FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント














前触れは起きている

おはようございます、七曜高耶です。

今回、twitterで中津川昴さんが呟いていましたので、私もそれに関して本日は記事を書かせて
頂こうと思いました。

私がこの未来を視たのは2006年。
もう14年前のことです。

はじめてブログ記事を書きだした時でして、まだまだ伝え方が未熟な時でした。
どの様に書いていけば良いのか右も左も分からない時に書いたものですから
キチンとメッセージとして伝わったのかどうかは判りません。

ただ、その時にも書きましたが、【氷河期】
単なる過去の事象ではないと言う事です。

一時期時間軸(世界線?)が変化し、4万1800年後迄こないと言う未来に変更されたのですが、
それがまた元に戻り、残りの時間が残り少なくなりました。

その内、パクりのスピリチュアリストがこの事を書き始めるかもしれませんが、
一般では本当の所の真相は私しか知らないと思っています。

その後どうなるのか?何が起きるのか?

NASAは知っているかもしれません。
既に一部の方はNASAとの縁が有り、知っている方もいらっしゃったので・・・・・。

その事も考えますと、世界が行ったコロナの自粛も有る意味それに向けての
練習だったのかもしれません。

私は防災の記事を書きながら時々思う事が有りました。

今を生きるなら防災は役には立つが、地球規模の災害では役に立つことは無いと。


時々twitterの方でも分かり難く呟きますが、どうかそれを見逃さないで欲しいと思っております。


これからもどうぞ宜しくお願い致します。

以下は2019年の記事になります。


https://www.thestreet.com/mishtalk/economics/amidst-global-warming-hysteria-nasa-expects-global-cooling

Amidst Global Warming Hysteria, NASA Expects Global Cooling

Jan 29, 2019

Those promoting CO2 as the reason for global warming are hucksters and those taken in by hucksters.


Please consider NASA Sees Climate Cooling Trend Thanks to Low Sun Activity.

“We see a cooling trend,” said Martin Mlynczak of NASA’s Langley Research Center. “High above Earth’s surface, near the edge of space, our atmosphere is losing heat energy. If current trends continue, it could soon set a Space Age record for cold.”


The new data is coming from NASA’s Sounding of the Atmosphere using Broadband Emission Radiometry or SABER instrument, which is onboard the space agency’s Thermosphere Ionosphere Mesosphere Energetics and Dynamics (TIMED) satellite. SABER monitors infrared radiation from carbon dioxide (CO2) and nitric oxide (NO), two substances that play a vital role in the energy output of our thermosphere, the very top level of our atmosphere.

“The thermosphere always cools off during Solar Minimum. It’s one of the most important ways the solar cycle affects our planet,” said Mlynczak, who is the associate principal investigator for SABER.

The new NASA findings are in line with studies released by UC-San Diego and Northumbria University in Great Britain last year, both of which predict a Grand Solar Minimum in coming decades due to low sunspot activity. Both studies predicted sun activity similar to the Maunder Minimum of the mid-17th to early 18th centuries, which coincided to a time known as the Little Ice Age, during which temperatures were much lower than those of today.

【全文は上記URLからご覧下さい】








七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
[ 2020/05/17 08:36 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

軍事に関しての知識を教えて下さい。

こんにちは、七曜高耶です。

前回、ATLASラジオでお読み頂いたのですが、私自身かなり古臭い情報しかもっておらず、
yoshi様のコメントを読んだ後、ネットで検索したのですが、
潜水艦での陸上攻撃と言うのが最近有ると言うのを知り驚きました。

軍事関係の事に関しては本当に疎く、興味の無い事ですので知らなかったのですが、
やはり潜水艦での陸上攻撃は可能の様です。

皆様には混乱させてしまい誠に申し訳有りません。

知らなかったとは言え、何度も訂正致しましたことをお詫び申し上げます。

山口様にもメールをお送りいたしたいのですが、あまりにもいい加減な私ですので、
気が引けていますので、このブログ記事のみで皆様にお伝えします。

最近は・・・・と言いますか、本当に武器も進化してきているのですね。

この件に関しましてはもう少し調べていきたいと思います。
本当に、ソレが何だったのかを夢で視ている場合はコレですと、お伝え出来るのですが
何から発射されたかが全く判らない場合、自分で考えるしかないので、本当に困ります。

皆様のお力をお借りしてパズルを組み立てていくしか有りませんので、どうぞお力をお貸しください。

宜しくお願い致します。

これからの未来、その様な事が起こらない事を心から願っています。
有難う御座います。



尖閣接続水域に進入した「商」級中国原潜、米空母を排除する重要な一角担う (1/2ページ)2018.1.15 23:13


 日本政府が「商」級と特定した中国海軍の原子力潜水艦は、敵の水上艦や潜水艦、陸上目標を魚雷やミサイルで破壊する攻撃型潜水艦とされる。米軍の空母を東シナ海などから排除する「接近阻止・領域拒否」戦略の重要な一角を担うとみられる。

 香港メディアの報道によると、今回、確認された潜水艦は、通常の「商」級より高性能な改良型の可能性がある。

 水中で敵に見つかりにくいよう静粛性を高めたうえ、新型の対艦巡航ミサイルを十数発、搭載できるようにしたことなどが特徴で、ある点では米国の潜水艦にも比肩するとの見方があるという。ミサイルの射程は540キロに達し、120キロの従来型より大きく向上ともされている。

 原潜は通常型よりも長く潜航でき、大型化が可能なため、搭載兵器も拡充できるメリットがある。中国は約10隻を保有し、そのうち「晋」級は核ミサイルを搭載して深海にひそみ、敵の先制核攻撃に備えて反撃能力を担保しておく戦略原潜と位置付けられる。

