FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














百瀬直也様のブログ「探求三昧」より「秋田県の明菜」さんの夢を一部転載


こんばんは、七曜高耶です。

本日はいつもより体調が良いので、二つ目の記事を書かせて頂きました。

以下、百瀬直也様の了解を得て探求三昧の記事の一部を転載しているのですが、
その中で一番興味を持ちましたのが「秋田県」にお住いの「明菜」さんと言われる方が
視られた夢の一つです。


https://www.tankyu3.com/entry/2019/10/06/224105#秋田県の明菜さんから


ミサイル発射が急に増え始めて被害の出る事が起こってます。
1つ気になるのが、北朝鮮以外の国からもミサイル発射があってテレビは全て緊急事態って報道になってる夢でした。
噴火も山が色ついてるので紅葉の時期に軽い噴火がある夢も見ました。
それと、地震ですが、内陸地震が続いてました。
長野の爺ちゃん助けて!って方が毎日夢に出るので1つは長野県の内陸地震でしょうか?
もう1つは工場が沢山あって建物も沢山あるから首都方面でしょうか?
秋田の内陸の友達も見えてるから秋田の内陸も気になります。
日本海も今もまだ気になります。津波?ミサイル?どっちなのか分かりませんが、娘が指さしてます。


2018年7月9日

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3299.html

この時、私の夢に登場したのは「中華人民共和国」。
明菜さんの夢では国名等が登場していないので同じとは言い難いところもあるのですが、
文中に有るように、

北朝鮮以外の国からもミサイル発射があってテレビは全て緊急事態


と言う箇所がどうも引っかかります。

北朝鮮以外の国・・・・・。

勿論、内容が似ているからと言って、それが現実に起きるかどうかも判りませんし、
私の夢が間違っている可能性も有るのですが、
何かシンクロしているような気もするのです・・・・・。

以下がその時の夢記事(一部転載)になりますが、


2018年7月9日に視た夢。


2018年7月9日に視た夢は、「着弾地点」「日本?」「中華人民共和国」
「山に囲まれた(若しくは山が近い)水(海水?)の場所?」「17:58~18:00」
「赤紫の線と色の入った電車」



明菜さんの夢の内容は私が読む限り、あまりにも多く書かれているので、
どの夢とどの夢が関連している夢なのかが非常に分かり難いのですが、
本日は気になった夢を転載させて頂きました次第です。

とりあえず、その様な事態が起きないことを祈りつつ・・・・。





七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
科学ランキング
スポンサーサイト



[ 2019/10/08 18:09 ]Posted by七曜高耶 | 夢解き | TB(0) | CM(6)[記事編集]

山形県~栃木県中禅寺湖へ行く夢


こんにちは、七曜高耶です。

3日前位に視た夢なのですが、何かよく判らない夢なのです。
ですがどうしても気になっているので夢日記として残しておこうと思います。


まず最初に私が居た場所は「山形県」。

「山形県」・・・・の場所は以下。
地理に詳しくないので調べてみました。

山形

周囲は夜で雪だらけ。

その中を車に乗せてもらい、栃木県迄向かいます。


「そこには行かない方が良い」


と言われているにも拘わらず、私は


「栃木県の中善寺湖へ探しに行かないと。彼女が待っている」


そう言いながら到着した中禅寺湖に向かおうと車を降りるも
同乗者に引き留められる夢を視ました。

そして思うのが未だ行方不明になっている彼女のこと。



あまりにも長すぎて思い込みで視てしまったのかな・・・・・・。

でも何故山形県だったのだろう?







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
宇宙科学ランキング
[ 2019/01/18 14:41 ]Posted by七曜高耶 | 夢解き | TB(0) | CM(0)[記事編集]

