FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














Are We Living in a Computer Simulation? Let’s Not Find Out - The New York Times


これはかなり昔の記事になります。

リンクしているのは5年前の2014年7月の記事です。

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-2133.html

この記事よりもう少し詳しく書いた記事が有りましたが、
みつけることが叶わず、その内容に触れている一行の為にリンク致しました。

その箇所とは「実験」の言葉の箇所です。


もし、昔に書いた記事を記憶されている方がいらっしゃれば思い出すかもしれませんので、
もう一度書かせて頂こうかと思います。

これは例えを含んだ内容です。
N.Yタイムズでも書かれていますが、この例え方が一番妥当なのですよね。


それでは書いていこうかと思います。


今存在している宇宙は本当に宇宙なのか?まずそのことを疑わねばなりません。
「宇宙」という言葉を考えたのは人間です。

しかし、この「宇宙」がもし何かの試験管の中だった場合、あなたはどうしますか?
培養液が「宇宙」で、その中にいる人間は「ある種の菌株」の様なものだった場合。

想像出来るでしょうか?

独立した存在だと信じて疑いませんか?

「神」とは一体何なのでしょうか?

我々という存在を培養している「研究者」が神かもしれません。


こう考えると小さな小さな存在ですよね。
まるで微生物。
微生物が劣悪でお互いを喰い殺したり生かしたりしているところを想像してみて下さい。

私が何年も前から書いていることが今発表されているのです。


リンク先の「第9惑星」についてもです。

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-2942.html

この発表も、ブログ読者の方々は2014年には既に知っていた事実です。

あの場所は出口に最も近い場所であり、エイリアンにとっても人間でいうところの「神」に
近い場所です。
エイリアンと呼ばれる存在もまた「創られた」存在なのですから・・・・・。



Opinion | Are We Living in a Computer Simulation? Let’s Not Find Out - The New York Times


https://www.nytimes.com/2019/08/10/opinion/sunday/are-we-living-in-a-computer-simulation-lets-not-find-out.html
2019.8/10


今のところ、これらの実験は行なわれておらず、今後も行なわれないことを願っている。
実際、私はこれらの実験を行うことは破滅的に悪い考えであることを警告するために書いている―宇宙の消滅を引き起こすかもしれない。

こう考えてみてください。研究者が新薬の有効性を検証したい場合、患者が薬とプラセボのどちらを投与されているかを知らないことが極めて重要です。
もし患者が誰が何を受けているのかを知ることができたら、その治験は無意味で中止されなければならない。

これとほぼ同じように、私が雑誌『アーケンニス』に発表予定の論文で論じているように、もしわれわれの宇宙が研究目的の高度な文明によって創造されたものであれば、
われわれがシミュレーションの中にいることを発見できないことが、研究者にとってきわめて重要であると考えるのが妥当である。
私たちがシミュレーションの内部にいることを証明しようとすると、作成者がシミュレーションを終了させ、世界を破壊する可能性があります。


有名なスピリチュアリストが書いた書籍引用だけの宇宙人ソウル擬きの方には判らない情報だと思います。
何故なら「記憶」・・・所謂「エネルギーの情報」がないからです。

面白半分で参加したスピリチュアルイベントの主催者の方も適当な書籍引用ばかりで、運が良ければ
仲間に会えるかと思ったのですが、残念な結果になってしまいました。

勿論、何を信じるかはご本人の自由意志で決定されてください。

私が語る言葉もまた真実でないかもしれないと疑って下さる事も大切です。
スピリチュアルな言葉は疑うこと。
これは非常に重要なことです。


そして出来ればそのまま真実から目を逸らした方が(彼らを)欺けるかもしれません・・・・。




七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
スポンサーサイト



[ 2019/08/13 22:49 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

イラク戦争の本当の理由は、サダム・フセインが「スターゲート」を管理していたから?


「イラク戦争の本当の理由は? サダムフセインが「エイリアンワールドへのスターゲートポータル」を
手に入れていたから?」


というSFなお話しが有りましたので、転載しています。

「スターゲート」と言うと「惑星間移動装置」。
人間を分子レベルに変換し、再構築することで可能となる装置ですが、
この説が通るなら、サダム・フセインはこれといってアメリカがいう「悪」ではなかったかもしれないという
事になり兼ねないような気もします。

と、言うことは?

ISに関しても本当の所は分からない事になりますよね。
メディアに操作された洗脳のような情報しかないですし・・・・・。

WTCの件もそうですし、真実が知りたいですね。

それにしても、かなり変わった情報サイトでした。


スターゲート

https://exonews.org/the-real-reason-for-the-iraq-war-saddam-hussein-had-stargate-portal-to-alien-world/


The Real Reason For the Iraq War? Saddam Hussein ‘Had Stargate Portal to Alien World’

•ジョージW.ブッシュ大統領が2003年にイラクに侵攻した主な理由の1つは、サダムフセインの「大量破壊兵器」と言われていることです。しかし、それらの武器は実際には見つかりませんでした。それでは、なぜブッシュと彼の英国のカウンターパートであるトニー・ブレアは、そのような信頼できない口実で彼らの政治的キャリアと遺産を危険にさらすでしょうか?

