんなに大変なんだ」

と言う言葉に自戒の念を感じました。
そして、これが被災地以外で住む方々の本音の一部だと思います。

「可哀そうね」「大変だね」と言う言葉の裏側にあるのは「第三者」の視点であり、
安全な場所に自分達がいるからです。

実際に自分が体験しなくては判らないことと言うものは必ず存在し、他人事として受け取っていた末に起きた事象
だったと言えます。

この地で被災された方の一人も、それを感じられたのでしょう。


大切にしていた『何かを失う』ことは本当に厳しいことです。


そして避難所で暮らせたとしても『期限』と言うものが有ります。

ずっとそこで暮らしていける訳では有りませんし、持病を持たれている方や高齢者、
他個々の事情をお持ちの方にとって未来の展望は暗いものと捉えるかもしれません。

ですが諦めればそこで御終いです。


絶望する時間があるのなら上を向いて歩んで生きていって欲しいと心から願っています。




家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川


10/15(火) 8:55配信

毎日新聞


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000003-mai-soci




 台風19号による大雨で千曲川の堤防が約70メートルにわたって決壊し、濁流にのみ込まれた長野市穂保(ほやす)地区。水が引き始めた14日、家屋や特産のリンゴ農園が流されるなど被害の一端が明らかになってきた。住民は変わり果てた姿にぼうぜんとしていた。

【写真特集】千曲川決壊 何もかも流され…

 「こんなことが現実に起こるなんて……」。決壊した堤防の近くに住む芝波田(しばた)真由美さん(68)は決壊から一夜明けた14日の午後、浸水した自宅の様子を見に戻ってあのときの恐怖が改めてよみがえってきた。

 長野市では24時間降水量が134・5ミリと観測史上1位を記録した。穂保地区には12日午後6時に市から避難勧告が出た。同居する夫英一さん(66)は母親(97)を連れて13日午前1時ごろ、家を出て避難所に身を寄せた。だが、芝波田さんは床下浸水で済むと考え自宅にとどまった。「猫を飼っていたので避難所に連れて行ったら迷惑になるかもしれない」と思ったからだ。

 眠れないまま朝を迎え、気づくと1階に泥水が浸入してきた。車で避難しようとしたが既に泥水につかっていたため2階に避難した。当時の緊迫した様子が英一さんとの無料通信アプリ「LINE(ライン)」のやりとりに残っている。

 「(水が)床上来た!」(13日午前4時3分)

 「まだ引かない?」(同4時11分)

 「(水が)階段まで来た」(同4時38分)

 「ベランダからはしごかけてあるから屋根の上に避難して」(同4時43分)

 「凄(すご)い! 怖い!」(同5時32分)

 その後、2階から目にした光景が忘れられない。濁流の中を冷蔵庫やげた箱が漂っていた。「逃げられない」。祈るように水が引くのを待った。

 自衛隊のヘリで2階ベランダから救助されたのは13日正午ごろだった。「次はすぐに逃げる」と声を震わせた。

 国土地理院によると、浸水域は穂保地区を中心に推定数キロ四方に及んだ。14日朝、泥水は引いたが、一部で20センチほどの水がたまり、一帯は泥に覆われていた。記者が歩くと「ヌチャ」とぬかるみ、何度も足をとられそうになった。どの家屋の壁にも濁流が押し寄せたことを示す泥の跡が付き、その高さは1・5~2メートルに達するところもあった。

 「本当に無くなっちゃったんだ……」。12日夜の避難勧告後に知人宅に避難した葛田(かつらだ)信子さん(70)は目の前の光景に絶句した。自宅は残っていたが、社会保険労務士の長男の事務所やその周囲の複数の住宅は跡形も無く、基礎部分だけが無残な姿をさらしていた。電柱もなぎ倒され、赤い実をつけていたリンゴ農園も根こそぎ消えていた。葛田さんは自戒を込めてつぶやいた。「ほかの地域の水害のニュースを見ていて人ごとだと思っていたが、いざ自分に起きるとこんなに大変なんだ」【岩崎邦宏】








七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
自然災害ランキング
スポンサーサイト



[ 2019/10/15 11:34 ]Posted by七曜高耶 | 被災地 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

豪雨災害エリアで雷雨の恐れ 岡山、広島は要注意


豪雨災害エリア、中でも岡山、広島で雷雨の恐れが有り、要注意とのことです。

本日も湿度が高い様でまとわりつくような「うだる暑さ」に襲われています。
水分補給と塩分補給をワンセットで行ってください。

もし、水分補給が難しい場合、日平均(6g未満)以上の塩分補給はお止めください。

宜しくお願い致します。


豪雨災害エリアで雷雨の恐れ 岡山、広島は要注意

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6289553



 11日(水)の西日本は大気の状態が不安定になっています。午前中から広い範囲で気温が30℃を超えており、午後は内陸部を中心に35℃前後まで上昇する見込み。これにともない、山沿いでは雷雲が発生・発達し、天気急変の可能性が高まっています。(ウェザーニュース)



※追記:倉敷広範囲で雷雨の確率が高いようです。




七曜 高耶
[ 2018/07/11 15:19 ]Posted by七曜高耶 | 被災地 | TB(0) | CM(24)[記事編集]