現実に起きた、イーロン・マスク氏、タイ洞窟の13人救出にトンネル掘削会社とSpaceXのエンジニア派遣

おはようございます、七曜高耶です。

本日も西日本豪雨のニュースと共にタイサッカーチームの子供達の
救出成功のニュースが朝から放送されています。


ここで、7月8日付けのニュース記事を転載しながら、
2018年3月28日に視た夢。「溢れる水」の夢記事の内容を書いていきたいと思います。

以下URLがその夢記事になります。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3261.html

で書いた内容が以下。


2018年3月28日に視た夢。

2018年3月28日に視た夢は、「水に沈む屋内」 「テスラ社 イーロン・リーブ・マスク」



沈み行く場所が家なのか何なのか判断出来ないが、ともかく屋内は川底の様に
溢れている・・・・・。

ここは日本では無く海外。

夢で視た感覚では「天災」による水害。


この系統の天災に役立つのが何故かテスラ社の開発しているもの

それが何処までの未来での話なのか判らないが・・・・・・。



七曜の読み間違えは「屋内」だと思ったところ。
実際は屋内にみえて「洞窟」だった模様・・・。

海外・・・しかもタイには行った事さえない故、全く状況が判らない。
判断するのは夢だけ。

国内なのか海外なのかの判断しか出来ない。
申し訳ない。

しかし、以下のニュース記事を読んで頂けると判る様に、やはりイーロン・マスク
さんが救助用の潜水艇を作ってくれた様で、
七曜、物凄く感激しました。


そして今回特に思った事は、七曜が夢の場所や意図を汲みきれなくても
夢は嘘を付かない。(海外経験の豊富な方で、七曜の夢を覗き見て場所を特定出来る
方が居ればよいのにとか思ってしまいます)

これは私にとって非常に重要な事です。

時間軸が変わって実際に起きない事・・・と言いますか遅れる事も有りますが、
私が十分に理解すれば警告の意味を成すかもしれない・・・と言うこと。



イーロン・マスク氏、タイ洞窟の13人救出にトンネル掘削会社とSpaceXのエンジニア派遣


7/8(日) 6:35配信

ITmedia NEWS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000016-zdn_n-sci


マスク1



イーロン・マスク氏、タイ洞窟の13人救出にトンネル掘削会社とSpaceXのエンジニア派遣


イーロン・マスク氏


 米起業家のイーロン・マスク氏は7月6日(現地時間)、タイ北部の洞窟から出られなくなっている13人の救出のため、自身のトンネル掘削企業The Boring Companyと宇宙企業SpaceXのエンジニアを派遣するとツイートした。

Falcon 9の液体酸素移送管(SpaceXのサイトより)

 これは、スワジランド在住のエンジニアが3日、Twitterでマスク氏に対し、洞窟の12人の少年とコーチを助けるために何らの形でタイ政府に協力してもらえないだろうかとツイートしたのがきっかけ。マスク氏は、Boring Companyにはトンネル掘削の専門家がいるので役に立てるかもしれないと答えた。

 そのスレッドに、バンコクの宇宙開発企業の創業者ジェームズ・イェンバムルーン氏が加わり、タイ政府とSpaceXを仲介して現場の状況を説明したとツイート。マスク氏にも状況を説明した。

 タイ在住の通訳や洞窟の専門家もマスク氏に情報を提供し、それに基づいてマスク氏はスレッド上で救出プランを立てていった。マスク氏は、実際に現場に行ってみないとこれらのプランがうまくいくかどうかは分からないとしながらも、専門家らに具体的な質問を続けた。

 本稿執筆現在、SpaceXのロケットFalcon 9で使用している液体酸素移送管で作った子どもサイズの潜水艦を使うという案が最新のツイートだ。



これが先に判っていれば、先手を打つことが出来るかもしれない可能性が有り難い。
が、誰もそれを知らなければ意味がないのですがね・・・・。

とにかく、古い記事になってしまったが、百瀬直也様が記事を書いて下さったお蔭で思い出し書く事が出来た
ので感謝したい気持ちでいっぱいです。


本当に有難う御座います。
読者の皆様にも心から感謝致します。

そして救出が成功した陰に亡くなった1名のダイバーの方のお力も
あったことを忘れないでおきたいです。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
自然災害ランキング

[ 2018/07/11 06:29 ]Posted by七曜高耶 | 夢解き | TB(0) | CM(3)[記事編集]

知人から依頼された夢解析。 夢主の夢の意味とは


今回この夢を提供して下さったのは、知人の友人になります。
夢解析を提供して頂き有難う御座います。



では、自分が運転する車の中、愛人と浮気をしていた夢を視た方の夢解析です。


運転していたのは夢の主で、
同乗していた浮気相手は女性議員でした。


この夢に登場した女性議員は最近不倫で報道された方の様でしたが、
今回のこの夢では浮気相手の方がどの女性議員でも関係は無いので省きます。


しかし、この女性議員と肉体関係をもった場合はまた内容が変わりますが・・・・。



とりあえず、夢解析と言いましても本当にキーワードが少なく、
そして新鮮な夢では有りませんので今の現状とは変わっていると思いますが、解析を開始
していきたいと思います。