•Dr. Michael E. Salla(ExoPolitics.org)は、ブッシュとブレアがイラク侵略の口実として使用した「危険な関係書類」は、彼らの真の動機のカバーであると信じています。かつて悪名高いシュメールの魔術師ギミルイシュビの隠れ家だった円頭のダークジグラット。サラは、スターゲートをある場所から別の場所へテレポートするための瞬間的な時空の移動手段を可能にする人工物として説明します。

•2003年の「イラクに対する先制戦争の外交的展望」と題された論文で、サラー博士は、古代シュメールにまで遡るイラクへの長期的な地球外の関与の証拠があると主張しています。 (ここでサラ博士の研究研究#2を参照してください)

•サラ博士は、歴史家ゼカリアシッチンを引用して、「ネフィリム」として知られる約200人のエイリアンのグループを特定しました。エイリアンは、イラク/イランの地域で上司に反抗しました。サラはまた、地球上で初期の文明と対話し、おそらく初期の文明を作成した「エロヒム」も指しています。これらの存在は、総称して「アヌンナキ」と呼ばれ、太陽系で最も神秘的な惑星ニビルから来ています。ニビルは、太陽の周りに楕円軌道を持っているため、木星の軌道内を3、600年に1回しか移動しません。外の太陽系の暗闇で過ごす残りの時間。

•アメリカ当局者は、サダム・フセインがスターゲートと共にニビルに旅行し、高度な地球外兵器とアヌンナキ同盟の可能性を手に入れることができたことに懸念を抱いていました。彼らは、惑星間戦争を避けるためにイラクに侵入するための偽の証拠を作り上げました。サラー博士は、「ブッシュ政権がフセインがこの情報を明らかにするのを阻止し、アヌンナキ・スターゲイト自身をコントロールするためにイラクに入った理由の大部分だったと思う」と述べた。









七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
[ 2019/08/12 13:28 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

英、史上最高の38.7度を観測 先週の記録を確認



snap_orangeapple01_20198465156.jpg

前回、画像込みでの説明をしたと思うのですが、
現段階では「赤道」と言うものが意味を成していない状態と言えると思います。

何故なら、地球が北北東に傾いているからです。

これは(上画像)平面画像ですが、立体的に考えて頂けると分かると思いますが、
今までの常識で考えていると、判断が難しいのではないかと思います。

これをみて分かるように、北半球は暑くなってきます。

氷もどんどん解けていくことでしょう。
北米も同じくです。

ただし、地球が今の状態を元に戻そうとしてくるならば、
大きな巨大地震が起きる可能性が有ります。

これも結構前に書きましたが、「振り子の原理」です。

人類にとっては非常に厳しいことですが、南半球の小さな国が水没しない為には
必要といっても良いかもしれません。

が、どちらにしても地球内部に空洞が出来ている状態を戻すことが出来ればのはなしですが。


穴を掘ったアリの行く末を考えると先が視えてしまいそうです。



英、史上最高の38.7度を観測 先週の記録を確認

2019年7月30日 7:04 発信地:ロンドン/英国 [ 英国, ヨーロッパ ]


https://www.afpbb.com/articles/-/3237477


【7月30日 AFP】英気象庁(Met Office)は29日、英国で今月25日に観測された気温38.7度の暫定記録が、同国の観測史上最高気温と確認されたと発表した。

 同庁はツイッター(Twitter)で「ケンブリッジ大学植物園(Cambridge Botanic Garden)での記録は、品質管理を経て、英国の正式な最高気温記録となった」と発表した。


因みにアフリカの温度は少し下がるかもしれませんね。

降雨による水害として出てくる可能性も。





七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
自然災害ランキング
[ 2019/08/02 10:02 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

地球の未来は・・・・・・・。




太陽は動くことがないので定位置なのだが、何度もブログで書いた様に、
今地球は傾きが酷い。

これは全て人類が鉱物資源を採掘している為だ。

赤い線は赤道を顕しているのだが、現状は緑と青の線の様になりつつある。
そして、青い線上はニュースをみて知っている方は多いと思うのだが、
今までに無い熱波が襲った地域である。

地下の空洞化が進めば大きな地震が増え、異常気象に拍車をかけることになる
だろうし、更海水は南に下り、地球の傾きが酷くなっていくだろう。

アリの様に穴を掘り、資源を食い尽くすのを人類が止めない限り。

現実問題難しいだろうけど・・・・・。
だから地球外に移住しなければならなくなるのだろうけど。





七曜 高耶


クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
[ 2019/08/01 07:09 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

アラスカを覆う異常気象、アンカレジで31度を記録とジョージア・ガイドストーン 


2017年7月、七曜は地軸に関する夢記事を書いていた。

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3219.html

アラスカの異常気象。

これはアラスカに限らず、世界規模で異常気象が増えてきていると
ある程度の方々は感じているはず。

では何故その様な異常気象が起き続けているのか?

それも有る程度の方々は気付いているのではないかと思う。

2017年の記事の最後の方に七曜が書いた通り、
地軸の歪み(位置)が酷くなってきているからだ。

それはなぜか?

七曜はNWOと言うものを支持する訳ではないが、それが原因の一つなのは
聡明な読者の方々は理解出来ると考えている。


人類を虫に例えるならば「蟻」。

「蟻」に失礼かもしれないが、資源を食いつぶす質の悪い「蟻」の様なもの。

地球内部に穴をあけ、お金の為に資源を食いつぶす。

資源とは内部の鉱物達。



これからあちらこちらでこの様な事象が増え続けるだろう・・・・。

そうなると結局、ガイドストーンの意味が現実味を帯びてきてしまう訳だ。

そして今までの生活スタイルを変えれるわけがない私達に待っているのは、
自然による淘汰か、支配する者達による淘汰か・・・・。



アラスカを覆う異常気象、アンカレジで31度を記録

CNN.co.jp545

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6329142



(CNN) 米大陸北部のアラスカ州アンカレジで独立記念日の4日、観測史上最高となる華氏89度(セ氏31.6度)を記録した。








七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
自然災害ランキング
[ 2019/07/06 09:55 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]