 一方、日本政府は、海上自衛隊の警告にもかかわらず、潜没したまま尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に進入していた中国海軍の原子力潜水艦を追尾していたことを公表した。対潜水艦作戦は「秘中の秘」とされる中、中国側が尖閣をめぐり挑発をエスカレートさせようとしていることを国際社会に知らしめるため、あえて対応の一端を公表したのだ。


とりあえずですが、この件に関しては仮定のお話しか出来ませんので、両方の可能性を考えていた方が
無難かもしれないと思っております。






七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
科学ランキング
[ 2020/05/15 11:21 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(11)[記事編集]

2020年5月11日08時58分頃、茨城県沖で震度3の地震が発生

こんにちは、七曜高耶です。

本日、5月11日08時58分頃、茨城県沖で震度3の地震が発生致しました。

2020年5月1日に視た震度5~4

https://orangeapple01.blog.fc2.com/blog-entry-3773.html

の震度4まではきましたが、今回の地震は震度3程度でしたので、
今後も茨城県付近は震度5に注意・警戒で宜しくお願い致します。

もしかするとですがATLASラジオで山口様が少しだけ言葉を出して引っ込めましたので、
今回、アベンジャーズの方々が協力して下さったのかもしれません。

緊急地震速報が出た割に震度が小さかったですので・・・・。


それでもやはり判りませんので、警戒はしておいて下さい。
宜しくお願い致します。


地震72

各地の震度に関する情報
令和 2年 5月11日09時03分 気象庁発表

11日08時58分ころ、地震がありました。
震源地は、茨城県沖(北緯36.4度、東経141.1度)で、震源の深さは約50km、
地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定されます。
この地震による津波の心配はありません。
この地震について、緊急地震速報を発表しています。

この地震により観測された最大震度は3です。





七曜 高耶


クリック頂き有難うございます。

 
地震ランキング
[ 2020/05/11 11:09 ]Posted by七曜高耶 | 気象庁 災害報告 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

2020年5月9日に視た夢。 「長野県」「内陸型地震」「M6.6」、「関東」及び「東北」

2020年5月9日に視た夢。

2020年5月9日に視た夢は、「長野県」「内陸型地震(?)」「M6.6」、「関東」及び「東北」



夢で視た地図は上記のものになる。

ピンクの線、赤い丸で描いているのが今回視たものだ。

「関東」「東北」も影響を受ける「内陸型地震(?)」だが、然程大きなものとは言えない。

震源は「長野県」。

丁度今、揺れが続いている長野県中部辺り(糸魚川ー静岡構造線断層帯付近?)になるのか・・・・・?
揺れは2回。1回目有り、2回目が本震。

時間帯:昼

年月日:不明


実際の「中央構造線」は赤色の線になるのだが、夢では少しズレが有り、
それが「フォッサマグナ」に影響を与えている様に思えた。









七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
宇宙科学ランキング
[ 2020/05/09 07:24 ]Posted by七曜高耶 | 2020年予知夢 中部 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

「米中コロナ冷戦」…武力衝突に発展も? =英国経済紙


本日の記事は昨日出された『米中コロナ冷戦」…武力衝突に発展も?』に絡めて書いていこうと思います。

勿論、私が視た「未来」が必ずしも現実化するとは限りませんが、
その可能性も有る事には有ります。

但し、私がもし中国ならば「今」動く方がより効果的に相手国を潰すことが出来ると考えています。
今、コロナで混乱し軍事力も低下している国ですから狙う方が最適でしょう。

それを全くしないのならば、「武力衝突」は起こり得ないのではないかと思います。

ただ、それらの事も想定し(巻き込まれる可能性も有りますので)、
巨大地震も想定しながら日本は日々生活していくのが一番良いのではないでしょうか?


「米中コロナ冷戦」…武力衝突に発展も? =英国経済紙
5/5(火) 12:59配信

WoW!Korea


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00257843-wow-kr




「米中コロナ冷戦」…武力衝突に発展も? =英国経済紙


米国と中国間でエスカレートしている緊張が、武力衝突に発展する可能性があると報道された(提供:news1)


新型コロナウイルス感染症の“武漢研究所 発源説”について、米国と中国間でエスカレートしている緊張が、武力衝突に発展する可能性があると報道された。

4日(現地時間)英国の経済紙であるファイナンシャルタイムズ(FT)の首席外交コラムニストは、独立的な国際調査のない状況で米中間の責任に対する攻防が激化すれば「最悪の場合、米中両国のすべての怒りは単純な冷戦を越えて本当の武力衝突につながる可能性がある」と警告した。

また「米国と中国は、その危険な道から抜け出す必要がある」とし「その最初の段階は新型コロナの起源についての独立的な国際調査に同意することである」と説明した。

つづけて「中国外務省は証拠なく新型コロナが米国に由来したものである可能性があると主張し、国際調査に対してボイコットや脅迫などの不合理的な攻撃で対応している」とし「このような努力は逆効果となりむしろ反中感情を造成している」と指摘した。

このコラムニストは「中国と米国を含めた全世界の権威ある科学者たちが調査するなら、陰謀論を緩和するのに助けとなる」とし「また次に流行する感染症を避けるための貴重な教訓を得ることができる」と主張した。
.



Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


※ 追記で動画を載せています。








七曜 高耶



クリック頂き有難うございます。

 
オカルトランキング

[ 2020/05/06 09:44 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(13)[記事編集]