《 夢の内容 》


夢の中、夢主は第三者であり、当事者の弁護士として登場しています。

自分の車を運転していた夢主は、女性国会議員(愛人)と浮気をしていました。

その女性議員はこう言います。


「私達が噂になったらうやむやになって判らなくなるから良いんじゃない?」


何がどううやむやになって良いのか判断出来ません。


ですからここから夢解析によって導き出します。


『夢解析 : キーワード』


運転・車共に自分の責任で人生を生きることを指します。

愛人・浮気共に、夢主の様に男性の場合でも女性の場合でも同じで、
心の異性的側面を顕しますが、
愛人の場合自分のマイナス面を磨こうとしていない事を指しています。

愛人と言いますと、相手のマイナス面を避けて利点だけを求めているのが愛人と言う
立場です。
お互いに自分の都合の良い様に利用していることなのです。



そして、浮気。

これは統合の焦点をずらしている時にみます。
自分を真っ正直に見たり受け取る自己探求は時に辛く厳しいものですが、
人生を複雑で生き難くしない為にも自分に正直になる事を示しています。


最後に一番重要なのは弁護士です。


「弁護士」が当人であろうとなかろうと重要なキーワードになります。



弁護士が何故重要なのか?

それは「弁護士」と言う仕事がどういったものなのかを理解する必要が有ります。

「弁護士」は弁護を依頼する人間がどの様な人間であっても弁護をすることが「弁護士」の
役目です。

悪人だろうが、善人だろうが・・・・です。


利益追求の為、人と関係を結んでいるのか?
理論を展開して相手をねじ伏せたいのか?
反省の余地は有るのか?


この「弁護士」の夢を視る時は、何かしら逸脱が起きている時に視やすい登場人物です。



さて、これだけでも判る様に、この夢主は何かしらの対人関係において
注意を促されているのがみてとれます。

夢主は非常に御人好しなのかもしれません。

人に合わせることを良しとしている様です。
出来るだけ争い事を避ける様な生き方をしている様ですが、
この夢での忠言は「自分に正直であること」を伝えています。


人と争わない方が良いに決まっています。
穏やかな人生は本当に良いものです。

ですが、嫌な時は嫌。
好きな時は好き。

やりたくない仕事(奉仕だとしても)はやりたくないと言ったとしても
何も悪い事では無いんですね。


以上、夢解析を終わりにしますが、
非常に少ない夢の内容でしたからこれ以上の事は判りませんでしたが、

とにかく自分に正直になる事・・・が今回この夢主の課題だったようですね。










七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
科学ランキング

 
[ 2018/03/29 16:46 ]Posted by七曜高耶 | 夢解き | TB(0) | CM(0)[記事編集]

七曜高耶による分析心理学(夢解析)のご案内

お久し振りです。

七曜高耶です。

皆さまお元気されていましたでしょうか?
七曜は娘と息子の入学の準備にてんやわんやしておりました。

地区の旗当番まで有るものですから、朝からお家の事子供の事本当に忙しく
しております。
今日はこれから子供の最後の参観日にいく予定です。
と、その前に少し時間が空きましたのでブログを~~~と。


進学されるお子様の親御様方、本当にお疲れ様です。

さて、本日の記事は、七曜高耶による分析心理学(夢解析)について書いていこうと思います。

七曜の本業(?)・・・・と言いますか好きな事はやはり夢解析です。
少し前に大反響のあったアドラー心理学とは違うユング心理学の方が七曜は好きです。
アドラーは今現在起きている事に対してどう対処していくか。
そしてユングは己の内側こそ答えが存在する。と考える精神科医。


どちらが正しいと言うものでは全く有りませんが、
七曜は自らの内側から出されるメッセージを読んでいきたいと考えています。
今回、ご依頼頂いた方のメッセージを読み明かしていきました。
どうぞご覧ください。


