FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














首都直下地震 188万人が“住宅難民” 専門家分析

こんばんは、七曜高耶です。

以下は「NHK WEB NEWS」になります。

人間の中にある時間軸が進みそうな予感がする記事。

『塵も積もれば山となる』

負のエネルギーが集まらなければ良いのだけれど。

まるでイタチごっこ。



首都直下地震 188万人が“住宅難民” 専門家分析
2019年12月7日 17時09分


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191207/k10012206091000.html



首都直下地震で自宅が被災して住めなくなった場合、次の住まいを確保できるのか。専門家が、首都圏の1都3県を分析したところ、188万人が仮設住宅などには入れず次の住まいが見つけられない、“住宅難民”になるおそれがあることが分かりました。




首都直下地震が発生した場合、国は、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県で、合わせて313万戸の建物が全半壊すると想定しています。


都市防災が専門の専修大学の佐藤慶一教授の試算によりますと住宅が全壊や半壊し自宅に住めなくなる人は、1都3県でおよそ595万人に上るということです。

こうした人たちが次の住まいを確保できるのか、佐藤教授は、国や1都3県の被害想定、賃貸住宅のデータなどのほか、インターネットで住民5000人以上に行った被災後の住まいに関する意向調査をもとに、発災からおよそ1か月後を想定しシミュレーションしました。

それによりますと、自宅が全半壊したおよそ595万人のうち、全国各地の親戚や知人の住宅に移ることができる人はおよそ140万人でした。

また、自力で賃貸住宅を見つけられる人はおよそ101万人、賃貸住宅を仮設住宅として自治体が借り上げる「みなし仮設」や、プレハブの仮設住宅に入居できる人はおよそ91万人、自宅を修理して再び住む人がおよそ74万人でした。

この結果、住まいが確保できるのは合わせておよそ407万人で、残る188万人は次の住まいを見つけられない“住宅難民”になるおそれがあることが分かりました。

この要因について佐藤教授は、首都圏では、建設用地が限られるなど、提供できる仮設住宅の数が足りなくなる一方で、東京出身者が多く、地方へ移り住む動きが鈍いことなどを挙げています。







七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
スポンサーサイト



[ 2019/12/07 17:16 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

『人工スターゲート』 重要

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2019/12/01 10:23 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

新指導者は「米に苦痛と惨劇もたらす」…「イスラム国」が報復示唆 2年後を警戒して下さい。


2019年8月27日の記事に書きました通り、
米国にお住いの方々、家族・知人・友人等いらっしゃいましたら是非警告を宜しく
お願い致します。

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3555.html

単なる夢の話では有りますが、現実となれば火の海になる可能性が有ります。
その日は出来るだけ主要都心部を避けて頂ければと思っております。



新指導者は「米に苦痛と惨劇もたらす」…「イスラム国」が報復示唆

11/1(金) 11:11配信

読売新聞オンライン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00050150-yom-int


 【カイロ=上地洋実】イスラム過激派組織「イスラム国」は10月31日、系列メディアを通じて音声による声明を発表し、指導者のアブバクル・バグダーディ容疑者が死亡したことを認めた。声明はまた、新指導者に「アブイブラヒム・ハシミ・クラシ」を選んだとし、「新指導者は米国に苦痛と惨劇をもたらす」と報復を示唆した。

 新指導者の名はこれまで知られておらず、素性は不明だ。声明は、イスラム法学者で「米国との戦い」を経験してきた重要人物だとしている。ロイター通信は、イラクの少数派ヤジーディ教徒の虐殺に関わったイラク軍出身のアブドラ・カルダシュ容疑者の可能性があるとの専門家の見方を伝えている。「イスラム国」は、イスラム教徒に対し、新指導者への忠誠を誓うよう求めており、新指導者の下で組織の立て直しを図るとみられる。

 トランプ米大統領は10月27日、米軍の特殊部隊がシリア北西部で展開した急襲作戦で、バグダーディ容疑者が死亡したと発表していた。






七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
学問・科学ランキング
[ 2019/11/01 20:55 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(6)[記事編集]

求心力失墜、報復テロ懸念も=IS指導者バグダディ容疑者



2019年8月27日の夢記事でも書きましたように、

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3555.html

アメリカ合衆国、
現地付近若しくは主要都市部にお住いの方は「報復」による「テロ」に警戒をお願い致します。
日付等は記事内に有ります。

今回の「IS指導者死亡」についてですが、「IS」以外にもテロリストと言うものは存在していますし、
他の組織が台頭してくる可能性も有ります。

ただ、上記夢記事の約一か月前(7月29日)にもテロに関する夢を視ていますので、

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3531.html

その期日迄は特に(アメリカ合衆国は)警戒が必要かと思われます。



求心力失墜、報復テロ懸念も=IS指導者バグダディ容疑者
10/28(月) 7:11配信

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000005-jij-m_est



イスラム



 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)最高指導者のバグダディ容疑者は、シリアとイラクにまたがる「国家」樹立を宣言した2014年以降も、公の場に姿を見せなかった。

 ISはかつての広大な支配領域を失い、バグダディ容疑者も往時のカリスマ性や求心力を失墜させている。ただ、ISはもはや指揮系統があいまいで、「バグダディ容疑者がいなくても、IS残党の活動は各地で個別に続く」(中東専門家)と懸念は強い。アフリカやアジアなど世界中に潜む残党や支持者が、報復テロを行う可能性も排除できない。

 報道などによると、バグダディ容疑者は1971年、イラク中部サマラで信仰心があつい家族に生まれた。首都バグダッドの大学でイスラム文化やシャリア(イスラム法)を履修。その後は地元のモスク(イスラム礼拝所)などで説教師として活動した。

