まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


記事の内容

前へ | 次へ

イラク戦争の本当の理由は、サダム・フセインが「スターゲート」を管理していたから?
2019/08/12 13:28


「イラク戦争の本当の理由は? サダムフセインが「エイリアンワールドへのスターゲートポータル」を
手に入れていたから?」


というSFなお話しが有りましたので、転載しています。

「スターゲート」と言うと「惑星間移動装置」。
人間を分子レベルに変換し、再構築することで可能となる装置ですが、
この説が通るなら、サダム・フセインはこれといってアメリカがいう「悪」ではなかったかもしれないという
事になり兼ねないような気もします。

と、言うことは?

ISに関しても本当の所は分からない事になりますよね。
メディアに操作された洗脳のような情報しかないですし・・・・・。

WTCの件もそうですし、真実が知りたいですね。

それにしても、かなり変わった情報サイトでした。


画像

https://exonews.org/the-real-reason-for-the-iraq-war-saddam-hussein-had-stargate-portal-to-alien-world/


The Real Reason For the Iraq War? Saddam Hussein ‘Had Stargate Portal to Alien World’

?ジョージW.ブッシュ大統領が2003年にイラクに侵攻した主な理由の1つは、サダムフセインの「大量破壊兵器」と言われていることです。しかし、それらの武器は実際には見つかりませんでした。それでは、なぜブッシュと彼の英国のカウンターパートであるトニー・ブレアは、そのような信頼できない口実で彼らの政治的キャリアと遺産を危険にさらすでしょうか?

?Dr. Michael E. Salla(ExoPolitics.org)は、ブッシュとブレアがイラク侵略の口実として使用した「危険な関係書類」は、彼らの真の動機のカバーであると信じています。かつて悪名高いシュメールの魔術師ギミルイシュビの隠れ家だった円頭のダークジグラット。サラは、スターゲートをある場所から別の場所へテレポートするための瞬間的な時空の移動手段を可能にする人工物として説明します。

?2003年の「イラクに対する先制戦争の外交的展望」と題された論文で、サラー博士は、古代シュメールにまで遡るイラクへの長期的な地球外の関与の証拠があると主張しています。 (ここでサラ博士の研究研究#2を参照してください)

?サラ博士は、歴史家ゼカリアシッチンを引用して、「ネフィリム」として知られる約200人のエイリアンのグループを特定しました。エイリアンは、イラク/イランの地域で上司に反抗しました。サラはまた、地球上で初期の文明と対話し、おそらく初期の文明を作成した「エロヒム」も指しています。これらの存在は、総称して「アヌンナキ」と呼ばれ、太陽系で最も神秘的な惑星ニビルから来ています。ニビルは、太陽の周りに楕円軌道を持っているため、木星の軌道内を3、600年に1回しか移動しません。外の太陽系の暗闇で過ごす残りの時間。

?アメリカ当局者は、サダム・フセインがスターゲートと共にニビルに旅行し、高度な地球外兵器とアヌンナキ同盟の可能性を手に入れることができたことに懸念を抱いていました。彼らは、惑星間戦争を避けるためにイラクに侵入するための偽の証拠を作り上げました。サラー博士は、「ブッシュ政権がフセインがこの情報を明らかにするのを阻止し、アヌンナキ・スターゲイト自身をコントロールするためにイラクに入った理由の大部分だったと思う」と述べた。









七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング

カテゴリ:惑星情報

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