<依頼者Tさんの夢>



既に他界している亡き父親のお葬式が夢に顕れ、その柩と祭壇がキラキラと輝いていた。

そこには柩が有り、遺体が横たわっている。

何故かそこに、亡くなった筈の兄が存在し、泣きながらビーズの様に色とりどりに
輝く灰を素手で拾って入れ物にいれていた。

Tさん(依頼者)も同じく素手で拾っていると、中からピンクとブルーと緑を併せた様な骨を見つけ、
それを形見にとっておこうと左手に握りしめた。





以上が今回の依頼者であるTさんの夢でした。

ぱっと読んだ感じでは非常に難解な夢で有る様に思えますが、
この中には多くの「キーワード」が存在しています。

ただ、これを読み解くには直感と神からのメッセージも必要になりますので、
特殊な方法になるかもしれません。


では、多くの方々に「分析心理学」とはどの様なものなのかを知って頂こうかと思います。

ご本人様からの了承を得ていますので、
まずはこの夢のメッセージをお伝えしようと思います。





<Tさんに対しての夢からのメッセージ>



ここで登場した「父親」は幼少期のトラウマが直結している可能性があります。

そしてその時に登場した「兄」が「泣く」場面は、今まで自分自身に押し込んでいた感情の開放と
問題解決への感謝の涙と真理を受け入れる事で知る恩寵への驚愕の涙を示している様です。

「兄」である登場人物は心の統合に向けての実践者であり、練習問題の実例とも言えるでしょう。


夢で「兄」が「泣く」事は、今貴方自身のインナーチャイルドを癒す為の絶好のチャンスがきている
事を教えています。



ではどうしていくのが良いか?
それはTさんが拾った「ピンクとブルーと緑を併せた様な骨」の存在です。

自分自身の、幼少期のトラウマを残こしている、小さな自分を優しく包みソフトに抱いてあげて下さい。

そして「左手」が示すように、周りの「愛」を受け取って下さいね。



今まで自分の心に尋ねる事をしてこなかった貴方は、
自分の望みも自分で引き出せなかったかもしれません。

しかし、現体験・・・・・あるいは一つの体験を終える事で、そこから「前進」すると
言う事がテーマになっている様です。


柩と祭壇の輝き(光)とは、


真理を照らす内在の光で有り、大いなる自己なのです・・・・・・。




長くなりましたが、以上がTさんへの夢からのメッセージだったんですね。

もう少し解り易いメッセージの方が良いと思うでしょうが、
こう言ったメッセージは本人の知識や記憶をフルに使って送ってくるものですから、
ある意味理解しやすく変換されたメッセージとも言えますが、

それでもいかんせん難解な場合は、七曜の様に夢を解析してくれる人間を探すしか
有りません。

だからと言って完璧に解析出来るか?と考えますと、
やはりクライアント様が何処まで本気にメッセージを受け取りたいか?
そして何処まで実践出来るか?が夢解析をした後重要になってきます。



では最後になりますが、クライアントのTさんからのメッセージを頂きましたので、
こちらに載せていこうと思います。

ご本人様は『文章が苦手で短い文章で申し訳ないのですが
感想メールをお送り致します。』と下さいました。

わざわざ有難う御座います!!感謝です。


それではSメールを転載致します。




夢解析を有難う御座いました。

現実に起こっていることと重なってて、夢の中で心の変化や未来に拘わる
事の先取りをしている感じがします。








七曜高耶は
分析心理学(夢解析)はC.G ユング心理学を基に行っています。



夢解析で一番重要な所は5W1Hです。
これが沢山抜けてしまいますと、解析が難しくなります。
出来るだけ詳しく「「いつ(When)、どこで(Where)、 だれが(Who)、
なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」をお願い致しております。

何度か夢解析をご依頼下さった方はご存知だと思いますが、

夢の中でのSTRANGE(奇妙な箇所、おかしいな)と思う場面をお探しの上お教え下さい
ますと助かります。
(※出来るだけ新しい夢をお願い致します。既に終わってしまったメッセージは意味が
有りませんので)
宜しければ是非夢解析をご活用なさって下さい。


夢解析:料金 3千円

1日の定員:3名様迄 それ以上の場合は次の日になります。

メールでのお申込みはコチラ➡ apocalypse3332007@yahoo.co.jp

(※お申し込みの方は住所・氏名等をお書き込みの上、送信の程宜しくお願い致します。
料金振り込みについては夢解析が完了した時になりますので、
メール下部をご確認の上お振込み下さいね。)

持ち込みによる夢解析はコチラの住所迄➡ 
開催場所:岡山県倉敷市阿知1丁目14番5号
第2シード館 4階


(※但し持ち込みの場合は1時間程度のお時間を頂く事に
なります。依頼者様の大切な夢を解析致しますので、
申し訳ないのですが、出来上がる迄は近くの百貨店か駅裏のモールで
お待ち頂けると非常に助かります。
出来上がり次第お電話致します。)









七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
オカルトランキング

[ 2018/02/28 12:55 ]Posted by七曜高耶 | 夢解き | TB(0) | CM(0)[記事編集]