 2003年のイラク戦争の翌年、反米武装闘争に参加し米軍が拘束。米軍収容施設で過ごした間に、過激思想に染まったとみられる。釈放後、ISの前身組織に合流。前任指導者が米イラク軍に殺害された後、10年に後継者となった。

 イスラム教預言者ムハンマドと同じ部族の血統を引くと主張し、初代正統カリフ「アブバクル」の名も継承。14年には自らを「カリフ」(ムハンマドの後継者)と名乗り、全世界のイスラム教徒に「私はあなた方をまとめる指導者だ」と訴えて徐々に自身の権威を高めていった。

 イスラム教シーア派主導のイラク中央政府に反発するスンニ派住民から支持を得たISだが、特異な宗教解釈に基づく暴力的な支配を強めていった。15年には、拘束していたフリージャーナリスト後藤健二さんら日本人2人を身代金の要求後に殺害するなど、外国人の「処刑」を繰り返した。

 17年にISが「首都」と定めたシリア北部ラッカが陥落。その後も、米軍と共闘するクルド人勢力の猛攻で追い詰められ、バグダディ容疑者の死亡説が何度も浮上しつつも、監視が及びにくいイラクやシリアの砂漠地帯などを転々としていたとされる。

 イスラム過激派に詳しいイラク人専門家ヒシャム・ハシミ氏は取材に、「ISには大打撃だが、過激な思想が完全になくなるわけではない。同じようなテロ組織が再び生まれる恐れもある」と警告している。 









七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
[ 2019/10/28 09:29 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

天然痘保管施設で爆発炎上、ロシアの施設は安全か


2019年8月29日に視た、「国内」「ウイルス」の夢と、



2019年9月13日に視た、「インド」「ウイルス」「血液サンプル」の夢

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3568.html

を本日のyahoo記事を観て思い出した。

このロシア・シベリアのノボシビルスク州コリツォボにある生物学研究施設が爆発をしたのは16日の午後で、

天然痘のほかエボラ、炭疽など危険な疾病を引き起こすウイルス・細菌株が保存されており、
普通で考えても爆風でこれが飛散しているのではないかと思われるのだが、

コリツォボのニコライ・クラスニコフ市長は「生物学的な危険はない」として漏出はなかったと強調しているようだ。

この年の偏西風(丁度、北陸を通る形になるのだが)を考えると、
もし仮に・・・だが、ウイルスや細菌株が爆発によって飛散したとして、
ボシビルスクのからの大気は上にも書いた様に偏西風によって北陸等を通過することになる。

更にその大気はインドへも流れる。

この私が視た夢は「偶然」なのだろうか?


初めに私が思った事は、日本政府が持ち込んだ「エボラウイルス」が何らかの事故で
飛散し、新潟に行くのかと思っていたのだが、
もしかすると、こちらなのだろうか?

その為に政府による「エボラウイルス」の病原体の持ち込みだったのだろうか?


繋がる様で繋がらないような・・・・・。

ウイルスは目に見えないものだから、尚更不安にはなる。
何事も起きなければ良いのだが・・・・。



天然痘保管施設で爆発炎上、ロシアの施設は安全か

9/18(水) 15:02配信

47NEWS


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000003-yonnana-soci




天然痘保管施設で爆発炎上、ロシアの施設は安全か


天然痘ウイルスの電子顕微鏡写真


 ロシア・シベリアのノボシビルスク州コリツォボにある生物学研究施設、ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センターで16日午後、爆発があり、作業員1人が重いやけどを負い病院に搬送された。ロシア通信などロシアの主要メディアが伝えた。同センターには、研究などのため、天然痘のほかエボラ、炭疽など危険な疾病を引き起こすウイルス・細菌株が保存されており、その漏出が懸念されたが、コリツォボのニコライ・クラスニコフ市長は「生物学的な危険はない」として漏出はなかったと強調した。

 特に天然痘については、ワクチン接種の効果で1980年、世界保健機関(WHO)が根絶宣言を出し、地球上からなくなったものの、バイオテロ対策としてアメリカ疾病予防管理センター (CDC)とロシアの同センターでの保管が認められていた。現代では免疫を持つ人はほとんどいないことから、万が一にも漏出すれば大きな被害が出ると予想されている。
.





天然痘保管施設で爆発炎上、ロシアの施設は安全か


ノボシビルスク


 ノボシビルスクのニュースサイト「ナーシ・ドーム・ノボシビルスク」によると、爆発は6階建ての建物の5階の一室で発生。部屋の改修作業中にガスボンベから漏れたガスが爆発、約30平方メートルを焼いたが消防隊により消し止められた。爆発で部屋の窓ガラスがすべて破壊されるなどした。同センターは「部屋にはウイルスや細菌など生物学的危険物は保管されていなかった」としている。

 同センターは1974年に前身組織が設立され、旧ソ連時代にはソ連の生物兵器禁止条約署名と条約発効にもかかわらず生物兵器開発に従事されていたとされるが、ソ連崩壊後は、主にウイルス・細菌による疾病予防やワクチン開発などを行っている。ウイルス・細菌を封じ込めるレベル4の最高度安全実験施設だが、具体的な設備・構造、実験内容、天然痘の保管場所など国家機密として明らかになっていないことが多い。

 2004年5月にはベテラン女性研究員がエボラウイルスの付着した注射器を誤って自分の手に刺し感染、2週間後に死亡する事故があった。 (共同通信=太田清)







七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング

[ 2019/09/18 15:55 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(5)[記事編集]